DB01 ドゥルガ

DB01にセンタープーリーとWカルダン入れた

泥マシンの方がモデルサイクルが長いとは言えDB01の歴史は古い。
タミヤ的にDB01の方向性が良く分からないが今年もOPが出た。
DSCF14321


まずはセンタープーリー。ベルト傷めないためにもアルミ・・・
このOPに求められるのはり耐久性。
横幅の狭い樹脂プーリーよりベルトの左右の動きに遊びがある方が良い気がする。
ユーザーテストで耐久性を公開予定( ´∀`)オイ
DSCF14331


そしてリアをユニバ化。そう、これも今年発売されたWカルダン( ゚∀゚)イキオイアルネェ
普通の初カルダンはツーリングの前だと思う。
DSCF14381


自分も人生初のWカルダンが、泥マシンで、しかもリアと言うのは予想していなかった(´∀`)マァ
組んでみて知ったのだが、Wカルダンって絶えず角度がついているユニバなんすネ。
部分的に白いのはフッ素。泥用にユニバをグリスアップすることは無い。
DSCF14411


一発目出たユニバは長さが足りなくて良く抜けたが、コレは最適な位置をキープ。
当たり前だけど、こうゆうマイナーな改良は嬉しいス。
DSCF14431


そしてモリ氏の発案。ダンパーステイ前側から後側へダンパー取り付け変更。
重量物はより後ろが良い。きっと( ´∀`)タブン
DSCF08761


ダンパー上のネジの長さがどこかで見たほど長い。
そう、ネオスコ様でつ。
DSCF08771



大幅な改良を重ね、DB01がサニイ史上最高の走りを見せた。
それはまた別の話( ´∀`)カクヨ・・タブン

DB01で泥遊び@快走したので走り倒し

泥遊びするには絶好の天気常連が少ないのにサニイは大盛況。
やはりカーペットが効いている( ´∀`)ウソピョン♪
DSCF08561

DB01ワークス@サニイ支局として1日切磋琢磨することになった2台。
理由は分からないがDB01がイッパイ走ってた。
DSCF08551


ワークス弐号機。
「タミヤレギュ何か知らネ。」と、とにかくDB最速を目指すモリ氏。
よってタミヤレギュを少し残そうとする我が初号機と違い思い切りが良い。
DSCF08452


RRのバスタブにすると歯飛びが激減するらしい。カーボン強化よりもRRだ。
確かに駆動系のトラブル知らずになっている。形状はほとんど変わらないのに何が?
DSCF08472


8.5Tリポ仕様。ただスピード感は自分の11.5T進角頑張ってる仕様と差は無い。
DSCF08481


ダンパー位置を変更している。通常はサスアーム前側。
これによりリアグリップは上がったらしい。これは試してみようと思う。
DSCF08671
DSCF08661



我が初号機。ヨコモ11.5Tリポ仕様。ギア比は7を切る位のストック仕様。
無駄なスリップが無く走りやすい&パワーがある。しかもタイヤも減りにくい。

ちなみにバスタブはRR用に変更している。既に何回も走らせているが調子が良い。
RR用バスタブは今までのDB01の弱点を補う神パーツとの噂は本当かもしれない。
考えられるのは縦方向の剛性UPだがホント分からない。
DSCF08461


ウエイトバランスだけで考えた時、右前と左後が重い。TRF417と同じだ。
ウエイトで綺麗にバランス取りすることは出来ないが、右後40g、左前20gで少し改善した。
DSCF08611
DSCF08621


前後ギアデフは同じ硬さ。バネは前後X-GEARソフト。
前後タイヤはホールショット。ヨコモインナー。ホイルは軟らか仕様のタミヤピンク。
DSCF08601


5本位走ったが、マイナートラブルとして犬ボーンが2回外れた。
いつか紛失するのは目に見えているので、次回走行までにユニバは入れる。
DSCF08632


走りは絶好調。「こんなチキをDB01でしたかった♪」とモリ氏と余韻に浸る。
満足感イッパイだった

そしてこの日は2駆と4駆ではなく、初の4駆と4駆の2台体制。
TT-02B@ネオスコ様の登場( ´∀`)ヤルネェ
DSCF08651



それはまた別のお話(´∀`)キガムイタラ?

DB01の泥遊び体制を整えている

すでに泥遊びで復活させているDB01。
復活に際し、色々変更しているがそれは追々( ´∀`)ホントカ?
DSCF0642 - コピー1
DSCF08321


パワーソースは11.5T@リポ仕様。
進角上げて、ギア比上げてなので結構なパワー&スピード。
DSCF08331


で、バッテラ体制。立派なリポケース持ってる。
DSCF08391


割には初期のヨコモとモリ氏からもらったケイポンリポの2本。
ヨコモ様はリフェのようなマイルド感なので実質もらいモノ1本だ。
膨らんだリポを積極的に捨てるとこうなった。
DSCF08401


リポは長持ちするバッテラと思ってはいけない。
軽さがメリットでなくなりつつある泥マシン。最近はニッケル水素でも良いのではと考える。

だけど2本ゲト( ´∀`)オイ
どうせ消耗品で、耐久性に差は無いので一番安いヤツ。
DSCF08381



サニイではホイルベースの短さから良く跳ねる。
芝では即ポキのサスだが、泥なら大丈夫だろう。ちなみに前後ネ。
DSCF08351


タミヤホイルは白&黒とピンク&黄は硬さが全く違う。前者が硬い。
この中間の硬さがヨコモだ。ヨコモが欲しいが最近ホイルは六角ハブが主流でピン方式でない(;´Д`)
DSCF08371


前後ギアデフ仕様だが、オイルだだ漏れ。
せめて少しでも・・・と言うことでOリング変更。
DSCF08361



こんな感じで週末は久々泥遊び♪

DB01とTT-02だって走らせた@ホングウ

2カ月ぶりのドゥルガ@DB01。
緑ラウンド、チャレ緑のレギュが同じで一番規格が統一されている優良マシン。
しかも練習では今だにキット付属のタイヤを使ってる(・∀・)ヨイネ♪
201と相反し青色の少ないこと。
DSCF61511


そんな中、少しは変化をつけてやった。
そうバルドル投入。個性はドゥルガには及ばない。
マシンに対するフィット感は断然のバルドルが上。
空力に大きな差は無いので、好みでどうぞと言う感じ。
DSCF61421


さらに前後ギアデフ投入。今度出るRRには標準装備らしい。
耐久性は上がるけど、メンテナンス頻度は変わらないと思う。
DSCF61491


土の上では即死だったBデフも芝上ではメンテフリーだった。
スルスルの状態が続くので、メンテしたことが無い。
DSCF61501


前後ギアデフにすれば、もっとキレキレのコーナリングになるかと思いきや、
多少曲がるようになったかなと言うレベルだったのは意外。

最終的には後スタビをハードに変更した。前スタビはソフト。
大きな動きの差を感じることは無かったが、この日のベスト18秒6を出した。
チャレ仕様では結構良いタイムらしい。
動きも良いし、走らせていて楽しいマシンだ
DSCF61581



TT-02
急遽モーターを201に移植したため出番が相当減ってしまった。
タミチャレ参戦も当分先になるだろうと言うことで仕様は変わっている。

13.5T@リフェ仕様。ブーストは無いがモーターの進角MAX。
タイヤはハイグリップタイヤのRush。
DSCF61471


レイアウト変更されたコースはコーナーの連続。
タイヤ変更により前足が動き過ぎて毎コーナー危うい。
オイルが前35番、後50番なので、次回は前後同じオイルにしてみようと思う。
DSCF61461


わずか2本で無念のはホングウだけの局地的なモノ。
帰宅したら晴れていたので、隣のパーキングで息子と続きを( ´∀`)スキダナ
DSCF61641


次はホングウのストチャレ仕様にしてみようと思う(・∀・)アソブデ

今度はタミチャレ緑と言うことで

さて、タミチャレ緑が近づいてきたのでホングウヘ。
前日が雨だっただけに、人が一日に集中しPITは満員。
緑コースも終日賑やかだった。
DSCF52442


TRF201とDB01。ともに10.5T@Lifeのチャレ仕様。
グリップ剤が塗れないからシンプルなPit。
そう、息子のヤツが無ければ( ´∀`)ゴチャゴチャス
DSCF52231


で、ゼロコース初の20スタンプ到達者まで後1つ。
くれぐれもオリジナルグッズは求めてない♪
しかし、これだけ半年で来てれば上手くもなるわ。
BlogPaint


コースに誰かいる限りプロポを握り続ける息子は4回壊しますた。
自分のPit時間3分の1はその修理でつ(;´Д`)ツライス

中でも痛かったのはバック付きブラシアンプがいよいよ逝ったこと。
次のレースも540縛りだと思うから・・・ 
その手のアンプいるよなぁ(;´Д`)ドウスンダヨ
DSCF52392
DSCF52261


DB01@4WD
前回の練習からバネはそのままだがオイルは前50番・後60番と硬め。
ジャンプ後のリアの底付きが気になったので車高は前20mm・後23mm
後のみスタビ@ソフトを付けた。
DSCF52311
DSCF52321


慣れてきたこともあり、1本目から良く走る。
ベスト19秒6

ボディもテスト。古のバルドルも比較のため使ってみた。
バルドルの方が曲がる一方、ハイサイトしやすい。
何度か比較してみたが緑コースではタイム差が出ない。
DSCF52331
DSCF52341


タミヤリフェではガタが多すぎるのでスポンジ対応。
DSCF52471


ボディが閉じ切れない方が逆に放熱性が良いドゥルガ。
DSCF52481


そう、暑さゆえコネクタが溶けて外れた苦い記憶。
DSCF52491



何本か走らせたが、リアの底付きによる乾いた音がホングウの森に木霊する。
で、後オイルを70番に変更。
結果、動きはそのままで改善された。

グリップが高かったので前スタビソフトも付けた。
少し切り返しがダルになる。

ダルな動きの原因の1つとして附属サーボセイバーがトルク負けを感じる。
ダイレクト・・・してみたいけど少し恐いな。
DSCF52421
DSCF52462


19秒5をベストに一日が終わろうとしていた。
夕方になり路面も下がっていた。
何故か19秒3に更新( ´∀`)ナゾハフカマル
今までグリップし過ぎてたのか・・・



TRF201@2WD
タミグラでアスファルト上を走った時に効果のあった後リバウンド詰め。
グリップの高い芝上でも同じだと思い同じ仕様。

結果、今までとまるで違う走らせやすさ(・∀・)
リアが粘ってアンダー出してたのが早めに抜けてくれる。
それが巻くと言うところまでいかないので良い感じ。
DSCF52351


リアバネはDF03用ソフト。TRF501よりもソフトでも腰がある。
前はTRF201用ソフト。前バネは変更して良かったこと無いので。
DSCF52361
DSCF52371


良く走るので、転びにくく扱い易い方向を目指した。
オイルは前30番・後70番
跳ねを減らしつつサスを動かすため、後ダンパーのサス側は内側。

90番でサス側を中、内も試したが、中ではリアがどっしりし過ぎ、内なら好結果。
まだ、動かしても良いと思った結果70番に落ち着いた。

リアを硬くしていくと前がロールし過ぎ引っ掛かり感が出る。
201は前を動かさないと全く走らないので、前を安定させるのが難しい。

今回、前Iアーム伸ばしたが結果、引っかかりが減りタイムが伸びた。
1本だけだが19秒台入りもした。たぶんレースでは出せないだろう( ´∀`)ピークス
DSCF52411


新品ボディも控えているので、サンドさんを1日使った。
DSCF52511


モデルサイクルが早い昨今のラヂ事情の中、
3年諦めずに活躍しているTRF201&再登場のDB01。
長く使うと愛着が沸くものだと感じた週末のラヂだった(´∀`)ダイジニナ
DSCF52501
Thanks♪
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
月別記事
最新コメント
記事検索
タグ絞り込み