本気の夏休みのメイン到来。初上陸は南紀白浜@アドベンチャーランド。
今まで北海道から関東圏の動物系レジャー施設を経験してきたが、
「リスクは自分で負え。」みたいなところがある代わり一番楽しかった。
DSCF3295
DSCF3321
DSCF3334


目が痛い白さの白良浜@2日目
台風の影響で高潮ちっくな状況が、終わらない最強の波プールとなって楽しめた。
初和歌山だったが、夏向けの観光地だね。とても良かったス。
DSCF3372


からの鈴鹿@3日目( ´∀`)オイ
夏向け営業は21時までと大延長。本気の夏休みだから朝一から最後まで滞在。
帰宅は日付が変わる前だった。日焼けと疲れで気絶しそうだったが、最高に楽しめた。
DSCF3395
DSCF3418



で、翌日はサニイ@4日目(´∀`)タフデツネ
ついて来られる。いや、ついて来てくれるチビ達も大したものだ。
DSCF3456


2時間だったので、自分@TRF211XM。息子@B-MAX4と次期予定マシンDB01。
DSCF3440


B-MAX4
ほぼスペアが無い中、前回、謎の駆動系トラブル。
リア左の駆動が回しているとロックする部分があった。

で、1512と言うマニアックなサイズのベアリングのサポートを受けた。
ダメ元で交換したところ、見事復活(・∀・)
DSCF3292


タイヤもバッテラも後が無い状況だが、良いマシンなので引き延ばして使いたい。
DSCF3441


TRF211XM
前回からの変更は、メーカー不明のウイング新調したくらい。
ちなみにウイングもサポートでつ(・∀・)アリガトネ♪
DSCF3442
DSCF3443


前はリブ。桃ホイルが軟らかいのでアンダー方向になる。
このホイルの時はリアも軟らかくしないとバランスが悪くなり走らせにくい。
だから、タミヤの組合せでは硬めの白と黄ホイルにはしない。
DSCF3446


後はホールショット。インナーはプロラインの2ステージ。
桃ホイルはインナーがヘタりやすく、ヨコモ39M新品入れても残念な感じになる。
Tabataの2ステージと感触は変わらないし、使い込んでもヘタらない点も変わらない。
どっちでも良いから2ステージだな。

どこのウイングか知らないが、リアグリップはしっかりしてくれた。
DSCF3444


ラヂとは全く無関係の行動に徹する娘。ある意味筋は通ってまつ( ´∀`)ネ
DSCF3451


オッサン達で盛況な夏。と、平均年齢をダダ下げる息子。
DSCF3452


そしてピンがナメる桃ホイル。今まで良く経験してきたので驚かない。

このトラブル時は前に出なくなので、
ギアデフを疑い、
スリッパーを締めつけてから、
ココにたどり着く。

すぐに気づきそうなものの、意外と気づかない不思議なトラブルでつ(; ̄Д ̄)ホントカヨ・・・
DSCF3453


211は、ジャンプ時、姿勢を乱すことが多い。
前後だけでなく左右にも乱れ、その幅が大きい。ただ軽さゆえ、姿勢を戻しやすい。
ハラハラしながらも走り切ってくれるので、非常に楽しいマシンだ。
DSCF3458
DSCF3459


復活したB-MAX4もトラブル無く、良く走りきってくれた。
DSCF3462
DSCF3463


DB01
B-MAX4のスペアが無いので、次期マシンとして控えるはDB01。
10.5T@リフェのパワーソースはタミグラ仕様。

タイヤの組合せが悪く走らせにくい状態で渡したら、走らせにくそうな走りだった(´∀`)ヤッパリ?
ただ、この手のパワーまで試してみても・・・と言うところまできたことを評価したい。
DSCF3465



さて、DB01R3。どうしよう( ゚∀゚)アハハ