関東ラヂシリーズ第3弾はヒルトップ@川崎市
街なかから、とんでもない道を潜り抜けていくと見つかる秘境だ。

店らしきところで、定額大人2千、小人1千払って遊びまつ。
雰囲気も遊んでいる人もサニイ風味。とても懐かしス。
DSCF5376
DSCF5370


自宅で生活していないので、ラヂは車に積んだまま。
そう、谷田部アリーナの後始末からスタート(; ̄Д ̄)フウ
我が211XMから始まり201に続き、TT-02Bは@パーツが無く出走不能。
何かと共有部品のあるTRF201@10.5T息子、TRF211XM@10.5T自分。共にリポ仕様。
DSCF5366
DSCF5368
DSCF5372
DSCF5374
DSCF5375


タイヤは2台とも前プロラインのリブ、後ホールショットM3。他に持っていない( ´∀`)オイ
201@10.5Tリポ仕様はタミヤアンプにつき、立ち上がりが不自然で扱いにくい。
難しい状況だが息子には頑張ってもらった。
DSCF5367
DSCF5369


凹凸の少ないコースで、巻きやすかったり、曲げたりしたいところは、
芝やカーペットがありリズム良く走らせられる。
横に広いサーキットなので、ストレートを全開で走らせられるので爽快感は十分。
DSCF5380


全開で突っ込むS字は漢が試された。
息子はとんでも無いスピードで突っ込み・・・曲がり切れない(′∀`)ハイハイ
DSCF5382
DSCF5383


バックストレート全開後はフルブレーキ。ステア切ってないので巻かない。
ここは上手く走れた。息子は全開でコースオーバーしてたけど(′∀`)コワサニャヨイヨイ
DSCF5385


2連ジャンプ後が着地前にステア切りやすい巻きポイント。
チキもここが勝負所となる。上手くいくとスゴク差がつく。
DSCF5389


2連は楽に越えられるが、跳び過ぎると次がね。
たまにバックストレートに戻ってしまうときは嫌な汗が
DSCF5388


バックストレート立ち上がりは、ステア切らなければ最速。
左手にあるタイヤがいやらしいが、気にせず突っ込んだ。
DSCF5384



息子は、「そのスピードでどう曲がる?」を繰り返していたが、
壊さなかったので自由に走ってもらった。
自分のマシンを拾いに行くより、息子のマシンを拾いにいくことはもう慣れた(′∀`)ヨ
DSCF5387
DSCF5386


ここでもBlog見てまつ、息子さん元気そうで良かったでつ。と、応援いただき遊んでもらえた。
自分のことより嬉しい。関東泥遊びの部も無事進出(′∀`)ハイハイ
DSCF5377



TRF211XM
途中、後オイル35⇒30番に変更したら、腰砕け感が出て走りが悪くなったが、
サニイで走っていた時と同じ感じで、全体通して良く走れた。

終日、親子でトラブルも無く、コース上の人たちとイッパイ遊んでもらえてスゴク楽しめた。
また来たいなココは。
DSCF5390



移動距離は少ないが、移動時間がハンパ無い関東でのラヂ。
田舎者の自分にとっては厳しいラヂ環境。

でも、コースはどれも楽しいし、迎えてくれる人も良い人が多い。
関東でのラヂは本意で無い一面もあるが、これも人生、イパイ遊びまつ(・∀・)ヨ