「あの大物は当ててくれるな・・・」と、願ったモノが当たる正月 (´▽`)マァエエワ
DSCF6602


走り「納め」をしたDAYZで走り「始め」。プラッと行けるコースはありがたい。
子ども割だけでなく、親子割があれば、もっと沢山行けるのだが( ゚∀゚)チトタケイゼ
DSCF6605


今年一発目の親子対決はTA07@自分とTRF419@ユウキ。
15.5T、タミヤリフェ、チャレタイヤは同じ。ギア比は6.5と6.3で少しユウキが有利。
DSCF6606


プーリー側でベルトテンションを掛けたTA07。
立ち上がりは改善された。歯飛びはマズいよネ。
前ダンパー全立て。後曲がりのDAYZ仕様。
DSCF6608


シンプルな造形ゆえ、ロングライフなライキリ様。
ハイグリップ路面では、持ってて安心ですボディ。
DSCF6609


反時計周り。シンプルなレイアウトなので、タイムを詰めようとすると大変でつ。
真っ黒なラインのグリップは凄く高い。
DSCF6610


今年一発目のチキは自分に軍配。
さて、セット変更して突き放しちゃうヨ゚+.(・∀・)゚+.゚
DSCF6611


ロールが少し大きいので、前汽◆璽狷眤Γmm上げ。
左が上げた状態。結構、差がつきますな。
少しアンダーになった。この程度の差で変化が分かったのは意外。
DSCF6612


Best更新も、ユウキは更に更新。
毎パック、5周レースを10回くらい繰り返したが、2本目にして勝敗も互角に。
DSCF6614


リアの汽◆璽爐鯲省1mm上げた。
Best更新も安定感はそれほど上がらず、動きは重い。
DSCF6613


何も変更していないユウキに差をつけられる( ´∀`)カエナイホウガヨイ?
DSCF6615


ステフナー一気取り。
吸い付くようなロール感が心地良いが、失速感もそれなり。
サスを軟らかくしないとバランスが悪そうだ。この日のワーストBest。
今ある材料内だとステフナー一式必要。サスも併せて軟くなら有り。
DSCF6616
DSCF6617


短時間ながら、良いテストが出来た。

レース想定みたいな周回テストは一つもしていないが、チキの中のBestは参考になる。
Lapのバラツキが大きいが、ハマった時のユウキに追いつけなかった。
結果、BestLap対決は完敗の初戦となった。
DSCF6619
DSCF6620


テストしながらガチでチキ出来る環境は、新年早々とても楽しめた(・∀・)