今年3発目の参戦は1年ぶりの泥レース。場所は同じくタミチャレ@K藤サーキット。
前回同様、初戦が最終戦( ´∀`)オイ

ローカルながら、泥遊び出来るチャレとして根強い人気を誇る。
DSCF6020
DSCF6019

タミチャレは2WD、4WD、トラックが開催。
自分が2WD、4WD、息子が2WDと定期540クラスに参戦。

チャレは2WD、4WDともに20名前後のエントリイと賑やか。
4WDの方がエントリイが多い。いかにココで2WDが難しいか物語っていまつ (´▽`)ネ
DSCF6001
DSCF6032


DT-03@540クラス
後タイヤがタミヤK縛り。これだけでも結構対応は難しい。
前タイヤをPLリブ、タミヤK、Cと試していった結果、曲がらないリブは無いことを確認。
DSCF6007


使い回しのきく六角ハブ仕様にするためRB5のCハブ、ナックルに変更。
DSCF6009


アンダー対策で、眠っていたショートリポを前寄りに載せた。
DSCF6008

対策はしたが、結局、肝心のダンパーがしっくりいかず走りはイマイチ。
Cタイヤであれば前勝ち、Kだと前逃げとバランスは確保出来なかった(´Д`)ムズイ
今後はダンパー決めて、前後Kでまともな走りが出来るようにしたいところ。


決勝
少しの接触でもフラつく前Cタイヤ仕様で、ガメラスピンを繰り返していたが、
540を使った何でもありな走行会みたいなモノなので、見ていて面白かった
DSCF6077
DSCF6076
DSCF6056


DB01@4WD
車高を下げつつリバウンド確保を実現するため、後ダンパーステイをカーボン化した。
が、同一形状で願い叶わず(;´Д`)ムダ
DSCF6405
DSCF6407
DSCF6409


レース中にKタイヤ指定と言う超ローカルルールを知った(´∀`*)オイ
4WDはタイヤのグリップが低くても、前後バランスさえ合っていれば走れるので、
Kタイヤでも走りに違いは無かった。と、言うかBestはKタイヤの方が速かった。
DSCF6065


リバウンドを減らすため、ダンパー長を前後3mm程度詰めてみた。
減らせばコーナーだが、やり過ぎてストロークが規制され、決勝では超アンダーに(´Д⊂)
DSCF6006
DSCF6005


想定外の出来事があったとは言え、2WDより得意な4WDでBメインになるのは想定外(´Д⊂)
ダンパー長の規制し過ぎはNGだったので、一度リセットしてみる。
RRRのオイルダンパーだけ欲しいな・・・(´∀`)タカイヨネ
DSCF6064


まったりながらも練習からして活気ありまつ。独特のMCもさすがの安定感。
DSCF6030
DSCF6017



TRF201@2WDユウキ
K藤の難しい路面で10.5Tのチャレ仕様では、
ロースピードのツーリングと比べて求められる技術が大きく違う。
実際、参戦中のJrは速過ぎて可愛くない(′∀`)ヨナ
DSCF6041


だから、昨年は参戦させられなかったクラスだったが、今年はユウキも参戦。
これだけでも成長を感じられる(・∀・)ダネ
DSCF6044


まともにチャレ仕様で走らせたのは1週間前が初めて。
そこでの走りを見て「イケる。」の判断だったが、レースになると迷惑を掛けないか心配だった。

ただ、その心配も朝一の練習を見て吹っ飛んだ。
自分がテストして渡した201を、自分より上手く走らせている。
DSCF6063


このクラスでは、リアがスライドした時にカウンターステアを
どれだけ上手く当てられるかを見ていたが、その点は自分より上手い
DSCF6047


特にセッティング変更無く、後タイヤのみ軟ホイルの新品Cタイヤとした。
リアの安定感は抜群だが、アンダーになること、沈み込みが大きくなり飛距離が落ちることが短所。
201とビッグボアとの相性はとても良いが、同じ性能が維持出来ないのが短所。
DSCF6073


格上の兄貴達と理解しつつも「勝ちたい」を連呼するユウキ。
ライバル心で集中力をかち上げられる性格は頼もしい(・∀・)
全国的に見てもハイレベルなJrの3連星に、何故か胸躍る(′∀`)イイネェ
DSCF6057


予選の走りでも、出して良かったと思える走りをしてくれた。
Best22秒中盤は、Aメインにギリ入っても不思議で無いものだった。
DSCF6062
DSCF6069


決勝
Bメイン4位スタート。さすがにTOPは無理だろうと思い、
メインVで「ミニ四駆ゲト。」の人参ぶら下げた( ´∀`)オイ

集中力は跳ね上がり、最終LapまでTopを快走。
最後に混乱でショートカットしてしまい、実質2位で獲得ならず
DSCF6087

訳が分からなかったようで、本人は悔しがって半泣きだったが、
自分は良い走り見せてもらえて大満足だった (´▽`)イイノカ?

親子で繋ぐ「201リレー」のバトンをしっかり受け取ってくれて良かった。



TRF211XM@自分
TRF201同様、変更点は後タイヤのみ。レース中の変更も無かった。
軟ホイルによりアンダーで跳距離も落ちるが、後グリップは前回の練習通りの感触。
DSCF6070
DSCF6071
DSCF6072


前回レイアウトは、跳んで横転するリスクと速さの天秤が微妙だったが、
今回は右奥の跳ばない2連を徹底したので、練習から予選まで安定感があった。

結果、予選2位と出来過ぎの結果となった
決勝は、スタート失敗とペースが落ちたことで順位を下げて終わった。
ただ、今回は良くやったと思ふ(・∀・)オモフ♪
DSCF6089



帰路では、走りに手応えを感じたのか「来シーズンK藤で勝ちたい。」を連呼するユウキ。

自分の走りより喜びを感じる走りは見たい。

ただ・・・

自分がメカニックに専念する気ゼロ ⇒ 複数体制 ⇒ タミヤCタイヤ貧乏(((( ;゚д゚)))
の図式に躊躇する自分(; ̄Д ̄)ダヨナァ



久々の参戦だったが、ラヂ仲間もイパイいて、忙しくも楽しい一日だった。
来シーズン、多少の貧乏には目をつぶり参戦出来たら良いなと思ふ(・∀・)