いつもと同様、水と戯れる週末@ハイウェイオアシス刈谷。
ラヂには着替えと水着を常備して出掛けてまつ。
DSCF1971
DSCF1976

前回の経験を活かし大幅変更。ただしポン付け&部品供給に不安無しがコンセプト。
DSCF1940


前サスはTT-02B@ネオスコ様の部品を流用しリバサス化。
DSCF1935


サスアームは前寄りにしないとボディに干渉するほど後ろになっちゃう。
DSCF1936


ツーリングと違いスキッド目茶付きまつ。凹凸対応UPに期待。
DSCF1937


ダンパーステイはタイプS。今どきのCハブ&ナックル付けた。
リバウンドも十分確保出来て良い感じ。
DSCF1938


バンパーもネオスコ様。まぁコレでも着地時にはイパイ引っ掛かる。
前セクションの耐久性はトラブル無しで抜群に上がった。
DSCF1939


後もネオスコ様から。
スペーサ調整は余裕あって前後動かせる。前と何が違うのか分からん。
DSCF1941
DSCF1942
DSCF1943


ダンパーステイは同じくタイプS。
こっちもリバウンドは問題無い。前後ユニバ長が違った。
DSCF1945


TT-02 type-S with B なラリーマシンが完成。
素TT-02サスに戻せない走りがソコにはあった(・∀・)イイヨ
走破性、耐久性ともに跳ね上がった。
DSCF1949


スロット全開でカウンターあてながら駆け抜けていく様はイイ(´∀`)ダネ
DSCF1955
DSCF1958
DSCF1956


モーターが数分で熱ダレする。
石噛むデメリットと空気孔塞ぐデメリットどっちを取るか迷う。
DSCF1967


加速が極端に落ちたなと思ったら、ジョイントカップが外れかかってた。
ユニバをもう2mm長くすることで対応出来る。
DSCF1968


今回も一緒に出掛けることを楽しんでくれたハルカに感謝
「行くよ。」ではなく、「行きたい。」と言ってくれる優しい娘だ。
DSCF1969


TT-02のラリー化の答えは出た。
今後は小モディファイしながら遊んでいきたい(・∀・)