さて、今年の最終戦は3週連発参戦(;´Д`)モウヘロヘロ
そして3年ぶりの名古屋港でのタミグラ。
DSCF6174

親子参戦classはユウキがMINI@M05とJr、自分がMINI@M06。
とにかく自分の出られるclassが無いでつ。

M05は組んで即のレースとなるがM06より速く、初の親子対決初★の予感満載( ´∀`)オイ
DSCF6164



MINI-class
100名位のエントリイ。そして練習走行の第1コーナーでナックル大破のユウキ。
いやぁ、幸先どうなんだろうネ。と言うか朝一からスペアパーツ在庫ゼロでつ(; ̄Д ̄)ヤバクナイ?
DSCF6166


M06@自分
通常のモーターメリットも無く、しかも遅いと言われるライトチューン+リフェの組合せ。
M06を選ぶ理由が見つからないが、順位より走りの楽しさを重視した。
だから、どんなに頑張ってもBメイン位で、ヘタすると予選落ちも覚悟していた。
DSCF6165
DSCF6169


直前の練習で、タイヤのインナーで差では無く、種類で差をつけないと対応出来ない状況。
結果、前Mグリップ、後Sグリップ。代わりに後サスのピロボール取付け位置は内側⇒外側へ。
アンダーは後ダンパー位置の変更により解消された。
DSCF6167
DSCF6168


M06のスタート時の加速を活かし、毎回ヒートは安定した結果を出せた。
ただ黒色のタイル上ではフルスピンした。グリップが極端に違うこと忘れてたヨ。
DSCF6190


M05@ユウキ
巻きやすくメリットあるボディでないし、パワーソースも自分と同じ。
景品で当たったので組んだからと言う位置付け。
実にマッタリな位置付けだけど、基本、ちゃんと走りまつ(´∀`)ホントダッテ
DSCF6194
DSCF6185


説明書通りに組んで、オイルダンパーとベアリングだけは流用した。
前後Sグリップで、M06と違い、インナーに差をつけた。前Sハード、後ハード。
M06でもそうだが、後のインナーソフト仕様はヨレて巻きまつ(; ̄Д ̄)ムリポダゼ・・
DSCF6207


予選結果はMax頑張った自分がBメイン、ユウキがDメイン。対ユウキ初★にならなくて良かった♪
ユウキは予選落ちと思っていたが、ギリ残るところが持ってるなと(´∀`)ギリギリナ
DSCF6218


決勝
ユウキが健闘し順位を上げ、自分が1周目からスタックするいつもの光景( ゚∀゚)ナレタケドナ!
ムキになると疲れるが、本来楽しいミニ遊びが出来て満足だった。
DSCF6223



最近、よく会うDirt Magicな面々とはよく遊んでいるようだ(・∀・)
DSCF6187



Jr-class
人気なのか40名位のエントリイ。しかもレース内容も結構アツい
こういった状況で結果を出してくれると、親として嬉しいモノだろう。
DSCF6183


TT-02Sにライキリ様。
直前までフェラーリ458で練習させていたが、安定し過ぎが気になったので変更した。
DSCF6171


M2スリックにインナーフォームを入れた。
タイヤの中でインナーフォームが片寄ること、タイヤ中央が凹むことが気になるが、
面と言うより引っ掛けてグリップさせているので、コレはコレでありかなと思う。
DSCF6205


予選は2Rとも安定した結果を出した。後列スタートの2Rでも全体のTOPタイム。
えーしょー君の方が地力は上だが、序盤で前にさえ出ればVの可能性が残る。
DSCF6210
DSCF6214


自信があるのだろう、後ろにピッタリくっつきミスを呼び込む走りを予選、決勝で連発。
DSCF6211


前後バネをXV-01銀⇒金に変更。軟くしてグリップ確保を狙った2位スタートの決勝。
スタートから始まる抜き抜かれのトップ争いは、ユウキが横転するまで呼吸を忘れた(ノд・。) オウテン・・
DSCF6227


バネを軟くしてアンダーが強くなりペースが落ちた。
結果、中盤から続く激しい2位争いに再び呼吸を忘れた(´∀`)クルシイス

今回も最後まで分からない接戦を制し2位で表彰台へ(・∀・)オメデトサン♪
DSCF6229
DSCF6233


格上の兄貴相手に勝負に出たが負けてしまったことが悔しいらしく、決勝後に少し泣いていたが、
最近Aメインにすら入れて無い自分には羨ましい悔しさだなと(′∀`)マァソウダナ

今年は10月から立て続けに参戦し、Jrに関しては全て2位以上の表彰台。
文句なしの結果を出し続けてくれた孝行息子と応援頂いた方々に感謝でつ