TRF201 211 XR XM

ヒルトップで親子ラヂ@今年初の泥遊び

関東ラヂシリーズ第3弾はヒルトップ@川崎市
街なかから、とんでもない道を潜り抜けていくと見つかる秘境だ。

店らしきところで、定額大人2千、小人1千払って遊びまつ。
雰囲気も遊んでいる人もサニイ風味。とても懐かしス。
DSCF5376
DSCF5370


自宅で生活していないので、ラヂは車に積んだまま。
そう、谷田部アリーナの後始末からスタート(; ̄Д ̄)フウ
我が211XMから始まり201に続き、TT-02Bは@パーツが無く出走不能。
何かと共有部品のあるTRF201@10.5T息子、TRF211XM@10.5T自分。共にリポ仕様。
DSCF5366
DSCF5368
DSCF5372
DSCF5374
DSCF5375


タイヤは2台とも前プロラインのリブ、後ホールショットM3。他に持っていない( ´∀`)オイ
201@10.5Tリポ仕様はタミヤアンプにつき、立ち上がりが不自然で扱いにくい。
難しい状況だが息子には頑張ってもらった。
DSCF5367
DSCF5369


凹凸の少ないコースで、巻きやすかったり、曲げたりしたいところは、
芝やカーペットがありリズム良く走らせられる。
横に広いサーキットなので、ストレートを全開で走らせられるので爽快感は十分。
DSCF5380


全開で突っ込むS字は漢が試された。
息子はとんでも無いスピードで突っ込み・・・曲がり切れない(′∀`)ハイハイ
DSCF5382
DSCF5383


バックストレート全開後はフルブレーキ。ステア切ってないので巻かない。
ここは上手く走れた。息子は全開でコースオーバーしてたけど(′∀`)コワサニャヨイヨイ
DSCF5385


2連ジャンプ後が着地前にステア切りやすい巻きポイント。
チキもここが勝負所となる。上手くいくとスゴク差がつく。
DSCF5389


2連は楽に越えられるが、跳び過ぎると次がね。
たまにバックストレートに戻ってしまうときは嫌な汗が
DSCF5388


バックストレート立ち上がりは、ステア切らなければ最速。
左手にあるタイヤがいやらしいが、気にせず突っ込んだ。
DSCF5384



息子は、「そのスピードでどう曲がる?」を繰り返していたが、
壊さなかったので自由に走ってもらった。
自分のマシンを拾いに行くより、息子のマシンを拾いにいくことはもう慣れた(′∀`)ヨ
DSCF5387
DSCF5386


ここでもBlog見てまつ、息子さん元気そうで良かったでつ。と、応援いただき遊んでもらえた。
自分のことより嬉しい。関東泥遊びの部も無事進出(′∀`)ハイハイ
DSCF5377



TRF211XM
途中、後オイル35⇒30番に変更したら、腰砕け感が出て走りが悪くなったが、
サニイで走っていた時と同じ感じで、全体通して良く走れた。

終日、親子でトラブルも無く、コース上の人たちとイッパイ遊んでもらえてスゴク楽しめた。
また来たいなココは。
DSCF5390



移動距離は少ないが、移動時間がハンパ無い関東でのラヂ。
田舎者の自分にとっては厳しいラヂ環境。

でも、コースはどれも楽しいし、迎えてくれる人も良い人が多い。
関東でのラヂは本意で無い一面もあるが、これも人生、イパイ遊びまつ(・∀・)ヨ

谷田部アリーナで親子ラヂ@幾年ぶりの芝遊び

体力も回復し、横浜で体を動かし続けた週末。
DSCF5410


一方、息子の医療体制を整えるためにつくば市へ。
自分の希望が通り、もはや息子の治療は国家事業でつ マァガンバリマツ
DSCF5322
DSCF5323


で、閉店3時間前にたどり着いたのは、つくば市の谷田部アリーナ。
オン・オフが屋内にある日本最大の競技用RCコース。
来ている人も、半分以上は「お仕事でつか?」みたいな人が多かった。
DSCF5332
DSCF5333



TT-02B@スポチュン、TRF201@10.5T、TRF211XM@10.5Tの3台体制。
まさか今年初のオフ遊びがこの体制でココかと。人間万事塞翁が馬でつ。
DSCF5334


さあ、ヨコモの聖地に全タミヤで挑戦( ´∀`)ハイハイ
さすがヨコモの聖地、タミヤのオフマシンのパーツの販売は皆無。
店があるのに続サバイバル感(; ̄Д ̄)フウ・・
DSCF5347



「サーカスやるの?」って感じのレイアウト。さすが競技用に特化している。
息子だけでなく、自分もメッサ壊しそうでつ。
DSCF5335
DSCF5361
DSCF5362


で、1日遊ぶタイヤはシューマッカーらしいが、短時間で遊ぶには高額。
ホングウで実績のある、そして在庫を抱える羽目になったタミヤKタイヤで遊ぶ。
前Kタイヤが無かったので、同じく在庫抱える羽目となったタミヤリブ@ノーマルでスタート

WD40塗れば何とかと思っていたが、グリップ剤が使えない。結果、半端ないアンダー。
手持ちの硬めコンパウンドのタイヤに変更したら少し曲がるようになった。

ただ、根本的にアンダーは解決されないので、タミヤで遊ぶなら前もKタイヤが吉。
しっかり走りたいなら、店で売ってる軟らかいピンタイヤを手に入れるしかない。
DSCF5345
DSCF5363




一発目早々に離脱するTT-02B。スペア持って無いので終了。
からのTRF201。も一発目から続く。
短時間で考えられない光景が続き、自分が出走できない(; ̄Д ̄)ジカンナイノニ・・
DSCF5336
DSCF5339
DSCF5344
DSCF5341


タミヤリブ仕様の201も酷いアンダーだったので、TT-02Bのタイヤを前につけた。
DSCF5364


遊べるくらいには曲がるようになったらしく、2本目からはトラブル無く閉店まで走りきれた。
自分も大ジャンプで、「高額バスタブ折れたか・・・?」を何度も経験したが、
最後にダンパー外れるまで、無事走りきった。
DSCF5359
DSCF5365
DSCF5342



次回来るときは、オン・オフ共に遊びたいでつ( ´∀`)クルノカナァ・・

TRF201とB-MAX4直してサニイで泥遊び

たまに本気出す娘を発見出来た、生活発表会。本気は一瞬だったけど( ´∀`)オイ
運動場に出てみたら、鬼ごっこで転んでケガした息子が唸ってた(;´Д`)ハァ
DSCF4330


そんな昼下がりはサニイで泥遊び( ゚∀゚)イツモナ
この時期は日没が半端無く早いので、時間との闘い
DSCF4376


修理連発で辛かったが、手持ちパーツで復活したTRF201とB-MAX4。
DSCF4377


お古だがバスタブ交換。タイヤは他に比べれば多少エコなタミヤC。
4駆はタイヤの前後バランスさえズレなければ十分遊べる。
DSCF4380


見たことない壊れ方したTRF201も、結局交換したのは後ダンパーステイのみ。
長くやってるので、それくらいのスペアは持ってる(´∀`)サスガニナ
DSCF4378
DSCF4381


前バネをタミヤソフトからX-GEARピンクに変更。
跳ねは相変わらずだったが、軟らかくてグリップが逃げるので扱いやすかった。
DSCF4382


雨上がりで締まった路面は、いつも以上に凹凸が硬い。
路面管理を誰もしないサニイらしさ全開でつ。
DSCF4383
DSCF4386
DSCF4387


チキりたい息子の要求に応えてくれる方が多くて助かる.。゚+.(・∀・)゚+.゚
DSCF4388


娘の「ヨーイドン」で、たくさんレースっぽいチキもした。
B-MAX4はタミヤタイヤでも扱いやすく、息子はかなりの安定感で何度かトップ。
我が201も、凹凸に引っ掛かること多めだったがチキを楽しめた。
DSCF4390
DSCF4394


201も復活もあり、泥遊びがもっとテキトーな頃を思い出すことができ、楽しいチキだった(・∀・)

BBQラヂに参加してきた@11月

好天の中、とっさんグループのBBQラヂに家族総出で参加@今年3発目。
1発目@5月
2発目@6月
DSCF4268
DSCF4269


今回はオフロード。
一度経験しているだけでも、前回のラインやグリップ感を覚えている。忘れないものだネ。
DSCF4288


親子で2台ずつ。
自分:TRF201@8.5T、DT-02@23T
息子:B-MAX4@18T、B-MAX2@21.5T
まぁ何だな。どちらのメーカーがタフなのか一目瞭然でつネ(;´Д`)カナシ
DSCF4261


サニイでTRF211のホイルアクスルが折れ、TRF201が必然的に登場。
リフェを使おうと準備してきたが、Gフォース120Aは対応していなかった
急遽リポ仕様のオーバーパワーにつき、前回みたいなフルスロットルが出来なかった。
一方で、ボウタイ様は好グリップ。
DSCF4272


息子以外はタミヤ車ばっかりだった気がス。
DSCF4289


ジャンプが数センチの差で左右にそれる。
左に行けば良いが、右に行くと「柱有りーの。」で、大変なことになりまつ(; ̄Д ̄)ドキドキデスゼ
DSCF4305


M浦クン&祇イ気鵑領哨戰謄薀鵑法B-MAX4のパーツをイパイ供給してもらった。
これで1年は遊べるとメンテしますた。
DSCF4259


が、心配していたジャンプを思い切り良く跳んだのでしょう(;´Д`)ミテナイケド
1本目からやってくれた親不孝。
腹が立ったが、パワーソースの選択ミスだったと、自分に言い聞かせた朝一の出来事( ´∀`)オトナダナ
DSCF4299


持ち込んだDVDが今回もフル稼働。
DSCF4271


早々の出番となったB-MAX2@21.5Tリポ仕様。
1日もつか心配だったが、終日ノントラブルだった。
後タイヤは普段使わないキャリバーが好グリップ。
DSCF4309


バックストレート手前は、よく小石に乗って巻くという珍しいパターンがココは常。
DSCF4279


オヂさん達と戯れる息子。
後から思い返すと、ジャイロ使わなければ良かったな。と思うくらいアンダー出してた。
DSCF4318
DSCF4319


お花取れました( ´∀`)ハイハイ
DSCF4315


最終パック。壊れることを恐れちゃダメだと、ストレートのジャンプを跳びまくった。
もうネ、決まった時は圧倒的速さでストレートエンドを駆け抜けていく。

そして初めての逝き方を経験してしまった。そう、後ダンパーステイ折れた(゚ロ゚;)エェッ
ココ折れるんでつね・・・
DSCF4323
DSCF4324


息子は休むこと無く遊び倒し、娘は気づいた頃には爆睡してた。
DSCF4326



今回も皆さんのおかげで、とても賑やかで楽しい時間を過ごすことができた(・∀・)アリガトネ♪

TRF201とDT-02が舞い戻る

さて、オフロードと言うヤツの良いところ。
モデルサイクルそれなりに長かったり、舞い戻ったりする。そんな話(・∀・)ダヨ
DSCF3948


まず最新の211。この先もこのマシンと共に歩んで行くことは間違い無い。
DSCF3969


ダンパーキャップの小Oリングは問題あり。
潰れてオイルダダ漏れは、よくある光景。ゴム系ボンドで穴埋めてまつ。
DSCF3970


とりあえず再度手に入れたGフォース90Aを搭載させた息子のB-MAX2MR。
「定価の60%で買えますヨ。」の制度保証だが、短期間で壊れなければ良い制度だよね。
自分は、かなり短期間で燃えたけどネ・・・
DSCF3972



TRF201無印復活
まず211よりXRの方が確実に走るコースは、掛川だけだった。
静岡、サニイ、K藤の3カ所では、211の方が上。パワー系が抑えられたクラスは特に。

一方、201無印の方がXRより走るコースは・・・ 思いつかない(; ̄Д ̄)オイ
201XRと211の2枚看板で泥遊びを続けようと思っていた。

が、前回のレースを見て、「201無印カコイイ。」と、走りやシルエット見て思ってしまった。
ソレって大事な要素だなと思い、走りは後から考えるとして201無印復活でつ。
DSCF3977


アンプは211と同じGフォース。これだけアンプを統一させてしまうと後に引けない。
モーターはヨコモ8.5T。結構、本気仕様でつ。
DSCF3978


最終パックは、前リブ、後ボウタイでフルグリップ。
ジャンプはどんな体制からも軽々超えちゃう。良く走ってくれて幸先良い(・∀・)
DSCF3980



そして、こちらも復活はDT-02。もう数えきれないほどの復活劇だ。
見ているか?デザゲワークス( ´∀`)ヤンナイダロナ
DSCF3973


540@リポ仕様で、前リブ&後ホールショットの定番。
とにかくアンダーが激しかった。もともとそんなマシンだな。
DSCF3974


息子のB-MAX2@21.5Tとチキ。オイルを前後軟らかくしたので良く走ること。
一発勝負だと勝てないが、総合力で毎回勝利 (´▽`)ナニヤッテル?
DSCF3985


前後をX-GEARピンクバネに代えたら動きは良くなった。
もう少し曲がってくれるとココでは化けそうな予感。
DSCF3981


毎回、娘のよーいドン!でスタート。
マシンと言い、遊びかと言い、タイムスリップした感覚に・・・
DSCF3987


また来るときは2台で良いな(′∀`)ホントカ
Thanks♪
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
月別記事
最新コメント
記事検索
タグ絞り込み