とても良い所だったので、2週続けて行くことになった湯谷園地。
何故か貸切だった贅沢感  ゼイタクダナ
DSC00569


新しい網も投入  ヤルキダ♪
DSC00551


さぁ今回も坊やの出番だぞ  ダゾ
DSC00535


試しにミニッツで流行っているクルクル回るレイアウトにしてみた。
DSC00532


爽快感ゼロだったので、即レイアウト変更した  オイ
DSC00533


物置に転がっていたABCのNレーシングと言う小径タイヤを付けてみた。
その昔、サニーランドでMが流行っていた頃に使っていたハイグリップタイヤ ナツカシス
DSC00536


見た目に正義を感じない 
グリップも十分で安定感もあるが、車高が取れないので小石で挙動を乱す。
パーキング遊びには合ってないな
DSC00537


コースが途中でウェットになりまつ  イイケド
DSC00544


次に横転防止用のストッパーを外してみることにした。
イパイ倒す時につっかえ棒になることがあったからだ。
DSC00538


気持ち倒れ度UPだったが、ストッパー以上に倒すことが正解か微妙だし、
転びやすくなって攻められないので、未熟者の自分には着けたまま吉だった。
DSC00539



さて、湯谷園地の続きだぞ  ダゾ
貸切だったので、通り掛かる電車に手を振ると、
警笛鳴らして手をずっと振ってくれることがあってハルカは大感激。
何ともこんな時世に心温まるシーンだったな
DSC00572


ソレはソレとして  オイ
帰る前に大きな駐車場が空いていたので、坊やの出番再来
初めてのサーキット規模での走行となった。
DSC00581
DSC00582


レイアウトはタミグラ名古屋港で見るようなヤツ。少し贅沢な空間だ。
DSC00584


で、走らせてみたら、小石が想像以上にあって挙動を乱しまくる
スピード感も無くて、何ともイマイチな感じで終わった  ザンネン

短時間でボディやメッキパーツが割れるはで、なかなかの洗礼だったぜ
DSC00585



ふと、自宅以外では思った動きにはならいのでは?
との疑問が沸き、

翌朝はジンノ埠頭へ  ネッシンダナ
DSC00588


キャメル+Sグリップとタイヤは自分史上最強の組合せ。
さすがに小石が少ないので挙動を乱すことは少ないが、
恐ろしいほどアンダー  ナニコレ?
しかもスピード感がまるでない。
DSC00595


規模が大きくない場所で走ることが吉なことと、
坊やの旅が、実はまだ始まったばかりとの思いに駆られた休日だった  ダナ