レース 参戦日記

タミチャレ2015参戦日記@ホングウ11月

半年振りとなるホングウチャレに参戦。今回から親子参戦。
「10歳位までにチャレ参戦出来れば良いな。」と、今年初めくらいは思っていたが、
7歳でデビューさせても良いと思わせたのだから、成長したんだと思う(′∀`)タブン
DSCF4158


まだAM7時でつ(´∀`)ハヤッ
普段、外出時はゲームなどは認めないが、ラヂ時はレースに限らず全てフリー。
「レースのために早起きして、大人に混じって遊びたい。」なんて7歳は希少だし、息子は違う。
ラヂは主だが、「この場所にいると楽しい。」と思ってもらうことが大事かなと。
DSCF4148


同じクラス参戦は看板のGTクラス。2台のTT-02S。
DSCF4143


自分用。前スルスルギアデフ、後スルギアデフ仕様。
ギリの競り合いでどこまで通用するか確認するため、予選は、この駆動パターンで通した。
DSCF4144


息子用。走りを見ながら1日変更をしていった。
スタートは前スプール、後ギアデフ。
DSCF4145


親子でWエントリー。息子はDTクラス@DT-02、自分はTRFクラス@TRF419。
DSCF4146
DSCF4147


自分の練習の合間に息子の練習。
限られた時間だったし、唯一のJrだったが、走りは右肩上がりで本当に良かった。
DSCF4149
DSCF4150


自分BRZ、息子NSX。
コーナー突っ込む息子は、積極的にロールさせて曲げる走りをさせた方が速いと判断した。
DSCF4153


予選では、川爺とも対戦。決勝では、自分とも息子とも対戦は無かったな( ´∀`)チュウトハンパ
DSCF4168
DSCF4167


親TT-02S
予選5番手で向かえたR2では、少しリアが流れていたので一段軟らかくした。
結果、リアグリップを確保したが前に出なくなり、ノーミスにも関わらずタイムが落ちた。
難しいね、このクラスって(;´Д`)
DSCF4171


子TT-02S
スプール仕様では曲げるキッカケを作れなかったので、前Bデフに変更。
R1:Best23秒0 ⇒ R2:22秒6まで上がったので、方向性は合っている。
DSCF4183
DSCF4185


決勝に向けてデフを変更。前ギアデフ・赤バネ、後Bデフ・銀バネ。
前荷重多めで曲がる仕様。でもリアはBデフだから安定感あるでしょ。な、感じ。
DSCF4172


多くの稽古を色んな人にしてもらって、みるみる上達しているのが分かる(・∀・)アリガトネ♪
DSCF4192


その結果が決勝でも出た。
良いレースをしているなと感心していたら、CメインながらBestLapを叩き出した。
全体的にレベルの高いホングウで出したのだから、正直驚いた。
DSCF4210


「メインVならミニ四駆2台。」が、想像出来ないほどの集中力を生み出したようだ。
「明日からも、その走りを」は出来ないと思う( ゚∀゚)アハハ
IMG_0609


こっちも結果こそ良く分からないレースだったが、良い走りを見せていた。
紫SFGの仏壇屋とのバトルは予選を通して見応えあった。
DSCF4202
DSCF4176



決勝@自分TT-02S
予選では、序盤上位に位置しても、後半からタイムが落ちる前後ギアデフ仕様。
競り合いに勝つためスプールに変更し、アンダー対策で前アッパーマウントを限界まで下げた。
前:赤バネ、後:銀バネ。短時間で出来ることは全て対応した感じ。
DSCF4204
DSCF4205


暗くてコース左奥が良く見えず、夜露で濡れていてるゼブラに乗り即ガメラスピン。
を、決勝は2回もやってしまっては万事休す(;´Д`)ヨワイ
BlogPaint


ぶっちぎり最下位から追い上げ、一時は3位争いも垣間見えたので良くやったな。
って言うAメ決勝だった(´∀`)オイ
毎回僅差の中、今年は全戦表彰台争いに加われ、充実したGTクラスだった。
BlogPaint


一方で、AタイヤがフルグリップだったTRFクラスは久々のV
ノーミスで僅差のトップ争いを制し、GTクラスでのうっ憤を最高の形で晴らした。
DSCF4216


ギア比6.6縛りになって扱い易い&激戦となったが、凄く面白いクラスになったと思う。
結果的に参加者も増えているようだし、来シーズン流行っても不思議は無い。
BlogPaint
DSCF4215


早くも今年の最終戦となった。
自分は最後まで緊張感あるレースができ、息子は今年一番の爆発力を最後に見せてくれた。

良い締め括りとなった.゚+.(・∀・)゚+.゚

タミチャレ2015参戦日記@K藤サーキット10月

ダート路面でのタミチャレ初参戦。K藤サーキット初参戦。
親子でのローカルレース初参戦。初がイパイでつ( ´∀`)ネ
タミヤの冠はやっぱ偉大。とてもローカルなのに人イパイ。
DSCF3870
DSCF3868


紆余曲折を経て、参戦するマシン群。
TRF211XM、DB01、TT-02B、B-MAX2(´∀`)イパイネ
TT-02BとB-MAX2は親子対決となり得る、同時開催の540or21.5Tクラス。
DSCF3862


チャレの2台。
2WDは、重量でジャンプの飛距離が出ない201XRから急遽変更した211XM。
DSCF3863


寒くて練習する気が起きてくれない息子は、練習では低めのお立ち台。
DSCF3866



まずは、誤算シリーズ。

その1
直前まで、TT-02にXV-01の足回りをつけたラリー仕様で540クラスに出る予定だった。
完成もさせ、何度も組み直した。

が、ストロークが取れなかったり、脆かったりで断念。
次回は素TT-02をラリー仕様にするか検討中だが、ストローク確保がなぁ・・・
DSCF3847
DSCF3860


で、レース当日はTT-02Bに戻してきた。相当時間掛けたので実に不本意(;´Д`)
DSCF3887


その2
レース前に折れたダンパーシャフト@B-MAX2
ちなみに半田付けしていたモーターコードも外れ、相当の時間を費やした。練習したい・・・
DSCF3871


その3
新しいマイポン使えなかった。まぁコレは仕方ないか。以上でつ。
DSCF3872



暖かくなり始め、やっと車から出てきた息子(。・ω・)ノ゙モウレースハジマルヨ
DSCF3873


電源とコンプレッサーがレース時は使えた。コレは嬉しい誤算。
DSCF3879


ラリーは見た感じフルグリップで楽しそう。うん、次回までに何とかしよう( ´∀`)ナニヲ?
DSCF3893
DSCF3896



2WD
練習量で差がつくコースだと思うし、知らない人ばかりで状況が分からないが、
練習走行を見ていると、想像していたよりレベルが高くて驚いた。
25名もいるので、相当頑張らないとAメ入りは難しそうでつ。
DSCF3874


211は、曲がるしジャンプの飛距離もあるが、失速して前に出ない印象。
前に出そうとすると後ろがついてこない。

Cタイヤのグリップ力を考えると、この点とずっとお付き合いな感じ。
タイヤ指定なので、ホイルの硬さと鮮度で差をつけることもセッティングの1つ。

R1
軟い前後ピンクホイル。オイルはサニイより前後5番落としの前35番、後30番。
DSCF3889


ホイルによりアンダー気味だが、211だから何とか曲げられる感じ。
後グリップに注意を払いつつ、跳べるジャンプは全て跳んだ。
練習でも出来たことない走りができて6位と大健闘(・∀・)
DSCF3890
DSCF3891


R2
決勝でチキするためにはアンダー気味では競り負けると思いタイヤを変更。
ホイルが六角の堅いヤツしかなかったが、後のみ新品投入。
結果、動きは良くなり、ジャンプの飛距離も伸び、曲がりも良い。
DSCF3892


ヒート中、トップが何人も入れ替わる熱い展開だった。
久々に本気で走ってるなと思い始めた最終LAP、コース中央の落とし穴にハマる(; ̄Д ̄)イタイゼ・・
これが響いてBポールとなった。

跳ぶべきジャンプを攻め、精一杯走ることが出来たので、結果はともかく充実していた。

一方、爆音モーターか新アンプ03Sか分からないが、パワー感が急に落ちることが気になった。
ジャンプの飛距離が落ちるので分かるのだが、一瞬、シャフトが外れたかと思うくらいだった。
DSCF3933



決勝
砂が浮いてきたのか路面状況が変わり過ぎ。見たことないくらい我が211がタコ踊り。
状況は皆一緒なので、何とか2番手ゴール。良く粘ったと思うし、次に繋がる走りが予選を通して出来た。
DSCF3915
DSCF3931




4WD
練習走行での感触では、楽に走れるかと思っていたが、
レース路面は、予想以上にグリップに苦しんだ。
DSCF3880


ギリでAメ入りしたが、決勝はフラフラで他の選手にイパイ迷惑掛けた。
前ギアデフ、後Bデフだったが、前後Bデフで次回は出ようと思ふ。
バネもキット付属の銀バネだったが、オイル35番を含め、軟くしていこうと思ふ。

路面が堅いので底づきを嫌ったが、常連さんの意見を聞くとオイルもバネも軟い。
Cタイヤのグリップ力、砂が浮くことを加味すると、全体的にそっちの方向かもしれない。
DSCF3885



540or21.5Tクラス
少ないかと思い自分もエントリイしたが、とっさんグループもいて20名と賑やか(・∀・)イイネ♪
540でもリポでハイギアだったりする中のチキなので、真剣に走ってもミスイパイ。

息子と一緒の参戦となった。息子はB-MAX2MR@21.5Tのリポ仕様。
後タイヤの程度が悪いので、ジャイロでカバーといきたいところだった。
DSCF3911
BlogPaint


サニイでは気付かなかったが、Gフォースのジャイロは効き方がスムーズでない。
曲げたいところでアンダー出して、意味分からないところで巻くので扱いずらかった。
余計なことに、自分で1回、息子で1回、誤作動で直進し、特設の計測器に突っ込んだ。
DSCF3921


我がDリッジ。前後ホールショットがベストだと思うが、急遽変更したのでタミヤCでつ。
ラリー仕様を前提にしていたのでギア比6と高め。
DSCF3913


で、予選出走時に、理由も分からずモゲた前ナックル(; ̄Д ̄)デタデタ・・
急遽、予選R1は息子のマシンで出走。実に不本意だった。
DSCF3898


縛りはモーターだけなので、何でもありが良いところ。
ハイエンドから、ジムニーさんまでいまつ。と、言うかジムニーに負けるなヨ、息子(´∀`)タノムデ
DSCF3939
DSCF3940


いつもは低いお立ち台なのに、レース時だけは高いお立ち台で勝負を掛ける息子。
こちらからは何も指示していないが、本人なりに勝負どころと判断しているようだ。
DSCF3907
BlogPaint
BlogPaint


最年少参加で、走っている時も、そうでない時も自由奔放だった息子。
扱いにくいマシンを提供してしまったが、レースはトラブルも無く完走してくれて良かった。
DSCF3919
DSCF3883


確か3番手スタートだった気がするDリッジ。
結構な勢いでミスを連発し、最終LAPにR1で見た光景。
出ましたヨ、「右」が壊れたら次は「左」の法則('A`|||)モウムリポ
BlogPaint
DSCF3942




景品もオフローダーは使わないのか、ボディもイッパイ出ていたりして充実。
息子は狙い通りのHSVを手に入れることが出来てご満悦。
DSCF3943



少し勇気のいる親子参戦だったが、色んな人と親子共々遊んでもらえてスゴく楽しめた。
遊び場がまた増えたことは嬉しい。また時期を見て参戦したいと思ふ(・∀・)オモフ♪

タミヤGP2015参戦日記@掛川8月

今年2回目となる掛川でのタミヤGP。前回は真冬で今回は真夏( ´∀`)ハヤイヨネェ
DSCF3182


予想通り人イパイにつきタープが今回も大活躍。
DSCF3203
DSCF3204


ラヂ史上初となる親2+息子2の計4エントリイ。
息子の破損率を想像すれば大変なのは分かるが、本気の夏休みってところで(´∀`)ネ

自分は2WDと4WD。直前まで泥コースかと思いきやオンロードコースだった。
広々としたレイアウトだが、正直「何で?」と言う感じは終日あった。
DSCF3188
DSCF3189



2WD
TRF211XMはオンロードに強いだろうとの予想通り、コーナーも速く立ち上がりも良い。
が、軽くて競り合いに毎回負けて横転しまうこと限りなし。
自分が悪いとは言え、序盤からテンションが下がりまつ(;´Д`)

Kタイヤは無いのでCタイヤ。前後ハードホイルときっちりオンロード仕様。
DSCF3194


前オイル500番。
アスファルト路面だと踏ん張らせて硬い方が良いと思った。
DSCF3195


後オイル400番。
もっと硬くても良かったかなと思うくらい、ロールしてアンダーだった。
DSCF3196


アンダーにつき、ウイングも小さく。そして車高は20ミリ切りに変更。
DSCF3201


走らせるたびに変更していったわけだが、こういった時は調子が悪いとき(;´Д`)ダヨネ
結局、Bメインに滑り込んだ決勝だったが、終日大きく走りが変わることは無かった。
特にRRのTRF201とラインがかみ合わず難しいレースだった。



4WD
負の連鎖は続き、DB01は早々に前サスが折れたり、ノーコンにより1周もできなかったりと、
今年ワーストのレースを自分はしてしまった。
DSCF3202
DSCF3220


特殊な環境の中で2台を走らせることへのギャップに苦しんだが、
今回の経験は次回に生きる。と、思ふ( ゚∀゚)オモフヨ




当日はレイアウトがクラスによって違い、それが至極分かりづらい。
何回もコースを間違える息子を叱った後に、自分も間違えるとか(; ̄Д ̄)ミギイッチャウヨ・・・
DSCF3187



バギークラス
タフなデュアルリッジを準備したにもかかわらず、後ハブもげた予選R1。
しなり過ぎが原因な気がする。だとすると鉄シャフトだなぁ。
競り合いに弱いが、走り自体は良かったので残念な結果だった。
DSCF3197


「右がもげると言うことは、次は左だろう。」と言うことで、左右の後ハブを新調。
自分が終日うまく走れなかった2連ジャンプも普通にクリアし、ギリで予選通過。
車高をオンロード用に下げたことも効果があったようだ。
DSCF3232


「大人ばっかりで大変だよ!」と言う息子だったが、楽しめたようで良かった。
DSCF3233


決勝はSTロッドが2回外れたものの完走。
自分が不甲斐無い分、一生懸命走り切ってくれただけで満足だった。
DSCF3235



オフマシンは全Bメインとなった。
ただ、出来が悪い中でも、決勝を全部走れたことを感謝しないといけない( ´∀`)ヨネ
DSCF3239



レースの流れや「ポンダって何?」状態の息子が、予選から自分のヒート直後だったので、
出走準備やマーシャルまで周りの方にサポートしてもらった(・∀・)アリガトネ

その後もドタバタは続き、マーシャル⇒ダッシュで出走準備⇒息子が見つからず立ち尽くす・・・
の、自分を見かねて、スタッフですら出走準備への配慮をしてくれた真夏の出来事(´∀`)イパイイパイデツ
DSCF3219



Jrクラス
参加者24名と相変わらずこの地域は参加者が多い。変わらず小さい息子( ´∀`)ダネ
DSCF3207


コーナーが大きいので曲がれると判断し、前後ギアデフから当たり強いスプール仕様に変更した。
DSCF3198


で、練習走行。
1周もしないで、ステアのピロボールを折って戻ってきた(; ̄Д ̄)イヤナヨカンシマツ・・
DSCF3178



コースを間違えやすいから走って覚えてもらいたかったとの心配通り、
予選R1では何度もコースを間違えクラッシュし、STロッドを外して戻ってきた。

STロッドが外れやすいのは、シャーシが沈みこんだときの高低差だろうと思い、
ナックル側のピロボールの高さを下げた。

普段は「リアグリップあるか?」と「今より曲げたいか?」くらいしか言わないが、
今回は「第1コーナーだけは考えて走ってくれ。」と注文をつけた。しかも20回は同じこと言った( ゚∀゚)ハンプクナ!




レイアウトに慣れ始めたR2では良い走りで完走してくれた。
自分もまともな完走が無かったので、予選最後で息子が溜飲を下げてくれた( ´∀`)ムスコダヨリカ
DSCF3222


総合5位に入りこんだ決勝。一つ前にはインプの兄貴。
前回が序盤リタイアだったので「しっかり走りきって完走してくれれば・・・」
との思い以上に、決勝では走りが更に進化

走りの意図が見て取れる中での競り合いは、見ていて本当に楽しかった。
DSCF3242
DSCF3240


朝からどうなるかと思うほどトラブルの連続で、昼食の時間も無かったが、
全ての苦労が吹っ飛ぶV争いの結果、いよいよ2位で表彰台

結果よりも、内容が良かったことの方が成長を感じることができて嬉しかった
DSCF3245


インプの兄貴も表彰台。これからも良きお手本になってあげて下さい (´▽`)ネ
DSCF3254



更に抽選ではM05を手に入れた。コレが勢いと言うものかと。
DSCF3258


帰路では、頑張った時の約束としていたミニ四駆を買ってやった。
息子にとっては総取り。自分にとっては、思い出深い最高の一日となった

タミヤGP2015参戦日記@愛知5月

GW突入と言うことで、初日は常滑リクシルミュージアムで光る泥だんご作り。
結構、夢中で作ったな・・・  自分が( ´∀`)オイ
DSCF22491


で、2年前の息子レースデビューの会場であるサンビーチ日光川に再び戻って来た。
ほとんどがブランク期間だが、十分レースで遊べるものは持ち込めている(´∀`)ト、オモイタイ♪
DSCF22681


個人的には初日のオフロードクラスWエントリイを希望していたが、
息子のJrクラスに合わせるため、二日目のMクラスに参戦(; ̄Д ̄)シカタナイデツ
DSCF22522


Jrクラス34名。予選落ちは無いので安心だが凄いエントリイだ。
DSCF22721




TT-02Sは安定感を狙い、前Bデフ仕様。
曲がるのはワンウェイだと思うが、なるべくワンウェイを使わず成長してもらいたいので敢えて選ばない。

直前のサニイでの練習で、前サスブロック粉砕&STマウント粉砕のWパンチ ノ( ̄0 ̄;)\
仕方ないので、自分のパーツを順次提供。
DSCF22541


トルクチューン仕様。後はスルスルのギアデフ。こっちは終日変更は無かった。
DSCF22551


レースの時だけに登場するR8。
DSCF22651


練習時にアンダーだったので、前もスルスルのギアデフ仕様に変更。
突っ込み過ぎて曲がらないことが多いが、曲げを強くするとフェンスヒットと見極めが難しい。
DSCF22662


練習時点で切れたアンテナ@制御不能。レース中で無かったことが救い(; ̄Д ̄)アブナ・・
DSCF22671




で、我がM05。当初はS寸、直前のレースでM寸。そして今回はL寸とポリシー無し。
スプール仕様で遊ぶと、相変わらずカウンターギアが逝くので前に出ないBデフ仕様に変更。
後から気付いたが、ガム仕様もありだったなと。
DSCF22581


Mに対し意気込みが無いので、最安値の3Kアンプ搭載。
レースが終わったら息子のマシンに搭載しまつ。
DSCF22601


で、どれだけ時を経たが不明なクーパー。前部分は補修MAXでつ。
DSCF22641



相変わらず小さい息子。少なくとも高学年までJrクラスに出させたい。
ただ、それだとポイントの貯まる表彰台に乗ってはいけない矛盾(´∀`)ビミョウ
DSCF22852


練習走行では、文句無しの走りを見せていた。
過度な期待を掛けない方針だが、掛けずにはいられない状況( ´∀`)ヤメトケ
DSCF22762
DSCF22781
DSCF22801


久々参戦のクリーム氏はFF参戦。リハビリ参戦なのにAメ入りは貫禄。
DSCF22981



我がM05。前後ハードの赤バネ仕様にしていたが、コーナーでことごとく止まるので、
定番バネの組合せに変更。タイヤはS@一番硬いインナー。
DSCF22931
DSCF22921

転がり感が上がってR2では調子を上げたが、絡み倒してペースが上がらない。
ただ、Bメイン入りで遊べたら吉だろうとの予想の中、予定通りのBメイン入り。

決勝はタ兄氏に追いつくたびに飛んで逝ってしまう。を繰り返して思わず苦笑い。
タミヤGPでこんなノンビリ参戦は初めてだったが、毎回コレでは困るな( ´∀`)オタガイ



息子とのバッテラ共有につき、リフェ4200電源が活躍。
走行のたび400ほど入るので、練習×2、予選×4の追い充電ならバッチリだった。
DSCF23061




毎回スタートに出遅れペースを上げられないものの、息子は全体5位で今回も表彰台圏内。
Jrクラスとは言え、同じ2分1秒台がズラリ。その中に入れるだけでも評価したい。
DSCF23091


タイヤはGP-A@スポンジだったが、予選R2から動きが重くなっていた。
決勝に向けて大きく変更したくは無かったので、もう少し曲がれとD/Rを10%上げた。
これだけでも曲がるようになるのは、普段は抑えているから。
DSCF23102


踏み台に乗っても低い息子。同じパイロンで何度も跳ぶので不思議に思っていた。
そのパイロンは遠くの右セクションだったがフェンスに隠れて見えていないようだった。
早く大きくなって下さい( ´∀`)ネ
DSCF23142


親の方が緊張する決勝。
残念ながら、序盤からフェンスにヒットし前ナックルが逝ってリタイア。ホント、近くて遠い表彰台でつ。
DSCF23171


何やってるんだと少し腹が立った。
が、腹が立つのは成長してもっと出来ると思っているからだとも感じた( ゚∀゚)マエムキダナ!


帰路で「また出たい?」に対し、即答「出る!」と相変わらず調子が良い。
結果はアレだったが楽しめた。また息子が主役の親子参戦目指しまつ。

タミチャレ2015参戦日記@ホングウ4月

天気の心配も無いためか、強烈なエントリイ数のホングウチャレに参戦。
DSCF21792


40数名の大エントリイのGTクラス@TT-02S、TRFクラス@419に加え、
息子とのタミグラ参戦に備え久々にミニも登場。
DSCF21741


前日の練習では好調だったが、自分対策用のパイロンが当日設置された。
確かにココはゼブラかすめて突っ切る得意ゾーンだったので見事にやられた( ´∀`)ウマイヨ
おかげで極端にBestは落ち、周回の安定感が無くなった。でも、ここまで対策されるのはある意味光栄だ。
DSCF21812


今回のTT-02S。サーボも新調し、もうすべき事がほとんど残っていない最終形に近づいている。
DSCF21821


ほとんど変更の無いセット。
前:スプール、黄バネ、オイル40番、ダンパー長59.5mmの全立て。
DSCF21831


後:スルスルギアデフ、白バネ、オイル50番、ダンパー長58.5mmの全立て。
前後立て立てダンパーす。
DSCF21841


バスタブ交換ごとにウエイト貼るのもいい加減面倒臭いので金延べ板載せてる。
これでBRZ載せるとチャレ仕様で1440gとウエイトはギリOK。
DSCF21851


メカは03アンプに02モーターの最新型。いやぁホント最終形だ( ´∀`)ダナ
DSCF21861


今のGTクラスはピカイチボディが手探りで千差万別。一番良い時期かもネ。
DSCF21901



予選R1はNSXを選択。BRZよりロール感があって安定したグリップを稼げる。
BRZのようなシャープさは無いが、R1なので安定感を重視した。
DSCF21921


パイロン処理に毎周もたつき総合5位。これでも十分な結果だと思うが、
最近はTT-02Sに求めるハードルは高くなってる。もっと上位を狙うためにR2はBRZに変更した。
DSCF21941


多少シャープさが出てタイムアップしたが、リズムに乗り切れず総合7位で決勝。
決勝は競合いに強い予想のNSX。前回てき面だったウォーマー作戦は今回も有効だった。
スタート直後に4位まで順位を上げたが、後続のプレッシャーから単独ミスを繰り返す(;´Д`)ヨワイ
前回同様、彦さまとの競合いを最後まで続けられたのが救い(´∀`)マァソンナモンカ・・
DSCF21971
DSCF21981




まぁここまでは普段と変わらぬ参戦日記。

で、TRFクラス10.5TではKVオーバーで出走した。
大した結果でも無かったし、その予選記録は抹消してもらったので、
その後の結果に影響は無かったが素通りされればそのままだった。
DSCF21751


迷惑掛けたのが申し訳なくて、その後の予選を含めて全くレース気分では無かったし、
集中出来ず、少しも楽しいとは思えなかった。

自分は出来た人間では無いので、遊びの世界で正義感とか責任感みたいなものは無い。
ただ、帰宅した自分の姿を見て喜ぶ子供達を見ると、どんなに残念で無駄な休日を過ごしたか・・・を感じた。

物事には色々キッカケってあるだろうけど、ラヂ止めちゃおうかなと初めて本気で思った。
ただ息子ユウキがラヂにずっと興味を持ってくれて、レースに出ることも楽しみにしている現状がある。
実際、好きだからこそ、ユウキは退院後のわずか4ヶ月で見違えるほど上達した。
その成長する姿を途中で止めてしまうことは自分が止めることよりツライ。

今後も同じようにラヂ活動を続けていくことは未定。
ラヂは自己満足の趣味なので、明日からまた同じように活動しているかもしれない(′∀`)オイ
ただ、こんな有り様の自分が情報発信するのもどうかと思うので、このブログの投稿もコレが最後かもしれない。

毎日本当に多くの方に見ていただいているので申し訳無いですが、
所詮は個人のどこにでもある趣味のブログに過ぎないでご理解下さい
Thanks♪
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
月別記事
最新コメント
記事検索
タグ絞り込み