ラジネタ

壊れやすいTT-02の前アップライトについて

タミヤ縛りのレースにチャレ以降出ていないので、
普段、前アップライトはイーグル製。すこぶる調子が良い。
修理時間とか考えれば費用対効果は絶大。
DSCF63911


でも、問題はタミヤ縛りのレース。
毎回無駄なドキドキはしたくない( ´∀`)トウゼンダ

問題のAパーツ。テストしていないのでコメントは出来ない。
ただ、進歩したようだ(´▽`)キット・・
DSCF63741
DSCF63761



DSCF63801



DSCF63791


分かりづらい?ぢあ並べて。色塗りのサービスしますた(´∀`*)イランカ
肉付きが良くなってるネ。
DSCF63831


このパーツも変わった。
DSCF63881


分かりづらい?アップライト下のパーツでつ(´∀`*)イランカ
アップライトのせき止めを緩和してるネ。
DSCF63901


コレだけやってれば樹脂としては十分だと思う。
テストもきっとイッパイやってると信じる。信じたい。

それでも普段はアルミ使うけどネ( ゚∀゚)アハハ

TT-02のリアセクションをいぢってみた。

TT-02らしさを消さずいぢりつつ、動き改善がテーマ。
このマシン、セットの基本を一から学ばせてくれる(´∀`)イマゴロカ?

当初はトーインアップライトが出てないから早く欲しい。
それは今でも変わらないが、順番としては最優先では無い。

何度か走らせてみて分かったが、リアの横滑りはトーイン不足と言うより、
タイヤを全幅で上手に使えて無い。特にリアの内側はほとんど使えて無い。

リアアップライトの構造により、サスよりアッパーアームの方が長い。
踏ん張る場面で相当のポジキャンでつよ(;´Д`)スベルワケダ

アップライトを残しつつ、アッパーアームを変更してみた。
サスよりアッパーが長いことは変えられないが、キャンバーを変更出来る。
標準で−1度付いているから、−2.5度にしてみた。
DSCF61661
DSCF61711
DSCF61681
DSCF61671


配線も変更した。サーボ上に載っていた受信機を下ろした。
これだけでスッキリするものだ。
この他にショートリポとアンプを同じ並びと言うのも考えてる。
DSCF61691


で、早速ホームコース@パーキングへ(´▽`)オイ
タイヤも少し本気のタミヤGP-A。
DSCF61731


リアの滑り出しが減り、コーナーの立ち上がりが良くなった。
予想通り、ポジキャンが軽減された効果が良く分かる。
間違い無く、パーキング史上TT-02が最も快走した日となった。
一つの工夫で変わるものだ。

どっかのレース出てみても良い気になりまつ(´∀`)サガス?

TT-02の稼働率が高い件について

チャレで予想以上の走りをしてくれたTT-02。
とは言え、いつものパーキングチキでは「アレは何だったの?」
と言うくらい、大して走れてない。

で、先週は息子とショートカットへ。
チャレと同じ足回りだと、前足が動き過ぎて後のロール感が無い。
後バネ白⇒青と一段軟くした。これより軟いとアンダーが強くなった。
良く走った。と言うよりねじ伏せて走った記憶しかない(´∀`)

このコースではTT-02が結構流行っているらしく、
TT-02談義が盛り上がった
DSCF60962
DSCF60971


一方、タミヤパーツだけでリバサス仕様になることは確認した。
いずれこの仕様でも遊ぶと思ふ。
DSCF60981


で、樹脂Aパーツの山。
そう、前ナックルだけ欲しい故の惨事(´Д⊂)
対策品が出るそうだが、待ってられないのでアルミ入れた。
クオリティーに不安があるが鷲模型のヤツ。
DSCF61041


不安的中。キツくて入らないので片方アルマイト削った(; ̄Д ̄)チッ
DSCF61021


ある意味、自分で微調整できて良かったのか?のカッチリ感だ。
DSCF61031


で、シェイクダウン以来のサニイ。
パワーソースは13.5T@リフェ。ブーストは無い大人しい仕様。
タイヤはRush、ボディはダッチ。
パワーを十分受け止められる状態での走りに注目だ。
DSCF61191
DSCF61211


シェイクダウンの日が懐かしいくらい走る。
今まで無駄に走ってなかったな(´∀`)
前足が良く動くのはショートカット同様だが、サニイでは後のロール感がある。

結構な頻度で前足をぶつけたが、前ナックル様は無事。
つまりはノン・トラブルで遊べた

息子の次期マシンもTT-02・・・
いっても良い気がしまつ(´∀`)シンパイアルガ

TT-02の駆動系が揃った件について

旅疲れで息子が予想以上にダウンしてしまう。
よって今週もコースに出撃できず(;´Д`)シカタナイナ
それに比べ娘は・・・ 女の子って強いネ。

で、家に籠って次回の出撃体制を整える。
まずはDB01のギアデフ。
オイルの目安が分からないが、ヨコモのDOT6を前、DOT3を後。
結構軟らかい感じなので心配。テストは先になりそうだ。
DSCF58421


TT-02はタミヤアンプに載せ変え、モータも16T。
めっきり遅い仕様になったが、タミチャレ参戦を視野に入れた( ´∀`)コレデデルノ?
DSCF58413


パーキングで動きを確認。
このスピード域なら余裕だろうと思っていたが、明らかに走れてない(;´Д`)マヂカ
リアの安定感の無さは想像を超えている。恐るべしリアトーゼロ。


一方、前用のギアデフにタミヤガムを入れてみた。
DSCF58431


一瞬、両面テープ?と不安になりタイトルを確認した。
DSCF58441


コネてみると粘土とは違い軽くて発泡感のあるガムだ。
DSCF58461


少し硬い気がするが目一杯放り込む。
手で回してみたが、オイルでは出来ない硬さだ。
DSCF58481


揃いに揃ったTT系のギア群。
遊び無し&有りのスプールとグリス&ガムギアデフと全て前用。

後用はもう少し硬いギアデフが作りたいが何して作ろう?
TT-01のワンウェイとBデフが流用出来るが当面使わない。
DSCF58501


ちなみにラジアルタイヤに対応するため、ショートバネに変更。
相性の良いバネの組み合わせはまだ見えてこない。
DSCF58511


ちなみにデフォのキャンバー測ってみた。
後ろは−1度でTT-01と同じ。ラジアルには−2度が欲しい。
DSCF58521


前もほぼ同じ。TT-01は−1.5度だった。余り差は無いと言うことか。
DSCF58531


で、前ガムデフ仕様にしてテスト。スプールとの違いを確認。
通常と同じ。スプールよりリアの滑り出しはマイルドになるが立ちは落ちる。
差し引きスプールが僅差の勝利だ。
DSCF58551


次回の小テストは何しよ(´▽`)マメダナ

さて、遊び指数の高いTT-02のTipsでも

☆★ラジアルやスリックタイヤやらに10.5Tを積んでいるのも問題あるが、
今ひとつな走りを続けるTT−02。

で、少しづつ改善させている。これぞラヂの醍醐味(´∀`)ホントカ?

前だけユニバ仕様にしていたが、ノーマルの後ろは車高下がらない、ストローク足りない。
予想通りとは言え、後ろもユニバ仕様に変更した。
これだけでかなりストロークが増えるし車高も下がる。
DSCF57361


後ハブのリバウンド規制リブもカット。
これでダンパーは伸び切る。で、今度はロールし過ぎて巻く( ´∀`)オイ
今後ロール規制はダンパー長で調整していく形になるが、こっちの方が調整しやすい。
DSCF57421
DSCF57441


DSCF57461

サスストローク規制を全て取っ払った結果は・・・
実に走りずらい(; ̄Д ̄)ヒキカエセナイゼ・・

ただ、一回取っ払って解放しないと成長が止まる気がするので。



一方、ダンパーステー側から見て右側上サスのガタが大きい。
前後同じパーツだから同じガタだ。パーツのすり合わせの問題だと分かる。
DSCF57371
DSCF57391


サスホルダーとダンパーステー受け側のギアボックス削ってみた。
サスホルダーは全面で削れたが、ギアボックスは真ん中が凹んでいることが判明。
前後同じ削れ方だったから、そうゆうことだ。

後ろはサスホルダーを削らないで差を見てみたが、削った方がガタが減った。
どっちも少し削った方が良さそうだ。
DSCF57411
DSCF57401


息子のTA05はVer2化した。いよいよリバサスですヨ
新旧2台のおベンツ様でパーキングチキなわけだ(´▽`)カッコヨイナ、オイ
DSCF57471


立上がりが最高に吹け上がる我がTT-02は後ろが同じだけブレークする。
まだ良く走ってた頃のTT-01には及ばない。でも楽しいヨ、このジャジャ馬。

ただ息子のVer2の方が断然走るのは内緒だ(´∀`*)
DSCF57491
DSCF57521


パイロンもっと手に入れようと思う今日この頃(・∀・)タノシ♪
Thanks♪
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
月別記事
最新コメント
記事検索
タグ絞り込み