B-MAX2 MR

B-MAX2MRで毎コーナー呼吸が止まった泥遊び

GW後半にはタミヤGP参戦の予定。
エントリイ数が多くてWエントリイから1エントリイに絞られた。
息子の初参戦でなければ早々に辞退だが悩むわ(´∀`)アルイミwダカラ
DSCF501112


とりあえずサニイへ。息子用のTA05。これに540を載せる。
さすが最強04足。ボディは即死だったが無事だった。
DSCF50161


付き合いで自分はTA06。
先週は16T@Lifeと言うナルい仕様だったが、13.5Tブースト仕様。
前をリジッドにして、タイヤも古のラッシュを使った。

リアが軽いが思った以上に走ったのは意外だった。
刺激的で面白い。少し続けてみようと思う。
DSCF50141



で、標準ダンパーを付け替えたB-MAX2MR。
オイルは前後30番。後タイヤは一日ボウタイ様で通した。
DSCF50211


砂浮き気味路面ではミッドは相当苦しいことを今回は痛感。
ストレート立上がりが毎周賭けみたいなものになる。
そう、ステアを切らない時だけ巻かない(´∀`*)ハードダナ・・
DSCF50221
DSCF50201


モリ氏のRRのB-MAX2を操縦させてもらうと戻りたい気持ちが・・・
立ち上がりで握れない短所>曲げやすい長所。かな。
DSCF50241


相変わらずマタリとしたメンツとの泥遊びで癒された(・∀・)イイネ

B-MAX2MRで初めての泥遊びを満喫した

泥に帰って来た週末は息子とサニイ。
そう、B-MAX2MR初めての泥遊び。

そもそもリアグリップ確保が難しい2駆でミッドとは?
との思いはあるが、興味が常々あった。
DSCF48641


セットは芝とは全く違う。
まずキット標準が基本( ´∀`)キホンネ

芝との違い
リアトー 3度⇒4度
車高 前後20ミリ⇒24ミリ
オイル 前後90番⇒30番
ダンパー位置 全立て⇒全寝かせ。

モーターは同じ9.5Tだがブーストやタイミングを大幅に下げた。
オイルダンパーはキットのビッグボアではなく信頼のRB5用。
バネはX-GEARピンク。
これだけでも、いかに路面が違うか分かる。
DSCF48651
DSCF48682


タイヤは前4リブ、後グースバンプで走ってみる。
通常、アンダーな味付けの2駆が良く曲がる。
結果、余りスロットルを握らなくてもコーナーを抜けていくので、
リアは軽いが巻かずにいられる。想定内の動きだ。
DSCF48691

RRのB-MAX2はリアグリップが高いがロールがぎこちなかった。
MRはロールがスムーズで爽快感がある。
ここまでは良い感じだが、ジャンプのスピードが遅い。
フワんと上がってなかなか落ちてこない感じ。何でだろう?



息子用のRB5@11.5Tにリポ仕様は、当然スピード規制あり(´▽`)50%ホド
途中からD4用のダンパーに変更したら良く走る。
今や型落ちだがDT-02とは比較にならない( ゚∀゚)トウゼンカ
DSCF48731


120Aとスペック十分のバッタ品が快調そのもの。
ただバックの設定が無いのは痛いので設定変更しないといけない。
DSCF48741


ドゥルガワークス弐号機が良く分からん仕様に(´∀`)ヤリスギ
8.5Tまでは耐えられるらしい。
ダンパー見るだけで勝てる気がしない。
DSCF48661
DSCF48671


RB6&5、デュラ、アソシとチキしたB-MAX2MR。
しかし2駆の選択肢も増えたもんだね。
DSCF48711
DSCF48721


最終的にリアをボウタイ様にしたら良く走った。
予想より良く走ってくれて楽しめた泥遊びだった

ドゥルガが再発進した件について

新規開拓は今年4度目のイチゴ狩りin田原。
ベテランなので入った瞬間に美味く無いハウスは分かりまつ。
残念、その典型的なパターン。実も葉も多すぎ(;´Д`)チッ
チビ達は美味いと満足していたのは救い。
DSCF47361


3ヵ月しか経ってないけどお伊勢さんにも。
食べ歩き好きには、おかげ横丁最強。
息子はお気に入りのお姉さんからお菓子貰ってた(; ̄Д ̄)ナゼデキル?
DSCF47871


で、今回は3時間コース。B-MAX2MRとDB01。
モデル末期だろうDB01を今さらですよ( ´∀`)ベツニイイダロ?
DSCF47891
DSCF47901


タミヤアンプに10.5Tの緩い仕様でヌルく遊ぶ。チャレ緑用とも言う。
サーボは輸入のバッタもん。ただスペックはSAVOXと同じ。
DSCF47921


失敗したのはモーターの配線。ボディに干渉してまつ(; ̄Д ̄)マヂカ
設計古いから今時のパワーソースに対応してない。
DSCF47931
DSCF47911


他にも持っているけど、OPはサスボールだけ入れた。
CVAダンパーの欠点は車高が下がらないところ。
標準バネも長いから限界あるが、標準のダンパー位置だと後の車高は25ミリ。
DSCF47941


ダンパーの位置だけ変更して4本テスト。
前後サスアーム側は外へ変更。
後ダンパー位置は一段寝かすと腰砕け感があった。
オイル硬くか標準位置が良いな。
DSCF48031


前の車高はスペーサ無しなら20ミリ程度に下げられる。
車高だけ後に合わせて変更してみた。
そもそも前後スペーサ無しのダンパーにすると
前21ミリ、後25ミリになる設計ってどうなのヨ( ̄ロ ̄!)ワカランゼ
DSCF47951


毎回リアグリップの薄さが気になったが良く走れたと思う。
ユルさもあってトラブルゼロ。次回もこの仕様で遊んでみようと思う。

トラブルゼロはF103GTも同じ。あのクラッシュの嵐の中・・・偉大だ。
DSCF47981


少しだけ走らせたB-MAX2MR。だぶんアイドラギアが逝った。
結構、耐久性はあったと思う。これは仕方ない。

一方、ギアデフが一日で3回逝ったと噂のモリ氏。ギア代だけで4K近くだ。
そんなものヨコモに送ってしまえと。
DSCF48001


さて、またギアボックス開けてみるか(´Д`)テマデツ

緑ラウンドin天下統一に参戦してきた

オフレースだがラジマガがコラボしてきたので凄い参加者。
内容は限定的に( ´∀`)オトナデスカラ
DSCF46731
DSCF46711


ネオ二駆とタミ戦に参戦。
B-MAX2MRの初陣と久々TRF201の出撃となる。
DSCF46681


1番人気はネオ二駆。エントリイも50名弱と抜けている。
後タイヤ以外はレギュフリーなのでLAPも相当な差がつく。

9.5Tちょいブースト仕様。
伸びは抜群で扱い易いがトルク不足が気になりだした。
6.5〜7.5Tが主流なので当然だが今回は変更なし。
DSCF46761


で、前日の練習でギアデフが1本目でまた逝った(゚д゚;)
オイルが軟いのも悪かったが、そもそも耐久性が問題。
ギア同士の掛かりが浅いと言うのも気になる噂だ。
買ってられないのでBデフ仕様に戻した(; ̄Д ̄)イミナイゼ

前タイヤを新品にしたので少しリアが軽くなった。
粘らせるため後Iアームの内側を2ミリ上げた。
DSCF46741


ハイスピードなレースは久し振りなことに加え、跳ぶと言う不確定要素がある。
結果、予想以上にチキンな走りに終始した1本目。
チキンにも関わらず良く転びますぜ(; ̄Д ̄)イミナイゼ

LAPも18秒中盤と不本意な結果に終わったので、何をしに来たのか再確認。
当然、「気持良く跳びに来た。」
当り前のことだが確認は必要だ。

特に変更も無く方針だけ決めた2本目。
転ぶ数は多かったが大ミスがない。
結果、周回が10秒以上良くなった。Bestも18秒1まで上がる。
練習でもまとめて走れたことが無いので頑張った方だ。
DSCF47091


B-MAX2MRでキレキレの速さはツボ様。
「セッティング?バランスだけとってる。」と言うだけあってウエイトの山。

前中心に100g以上盛ってる。走らせながら増やしていったらこうなったらしい。
よっぽど曲げたい人なんすね。
DSCF46861
DSCF46871
DSCF46851



決勝前、ノリ様に前で引っ掛かったような動きと指摘される。
リアが粘り過ぎて曲がらないから引っ掛けて曲げていたが、
リアが軽くなり曲がると言う理由でIアーム内側を1ミリ下げた。
DSCF47151


過去に前Iアーム下のスペーサを減らして動かすことで
曲げようとしたら逆にアンダーになった経験がある。

逆にスペーサを入れて踏ん張らせた方が曲がることもあるらしい。
よって1ミリ上げた。たったこれだけのことで全体のバランスが良くなった。
DSCF47261

絡み倒しの序盤は沈んだが、良く走るので自爆が全く無い。
とても気分良く走れた決勝だった。

「ホントにバランス良くなったのか?」と、レース後チキしたが良く走る(・∀・)キタ!
シャーシを最後に折ったけど(;´Д`)オイ
250303g11
DSCF46931
DSCF46961
DSCF46971
DSCF46991
DSCF47041
DSCF47101
DSCF47131



タミ戦
タミヤなら自由で10.5T@リポまでOKとわりと自由なレギュ。
予想よりエントリイが多く盛り上がりをみせた。

当日までWD40が使えるものだと思っていたが使えないことを知る。
4駆と差が少ないのはWD40が前提なので結構イタイ。

仕方無いので前リブ仕様からKタイヤ仕様へ変更。
前サーボ上に25g、ショートリポ前寄りにした。曲がれと。
前の動きは良くなったが腰砕け感があった。
DSCF46771
DSCF46781
DSCF46791


少しでも後が踏ん張れと、後車高を1ミリ上げた。
これでも腰砕け感は減り安定感が増した。
DSCF47221
250303a1


R2からボディをサンドバイパーに変更。安定感が増した。
決勝後にダンパーステイが割れかけていたことを知るが事なきを得た。
DSCF47001
DSCF47281


初開催から全力疾走した感のある緑ラウンド。
自分が予想していた以上に楽しめたレースで良かった

B-MAX2MRトラブルシューティングとか

休日の公園。

小学生の女の子五人組の中に飛び込んで行き、
あれよあれよで輪の中心となりご満悦の息子。

自分の人生ではそんな経験の記憶は無い。。
うらやましいキャラだ(′∀`)
DSCF46241
DSCF46281


で、芝を一日走り終えたB-MAX2MR。
DSCF46331


まずはごくらくウイング死亡のお知らせ。寿命一日す
DSCF46341


キットのホイルピンは中空の割れピン。
とにかく強度が弱い。結構な頻度で割れる。
こんなトラブルで時間が潰れるのはホントつまらん。
高級ピンに変更。タミヤより細いので流用出来ないす。
DSCF46371
DSCF46411


ギアデフ逝った。パッと見分からないが確かに逝った。
これまたギアの高価なこと(;´Д`)カンベン・・・
DSCF46491


スリッパーのネジ頭が出る高さは説明書にある1.5-2.0ミリの範囲で1.7ミリだった。
とりあえずチキンスタートの1.2ミリから次回は試してみる。
DSCF46521


ダイレクトにするとネジの良く緩むこと。
芝では説明書より長いビスを使わないとダメだと思う。
大丈夫なのか?と言うくらい長いビス入れてまつ。
DSCF46651


これは何かと訪ねたら・・・
DSCF46381


バッテラ前置き仕様のスポンジでつ。
こっちの方が曲がりが素直だった。
DSCF46391


セットはノリさまを少し真似てみた。
ダンパーおっ立ち、オイル硬め仕様。結構普通に走りまつ。
DSCF46641
DSCF46631


ウイング交換、ダンパーオイル補充で出撃体制が整ったB-MAX2MR。
週末は土曜の午後から束の間の独身生活となる。
つまりは土曜午後に芝遊び。日曜は芝レースとなる。
だから雨や雪は降らないでほしいス。
DSCF46661




ちなみに3月中旬にはDB01。別名ドゥルガが再登場しまつ。
そう、ノーマルからスタートしまつ。
DSCF46321
DSCF46601


3月は芝に入り浸りの予感。
Thanks♪
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
月別記事
最新コメント
記事検索
タグ絞り込み