待ち焦がれた芝遊びがやっと出来た。
B-MAXコンビとTRF201。
DSCF39041

TRF201はバギちゃれ仕様。
10.5T@Lifeと、ちゃれレギュとしてはハイパワーだが、芝ではパワー不足。
大ジャンプが越えられず、2個目の天辺に突き刺さる(´Д⊂)
今回は握り倒しをテーマにしていたので201は3本で終了。
DSCF39231
DSCF39141

で、B-MAX2。7.5T@Lipo仕様。
余りにも違うパワーソースだが何の問題も無いほどハイグリップ。
DSCF39051

前後タミヤKタイヤ仕様でスタート。
スリッパー効き過ぎかと思うくらいウイリーする。
緩め過ぎも滑るだけなので、リアウイングのリップを大胆に切った。
DSCF39061

グリップはするものの、温まると前が引っかかる。
ピンなどのパターンと言うよりも、エッヂで引っかかる感じだ。
前のキャンバーを−2度から0.5度のポジキャンに変更。
DSCF39071

続いて後のキャンバーも同様としたが、こちらは今イチ。
しかし凄い芝カスだ。
DSCF39131

ジャンプでは転ばないが、ハイサイトでやたら転ぶ。
助け合いの精神をモリ氏と1日貫いた。
DSCF39181

ジャンプは跳んだ直後にブレーキを掛けないと姿勢が前下がりにならない。
当初バックフリップかまして・・・ (´Д⊂)ミタコトナイヨ
DSCF39211


B-MAX4
7.5T@LIPO仕様。ブースト少々。
DSCF39121

こちらも最初は前後Kタイヤ。やたらとハイサイトする。
同じように前キャンバーを0度に。

そしてサイバーさんのタイヤを後につけてみると動きが確変。
転ぶ気配無く、少しアンダーなくらい。前に出る感じも良い。
自身もビックリするくらい快走した。軽いトランス状態だ(・∀・)

モリ氏のボウタイ様もグリップが良かったらしいので、パターンも影響あるのかと。
何にしろスタートしたばかりの芝遊びだ。テストすることはイッパイある。
DSCF39261


で、絶好調ではあるものの・・・
DSCF39271

後パーツばかり壊れまつ・・・


ジャンプが連続しないのでコースとしては簡単なレイアウトだ。
ベテランだけを対象にしていない狙いが良く分かる。

楽しみ方は泥遊びと全く異なるが、この選択肢もありだなと感じる。
と、言う訳で明日も息子と遊びに行くことにした( ´∀`)オイ