が近づいてきたので、捕れる生き物も豊富になってきた。 
DSC00770
DSC00772


近くでマッタリが新しい生活様式になってきた  ハイハイ
DSC00781


そして旧・生活様式はホングウの一日
レースいっぱい開催するから人が多い。
今年のレース復帰は、自分のヤル気次第  イツダヨ
DSC03084


レイアウト変更後の本コースでは初走行。
とにかくスロットを握り倒す時間が長い、燃費の悪いレイアウトだ 
DSC00792
DSC00794



TT-02S(SRと言って良い仕様)
今回投入したTT-02SR付属のアジャスタブル・サスマウントに注目。
変化を感じるため、メンテ以外の変更はしていない 
DSC00795
DSC00796


軽量BRZを今回も選択
DSC00790


前リップはアクリサンデーやGP接着剤で補強しまくり原型にだいぶ戻した  ヤルナ
DSC00791



TA07
ベンチマークとして交互に走らせた。
新レイアウトに慣れることが優先なので、前回から変更なし。
DSC00797


と言いながら、路面グリップが跳ね上がって曲がり過ぎるくらいだったので、
弱アンダーでロールの少ないライキリ様へ  テイバンナ
DSC00798


出走台数が多くてタイヤ素材が路面に貼り付き、気温・湿度もほど高い好条件。
結果、この時期では考えられないほどチャレタイヤが摩耗しない好循環
DSC00799


それを示したのは、何も変更していないTA07のBestLap連続更新
DSC00800


一方、伸び悩むTT-02Sの不思議 
リアグリップを失いがちで前にうまく出せない
DSC00802



右側のS字の抜け方は、割と差が出るポイントだった。
DSC00793



このコンディションなら、初日にして自己Bestを記録するだろうと感じ、
TA07には新品タイヤを惜しみなく投入  オトコダナ
DSC00803


予想通り、リアの滑り出しがなく前に出てくれた
結果、この日のBestを叩き出し、お古タイヤなライバル勢を圧倒 
DSC00806



一方、イマイチ伸び悩んでいた02S

当初の予定では、トーインを減らしていく予定だったが、
肝心のリアグリップを失いがちで、なかなか減らせなかった
DSC00807


夕方になると、路面が相当重くなりリアグリップが十分になったので、
トーインを一番少なくしてみた@1.5度
DSC00808
DSC00809


結果、ラストでBest更新
トーイン変更は02Sでも有効だった。
DSC00810




撮り鉄Kibaっちギャラリー  ヒサビサダナ

ラヂコース以外ではゲーム解禁されないので、チャンスを逃さない集中力
DSC02833



「僕もラジコン走らせたい。」と言い始めてきたマサト
DSC02846



さすが撮り鉄と感じた一枚
DSC02844



久々な面子も揃う中、調子良く走れたし、可愛がりも出来たし  オイ
DSC02873
DSC02876



だいぶKibaっちに懐いてくれたので、楽だった自分
DSC02878



サブコースでも走らせ倒したり、ガチなチキが連続したりと夕方には燃料切れ
DSC02923
DSC02952



本当に心地良いフラフラになった休日ラヂだった