タミチャレ OFF

バキちゃれ2013参戦日記@ホングウ3月

3月の芝シリーズ第2戦のタミチャレ緑に参戦。
TRF201@2WD、DB01@4WDの2つ。
DSCF48301
DSCF48341
DSCF48371


タイスケに余裕があったので、初めて息子をレースに同伴。
最近は「競争したい。」が口癖で、今回もプロポ握りまくり。
親子初参戦も遠くないと思う。
DSCF48321


DB01@ドゥルガ
前回の練習で早々にギアボックスを破損したドゥルガ。
過去の経験から1番か2番目に必要だと思うOP投入。
DSCF48281

そう前ユニバ。ノーマルはステアを切ると震動が半端無い。
引っ掛かってステアが全開してないことも分かる。

ユニバは2種類出ているが、迷い無く後発の良く切れるWOって言うやつ。
ステアが切れるし、振動は激減りするしで効果の大きいOP。
芝上で必ず欲しいOPはこれ位ぢあないかと思う。
モデル末期なので後はコレクター気分で集めるかどうか(´▽`)スキニシロ
DSCF48441


さてユニバも投入し、当日の練習走行。
1本目の4〜5周目に後タンパーステイとハブが逝った。
ちょっと信じられない朝一の光景だ(( ;゚д゚)ゲンジツナノカ・・
DSCF48331


まずは一日跳びまくるために、必要なスペアが補給可能か確認。
で、問題無いことが確認出来たので結構な修理に入る。

時間は十分あると思いきや、悪天候の恐れからスケジュールが押してる。
朝から勝手に忙しい・・・


修理に翻弄されたが無事出走。
R1:路面が悪く大ジャンプが危うい&リア軽い。
DSCF48411
DSCF48491


気温が予想より低く接地感が無かったので、
前後ダンパーステイ側の位置を変更し、Iアームを短くした。
DSCF48471
DSCF48481


R2:路面が上がり大ジャンプ楽々&リア軽い。
接地感が少し上がったのはセットでは無く路面温度だと思う。
練習時の速さは再現出来なかったが納得の予選だった。

結果TQ獲得。大ジャンプを跳び切れない201は2番手。
決勝はスタート直後のジャンプで横転し最下位スタート(;´Д`)マタ
DSCF48571


追い上げようにも路面温度が下がり、またもリアの軽さが際立つ。
ミスこそ無かったが、トップK井氏の背中は近づかず2位で終わる。
BlogPaint


レース後の練習では更にリアが軽くなった。
クリーム氏も同様なので、標準セットで芝上はそうゆうことだ。
遊び甲斐を残してドゥルガ遊びは終わった。



DSCF48451
DSCF48461



2WD@TRF201
大ジャンプを跳び越える。最大の課題をクリアしないまま向かえた当日。
DSCF48391
DSCF48401


練習でも飛距離が足りない。
R1で大ジャンプを初回から失敗したので全てを2回跳び。
納得出来ないが、その他は問題なく暫定TQ。

が、クリーム氏だけが余りある飛距離を見せつける。
跳ぶと言う最大の魅力を完全に奪われた形だ。
BlogPaint
DSCF48531


で、路面の上がったR2は跳んでみた。
結果、全てテーブルトップに引っ掛かり失敗する(´Д⊂)
クリーム氏はほぼノーミスで跳ぶ。

決勝に向けて、跳び抜くことにだけ集中した。
クリーム氏のマシンをチェック。普通だが前足が同じバネでも硬い。
DSCF48621
DSCF48631


車高:前後23ミリ。自分より3ミリ高い。自分は引っ掛かっているのか?
セット変更を大幅にする時間は無いので車高だけ同じにしてみた。
DSCF48541


伸びない
高さ25ミリにしても伸びない。サスの沈み込みは予想以上だ。
ダンパー位置をサス側外にして硬めた。
DSCF48561


伸びた
だが成功確率3割位だ(´Д`)オイ

そのまま決勝。
なぜか今度は序盤からトップに立つ。

が、ミスで抜かれる。
伸びた飛距離を信じて跳ぶ。
連続して成功。追いつく(・∀・)キタ!
BlogPaint
BlogPaint


正直、確率からして続くわけ無い。
その後は失敗の連続( ´∀`)ヨソウドオリ・・

結局、大ジャンプを越えられるようになったK名選手に
大差をつけられ2位で終了。
BlogPaint
250324q11

泥遊びでも苦労した201の飛距離問題。
芝でも経験するとは思わなかった。

残念ながらVは両方逃したが緊張感があって楽しめた。
芝レースは余裕が無いから他の選手よりも自分との戦いだな。

さて芝シリーズも無事終わった。
次は泥とかオンとかだな(・∀・)ヤルデ

バギちゃれ2012参戦日記@ホングウ8月

今夏は外出多め。で、プチ遠征の岐阜満喫は、
郡上で水遊びし、高山でリスと戯れ、奥飛騨で温泉って感じ。昭和村もか(´▽`)
DSCF31942
DSCF32181


さて2回目の参戦となるバギちゃれ。
流れもや雰囲気も分かったので3エントリイ( ´∀`)
DT-02、2WD@TRF201、楽ラリー@TA05。
ローテが早く、予選3連続走行は未知の体験だった。
DSCF31021
DSCF309611
DSCF30932


DT-02
楽ラリーとの2枚看板のクラス。共に20名弱と盛り上がっている。
スタートは前赤・後青バネスタートも、後ろ突っ張り過ぎで動きが重い。
バネを前後黄としたが、パワーが無いからフルグリップする。
エアレーションダンパーは動きが重くなるから、ダイアフラムダンパーで良いな。
DSCF31051

モーターのコネクタ外れ対策をした結果、コネクタすら外れたR1(´Д⊂)ウラメ・・
一発目からして後が無くなるなヨ・・・
DSCF31151

3組に分かれた予選ヒートも事実上の決勝となってたR2同組。
一回転ぶとBメイン行きになってしまうので慎重にならざるを得ない。
とにかくチキンにまとめ4位で決勝。
グリップ過多により、途中からパワーダウンし過ぎる感がある。
DSCF31201
DSCF31111

より反応を上げグリップを軽くさせるため、バネを軟らかくした。前・標準、後・赤。
変更がそれ位しか出来ないところが、良い点でも飽きる点でもある(´∀`)ワガママ?
DSCF31301
BlogPaint

結局、大して動き変わらず(;´Д`)
そんな中の決勝は、無難にまとめ3位表彰台
とにかくLAPは遅くて大変な追い上げをくらったものだ。
BlogPaint

これで全コース人工芝になったとしたら、パワー不足も甚だしい気がする。
まぁロースピードのお遊びクラスは一つでいいかな。


2WD
相変わらず練習からして一番楽しいTRF201。
この先のメインマシンに返り咲く可能性を残している。
DSCF310311

さすがにすり減り切ったKタイヤだとグリップが悪い。
レースで安定して走るとなると新品を少し使い込んだモノの方が良い。
DSCF31181

予選ではトップを走っていても芝につつみ込まれたり、
R2では良く分からない横転したりで流れが悪い。

TQ選手のBestだけがズバ抜けていて後は団子の様相。
DT-02に続き4番手スタートなので、順位を上げるためセット変更。
DSCF31271

バネをキット標準に戻した( ´∀`)ショシンニ・・・
後ろの突っ張り感がなくなり安定走行した決勝。

最終コーナーでトップに追い付く
が、微妙なショートカットして抜いてしまったので2位表彰台
2戦連続V逸だが、緊張感があり最後まで楽しめた。

スピード域高めなので、グリップが高くても波乱となる。
それがオフロードの良さであり切なさでもある(´▽`)デキレバ、ヨサダケデ・・

DSCF31171


楽ラリー
結構な人気でも初エントリイ。指定タイヤのグリップがいかにも低そう。
で、赤バネでロールさせる方向へ。ダンパーも寝かせ気味。
前後デフ。アッカーマンも減らした。
DSCF30941
DSCF31091

リアをスライドさせながらコントロールすることが、このクラスの方程式。
多分に漏れず、相当滑らせながらのコーナリングだったのでR1は上手く走れず。
DSCF31161
DSCF31241

R2では更に前ダンパーを寝かせ一番内側へ。
スライドは減るものの、危うい動きを何度もさらしながらのTQ(´▽`)ヤルナ♪
DSCF31191
DSCF31261

今回の一発勝負で掛川への代表権がかかる決勝は、無風のスタートを切りV
XVやらDF相手ならTA05の基本スペックが高いので当たり前な気もする。
DSCF31281
BlogPaint

掛川はダート以外は低スペックのXV01ワンメイクらしい・・・
そう、残念ながら辞退させて頂いた( ´∀`)キツイッショ?


決勝に向けて変更したことが多く時間との闘いで、終わった後はグッタリ
ただ、久しぶりの全エントリイ表彰台入りした。
DSCF313511

こうゆう充実したグッタリは今後も歓迎だ(・∀・)タノシ♪

バギちゃれ2012参戦日記@ホングウ6月

2週続けてのホングウのイベントへ。
最近、続けてのレースは気力が持たないので避けているが、
ユルい走行会みたいなものだったので行ったろうと。

そう、丘の上でジャンプ@バギちゃれ。
特設だが跳び台の規模は日本有数(´∀`)タブンナ
DSCF264111
DSCF264311
DSCF264411

久々登場はDT-02。
タミヤのTRF201の見捨てぶりから再び脚光を浴びている現実。
今月はタミグラにも出撃計画もあり結構な勢いだ(・∀・)デンチカリマスタ
DSCF263711
DSCF265111


前後Kタイヤ。
標準バネ。エアレーションにはオイル40&30。
ダンパー位置サスアーム側は前後外。
GTtuneで19枚とホリデイさんでも十分走れるスピード。
DSCF263611

ハイサイトするコーナーもあったが不満はない。
ユルさ炸裂なので決勝までこのまま。
が、ユルさに関係なくR1、2で続けて大ミスを1度づつ。
IMG_01611
DSCF264511
DSCF264811


3番手で向かえた決勝。
ジャンプ⇒底打ち⇒戻ってからステア切る。
この方程式を守らないと横転確定のコーナーがあった。
前ダンパーのサスアーム側を内側に変更。
少しでも前グリップを逃がして転がらない計画。
DSCF265911
IMG_05881
DSCF26491
ホングウ備品で快走するTQの彦さまを2番手で追いかけるも、
差は徐々に広がる(;´Д`)ビヒン・・・
で、終盤。方程式を破り横転( ´∀`)ホウテイシキドオリ?
ユルいクラスだが、DT-02でもこんなに面白いレースが出来るのかと感心した。


DSCF266611
DSCF266511
DSCF26521


TRF201。
10.5T。ギヤ比指定特になし。
タイヤ。前Wグループド&後デュアルブロック指定。
前はノーマルとソフト。後はCとKが選択肢。
手持ちでは前ソフト、後は両方ある。
何故持っているのかと最初思ったが、過去に名港を走ったな・・
後はお安いKタイヤで十分なグリップだったのでCいらず。
DSCF26391
DSCF26402

ダンパーは前後35番。バネは泥路面では使ったことない
デザゲ用の前赤ソフト、後黄ミディアム。
通常より硬めのバネで丘の上を駆け抜ける算段。
DSCF265311

で、たっぷりあった跳び時間。走るたびに、ギア鳴りが結構な勢い。
丘の上で初めてパーツボロボロだったことに気づく(;´Д`)イキソウ・・・

予想通り、前タイヤのグリップが低いのでアンダー。
ほとんどのコーナーでブレーキがいる。皆同じ状況も予想通り。
Nブレーキを15%付けた。少しアンダーが改善された。
DSCF266311

ハイグリップ路面だと201が生き返る。
スピード感もありハラハラしながら走る感じが新鮮。
「こんなに楽しいマシンなのか?」とサル状態で走る(・∀・)タノシス

ハラハラとバラバラは濁点だけの違いぢあ無いことを知る。
年に1回逝くかどうかの出来事が1日で2回起きた。
ともに練習中だったが、後セクションの被害が甚大だった。
そもそも朝一からだったので、パーツの在庫を確認。
DSCF263821
DSCF266111


予選はBestこそ良いものの、あちこちで横転。
一回転ぶとコースがでかいから復帰まで居眠りできる。
決勝もこんな感じだろと気楽に向かえたが一日の集中力がここへ(゚∀゚)キタ

後半までトップに喰らい付いた。トップは全くミスしてくれず2位に終わったが、
「帰ったらメンテしよう。」と思わせてくれたから価値がある。
IMG_03041

衝撃で予想しないトラブルが多発したが十分楽しめる内容だ。
何よりDT-02やTRF201の居場所が増えたことが嬉しい。

ホリデイさん達がもう少し有利になるレギュ変更が欲しいが、
今後も人気が出ることは間違いないイベントだろう。
Thanks♪
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
月別記事
最新コメント
記事検索
タグ絞り込み