また来てしまったタミサ
さすが聖地。ここ2回だけで沢山のお初な方々に、いつも見てますと声を掛けていただいた。
これからも、いつも見て下さい

で、準備万端の4台体制で走り倒す・・・ つもりが時間割規制があって30分毎 ナント
DSCF3573

余裕があったので、充電器はパーフェクトなネオ1台で事足りた。
DSCF3574


TT-02B
ダンパーをビッグボアに変更した。あまり違い無かった。
DSCF3576


ダンパー立ててみたけど、やっぱ自分は寝かせた方が曲げやすい。
2本だけしか走ってないけど、あまり走りに進歩は無かったな
DSCF3577


DB01
結構締めたつもりも、何故かスリッパーがキュルキュル言う
ただ、走りは適度に滑ってくれるので、接地感は上がった。
DSCF3578


水が撒かれグリップが上がってから本気出した オイ
DSCF3581


30分の走行時間の内、前半をDT-03、後半をTRF211XMで走らせた。
DSCF3586


サスの短さゆえ、凹凸路面で理解出来ないところでサスの取られ方を経験する。
ただ前回よりスロットルを握る量を増やし、どこまでリアがついてくるか試しながら走った。
結果、予想以上にコーナーで突っ込んでもリアが破綻せず、走りが相当進化した
おかげで注目度が高まり、イパイ挑戦を受けてチキを楽しめた。
DSCF3582
DSCF3579


最大の難所はバックストレートエンド。凹凸が見えない割に結構大きい。
挙動を乱しながらコーナーに入ると180度ターンが見られる
DSCF3584


TRF211XMですら、凹凸に翻弄されまつ。
バネをオイルもだいぶ軟くしてまつ。
DSCF3575


途中からは、軟ホイル仕様に変更。凹凸対応は変わらないがグリップが上がる。
困ったときにはいつもこのパターンだから、軟ホイルは常備しなくちゃいかんな。
DSCF3583


今回も、常連さん達にイパイ遊んでもらい大いに楽しめた
DSCF3585


2回目と言うこともあり、トラブルゼロは大きな進歩
頻繁には行けないが、とても楽しいので定期的に行きたいと思ふ。