名古屋モーターショーに初上陸。もう21回目なんだネ。
DSC08052
DSC08071


整理券と行列の嵐を抜けないと楽しめないのでは?
と、危惧していたが杞憂に終わった。
子ども向けに興味を引くイベントも多くて想像以上に楽しめた
DSC08080
DSC08087
DSC08091
DSC08093


そして翌朝からホングウ。クライマックスやら耐久やらで人イパイ ヨイコトダ
DSC08137


Pitは限られたスペースを想定し、シンプルにしてみた。
DSC08116


軽量BRZの調子が最近良いので塗装を開始している。
が、リアが軽くて良い動きを今回はしてくれない ナンデヨ
DSC08121



クライマックス参戦はTA07

好調キープのTA07がTT-02SとTB-05との選考争いに勝利。
DSC08122


横の動きにほぼ影響が無く縦剛性を上げることが出来たので、
サーボ上に付ける樹脂パーツを追加。現時点での最終形だ。
DSC08123


今回02Sと07のモーターも交換し、お互いのレギュを揃えた。
結果、序盤は0.008秒差の超僅差だが、ココでも何とか07が優位を保った。
DSC08124


未来のライバル。に、なってくれたら良いネ
DSC08129


リバウンドを合わせるため新品タイヤ投入。
決してチキで出し抜きたいわけでは無い ウソツキマシタ
DSC08125


リアトーはXD-XAのサスマウントにより1.5度。
当日リアが軽かった場合は2.0度にするが、それでも他の人より少な目でつ
DSC08131


Best連発はBRZでは無くライキリ様だったのでボディを絞った。
OPウイングステーで8度と16度をチョイス。16度が吉だった ケッキョクカ
DSC08136


TA07がトップクラスのBestを序盤からキープ。
以前はタイヤの鮮度による影響が大き過ぎたが、今回はずっと同じ調子をキープ出来ている。
来シーズンが楽しみな仕上がりだ ライシーズンッテ・・
DSC08134


気持ち良いくらい、どの時間帯でも17秒台をキープ。
いやぁ、あのTA07がこれほど化けるとはネ
DSC08135




撮り鉄Kibaっちが今回も大活躍 

口にチョコ付けて帰ると母に怒られまつヨ
DSC05662


ニギヤカは正義 タブン
PB240094
PB240096


ステッカーを貼るなと言う気は全くない。
ただセンス良く貼ってほしい トオイメ
PB240101
PB240104


今年一度も活躍の場が無かったTA07をクライマックスに投入
シーズン2軍暮らしなのに、いきなり日本シリーズ先発みたいな ガンバレ
PB240084


BRZ塗り始めてるのに、結局ライキリ様に落ち着くあるある
PB240113


今年、幾度となくチキしてきたメンツ ヨイチキダッタナ
DSC05733
DSC05687


彦様や〇竹氏も合流し、チキは激しさで大いに盛り上がった
DSC05752
DSC05812


耐久だけは律義に頑張るマルキン会長
PB240083


ステア切りまくり
DSC05759


リアタイヤ浮きまくり
DSC05802


お菓子食べまくり
PB240116


ゲームやりまくり
PB240087


トヨカワホビー代表
DSC05784
DSC05792


一抹の不安
DSC05798



個人的には例年オフシーズンになるこの時期に、
参戦を目標と言う建て前のもと、張り切って遊べたことが良かった
遊び満足お腹いっぱい度は既にAメインだ ハイハイ

さすがにマサトは連れて行けないが、いつか自分の代わりに行く日が来ると思うので、
それまでしっかりエネルギーを蓄えてもらおうかなと
PB240091



少し寂しい気もするけど、もうすぐ本番だ