マサトも滑れるだろうということで、3年ぶりに旭高原元気村へ。
ソリ専用のゲレンデだが、中盤からはコブだらけで相当ハードになる。
DSC08262
DSC08276


キツツキの妖精もいまつ フーン
寒い時期でも、身体を思い切り使って遊べる施設だ タノシ♪
DSC08284


さて、軟体にして、更にサスマウントXD仕様になっていたTA07が、
そのまま前モーター仕様になりまつた。
世間では、この状態を迷走だとか泥沼と言うと思ふ ダヨネ
ただ今までと違う試みは、遊び心満点で面白い
DSC08290


配線は、思っていたよりキレイに出来ちゃった。
DSC08291


軟体だからステフナー無し。スタビレス、バルク側ピロボール下のスペーサ無し。
とにかく何も無い状態からスタートしまつ。
DSC08292
DSC08293


で、久々のDAYZ@3時間コースへ。レース日だったので、チャレ気分を味わってきた
DSC08303


軽量ライキリ様は、前回塗ったヤツは使わない在庫の余裕 ダナ
DSC08313


ところどころ黒光りする漢らしいカーペーット路面 オイ
DSC08308


特にストレートエンドは、パイロン乗らずして吹っ飛ぶ恐怖を味わった ムズカシカッタナ
DSC08309


前モーター仕様は、最初から失速感が少なく走ったが、
右回り時にアンダーを強く出すことが多かった

で、もっと転がれと思いステフナーつけたら、逆に曲がらなくなったり
DSC08311


もう転ぶなと思い、前ハブに1mmのスペーサ入れたら、
転ぶのにアンダーになったり
DSC08312


もっとキビキビ動けと思い、前後ダンパー立てたら、
コーナーで突っ張ってしまいペースが落ちたりした
序盤の最初の状態が一番良かったと言う悲しいオチに
DSC08314


マサトのDAYZデビューは3年後、
そして5年後に自分に追いつくスケジュールでつ ケイケンジョウ
DSC08310


徐々にペースが落ちてしまう残念な感じだったが、
ベンチマークが分かったので、寒い時期は少し通うか キットナ
DSC08315
DSC08316


やや迷走気味なTA07だが、来シーズンのチャレ主力マシンを目指し遊んでいこうと思ふ
DSC08304