3週連続参戦の締めはホングウEPラウンド最終戦。
前回同様、F104ゴムワン、ストチャレ、Miniの3本立て。
輪休も明けレースにも活気が戻り、開門時間前なのにほぼ満席。
231002g

充電器が壊れ6Amaxの充電器一つでは、練習からレースまで電池を回すのが大変
3クラスを2本で回していたが、さすがに決勝は連発走行もあり無理ポだった。
231002f


MiniはM05@スイフトに戻した。扱い易さを重視しBデフ仕様。
立ち上がりが遅いが扱い易さは抜群だ。
231002b
が、予選R1で余りにも遅いLapタイムだったのでデフロック仕様へ。
レースでは思惑通りにいかない。それがMini(´∀`*)イツモ

タイヤもこの時期ギリの高温対応Bタイヤへ変更。
ウォーマー掛けは必須だったがLapは0.5秒上がり、
チキを求め全クラス自分にぶつけてきたタ兄氏を5回ほど転んでも抜いたった。
231002i
ただ総合成績は3クラス全て上回られたんだが(´▽`)ワスレタ

ブラシレス解禁の今回、川じい&彦さまに圧倒的大差をつけられた。
動きは抜群に良いのを差し引いてもGTチューンより立ち上がりは有利だと思う。
テストした結果は同じとOya君は言うが凡人のお手々と違う。

タ兄氏と川じいも同じ感覚だったので答えは出ている。
ただ、来期はブラシレス化するので気にするまでもないか。
231002z

決勝は上位2台に軽く周回差つけられての4位だったが、タ兄氏との泥試合は制した。
ミニは予選から笑いが絶えず遊べ楽しかった。こうゆうクラスは一つは欲しい(・∀・)タノシス


インプレッサで遊んだストチャレ。腰高でロールが相当大きい。
ロースピードでラジアルタイヤなら◎だが、後グリップ確保できずフラフラだった予選(;´Д`)
231002c
231002d
231002e

決勝5番手スタートもRX7に変更しただけで安定感
競り合いに安心感があり、結果2位と当り前のようにタ兄氏をまたも制した。
231002h
231002j


で、最後はF104ゴムワン。Setは大きな変更なし。
タイヤは前ノーマル、後OP。ダンパー500番で赤バネ。
231002a
15秒台入りしたり、ペースが良い時もあるが序盤はフラフラしミスも多かった。

変更されたレイアウトは、横転ポイントが結構ある。
そんな中にRのキツイコーナーが一か所。ここでホイルスピンすることが多い。
231002n
タイヤの熱ダレを気にすることがなくなった反面、グリップが上がらず苦労した。
コーナー進入時にリアが滑りゼブラに乗ってしまう(´Д⊂)

悪循環が続いた結果・・・

231002m
モーターロック(; ̄Д ̄)ヒサビサヤナァ・・


しかも・・・


シャフトが曲がってお亡くなりに(゚∇゚ ;)ホントニカ?
スペアが無いので決勝欠の危機だったが、I瀬さんから提供を受けられた


決勝3位でスタートし、アンダーを出したタ兄氏を早々にパス。
「快適な決勝を向かえたな♪」と気が緩むと同時にゼブラに乗り、吹っ飛び、スタック(´д`;)オワッテマッタ・・・
231002k
終盤3位まで追い上げるも、結局4位。
何かどんな展開でも4位ばっかりな気がしてきたなぁ

あっという間に終わったレースだった。
4駆、前駆動、F1と幅広いジャンルでの参戦は、どのクラスも色んな楽しみ方が出来た。

来季はどんなクラスになるか分からないが、思い切り楽しみたいと思う。