サニーランド

TRF211XMとTT-02Sでハシゴして遊んだ

初のタミヤサーキットでのレース参戦に向け必要となった3台目のTT-02。
TT-02Bをオンロード仕様へコンバ。ただコンバと言うより組み直したに近い。
DSCF3467


さすがにType-Sを3台作る材料は無く、素TT-02になった。
ただレースは雨により中止となったため行き先を無くした( ´∀`)チャンチャン
DSCF3471


何気に2年くらい前から細々と続けているミニ四駆。
最近は取扱店、コースも増え、我が家も盛り上がっている。
DSCF3469


そしてTRF211XMもちょっとしたTipsでも(´∀`*)ホントカ?
DSCF3472


タミヤのハイエンド四駆のハブをカスタマから手に入れた。
ツーリングと比較するとタイヤが左右に動くから、リアハブとの接触部分に膨らみがある。
DSCF3475


0.5mmのスペーサに1.5mmワッシャーを挟み、ピン入れるのが標準。
DSCF3476


内径5mm&厚み2mmのスペーサに2mm&長さ9.8mmのピン入れて。
DSCF3477


今、主流の六角ハブ仕様できますた。
DSCF3478


これでコスパとフニャ感も最強のヨコモホイルが使えまつ(´∀`)イイノ?ワルイノ?
DSCF3479
DSCF3480


で、サニイ。息子用はDB01。抑えにB-MAX4。
DSCF3482


アルミパーツは少ないが、ポイントは抑えている我がDB01。
ベルト特有の転がり感の無さが、サニイでは逆に扱いにくい場合がある。
DSCF3483


懐かしの14.5T。ミニのレギュで早々に抹殺されたがココにて復活でつ( ´∀`)モノモチヨイナ
DSCF3484


ちょっと借りて211にショートリポ載せるイメージ。セパレートが無難ぽい。
DSCF3485


六角対応のタイヤは1個。それだけならホールショットM3でしょ。
ヨコモホイルにプロライン2ステージの組合せは、横グリップと転がり感があって感触良かった。
あとは耐久性に問題無ければ定番になると思いまつ。
DSCF3486


DB01
14.5T@リポ仕様だと上手く走ってくれなかったのでリフェに変更した。
息子の場合、スロットオンの時間が長いのでベルトの方が良いと思ったが、
転がり感のあるB-MAX4の方が良く走れる感じだな。
DSCF3492
DSCF3489


サニイの路面は雨上がりハイグリップスタートから、乾きのローグリップへと難しい路面。
ただ、211は終日ご機嫌な走りを続けてくれる。コーナリングは圧倒的速さでつ。
DSCF3504
DSCF3505


合間にコース上のカニ&ザリガニの獲物を捕まえまくる息子( ´∀`)カエルイパイ・・・
DSCF3500


ワークスやソレ風の人達も多く集まり盛り上がった。
息子の誰彼構わず絡み倒す姿勢に、少し嫌な汗と熱い汗を感じた(・∀・)オオイニアソベト
DSCF3506
DSCF3509
DSCF3510



からの、昼食を挟んで娘も同行したホングウ( ´∀`)ハイハイ
前週にレース用の荷造りを終えてたから、そのまま出撃。

最初から息子もコースイン。速いマシンばかりで落ち着かないがソレはソレ。
2台のTT-02S。チャレGT仕様とJrクラスのギア比を7前半に変えたやつ。
DSCF3512


久々にチャレ仕様でココで走ったが、前が動かず後を振り回す走らせ方は健在。
DSCF3513


ボディは共にフロントスポイラが無くなったBRZ( ´∀`)レンシュウダシ
DSCF3514


息子の走りを見ていると、少し初期が無い感じ。
まぁ、メッシュ見えまくりのGP-Aだから分からんでもないな(´∀`)タシカニ
DSCF3519


時間が無いので特に変更なしで走らせ倒した。
ゲームでもタイムアタックだと真剣に走るので、タイムを最初から測らせてみた。
予想通り、毎回真剣に走っていた(・∀・)ヨカヨカ

1本目は20秒台も、徐々にタイムを上げ、最終的にBest19秒6を出した。
ギア比をあと1程度上げると、ガチで自分と対決となりそうな感じ。
DSCF3522


Lapも安定し、フェンスヒット無しで大トラブル無しは成長の証し
DSCF3524


そして、走りに成長が見られない父(;´Д`)ゲンカイデツ
DSCF3526



からの、ミニ四駆ハシゴ( ´∀`)ハイハイハイ
家からの近さとコース使用が無料と言う魅力的なタム豊橋。
最近はラヂよりイパイ通っていて、息子はラヂよりハマっている(; ̄Д ̄)ビミョウダケドネ
DSCF3530
DSCF3532



小さなモータースポーツいぱい遊んで満腹でつ

TRF211XMが相変わらず好調だった@泥遊び

本気の夏休みのメイン到来。初上陸は南紀白浜@アドベンチャーランド。
今まで北海道から関東圏の動物系レジャー施設を経験してきたが、
「リスクは自分で負え。」みたいなところがある代わり一番楽しかった。
DSCF3295
DSCF3321
DSCF3334


目が痛い白さの白良浜@2日目
台風の影響で高潮ちっくな状況が、終わらない最強の波プールとなって楽しめた。
初和歌山だったが、夏向けの観光地だね。とても良かったス。
DSCF3372


からの鈴鹿@3日目( ´∀`)オイ
夏向け営業は21時までと大延長。本気の夏休みだから朝一から最後まで滞在。
帰宅は日付が変わる前だった。日焼けと疲れで気絶しそうだったが、最高に楽しめた。
DSCF3395
DSCF3418



で、翌日はサニイ@4日目(´∀`)タフデツネ
ついて来られる。いや、ついて来てくれるチビ達も大したものだ。
DSCF3456


2時間だったので、自分@TRF211XM。息子@B-MAX4と次期予定マシンDB01。
DSCF3440


B-MAX4
ほぼスペアが無い中、前回、謎の駆動系トラブル。
リア左の駆動が回しているとロックする部分があった。

で、1512と言うマニアックなサイズのベアリングのサポートを受けた。
ダメ元で交換したところ、見事復活(・∀・)
DSCF3292


タイヤもバッテラも後が無い状況だが、良いマシンなので引き延ばして使いたい。
DSCF3441


TRF211XM
前回からの変更は、メーカー不明のウイング新調したくらい。
ちなみにウイングもサポートでつ(・∀・)アリガトネ♪
DSCF3442
DSCF3443


前はリブ。桃ホイルが軟らかいのでアンダー方向になる。
このホイルの時はリアも軟らかくしないとバランスが悪くなり走らせにくい。
だから、タミヤの組合せでは硬めの白と黄ホイルにはしない。
DSCF3446


後はホールショット。インナーはプロラインの2ステージ。
桃ホイルはインナーがヘタりやすく、ヨコモ39M新品入れても残念な感じになる。
Tabataの2ステージと感触は変わらないし、使い込んでもヘタらない点も変わらない。
どっちでも良いから2ステージだな。

どこのウイングか知らないが、リアグリップはしっかりしてくれた。
DSCF3444


ラヂとは全く無関係の行動に徹する娘。ある意味筋は通ってまつ( ´∀`)ネ
DSCF3451


オッサン達で盛況な夏。と、平均年齢をダダ下げる息子。
DSCF3452


そしてピンがナメる桃ホイル。今まで良く経験してきたので驚かない。

このトラブル時は前に出なくなので、
ギアデフを疑い、
スリッパーを締めつけてから、
ココにたどり着く。

すぐに気づきそうなものの、意外と気づかない不思議なトラブルでつ(; ̄Д ̄)ホントカヨ・・・
DSCF3453


211は、ジャンプ時、姿勢を乱すことが多い。
前後だけでなく左右にも乱れ、その幅が大きい。ただ軽さゆえ、姿勢を戻しやすい。
ハラハラしながらも走り切ってくれるので、非常に楽しいマシンだ。
DSCF3458
DSCF3459


復活したB-MAX4もトラブル無く、良く走りきってくれた。
DSCF3462
DSCF3463


DB01
B-MAX4のスペアが無いので、次期マシンとして控えるはDB01。
10.5T@リフェのパワーソースはタミグラ仕様。

タイヤの組合せが悪く走らせにくい状態で渡したら、走らせにくそうな走りだった(´∀`)ヤッパリ?
ただ、この手のパワーまで試してみても・・・と言うところまできたことを評価したい。
DSCF3465



さて、DB01R3。どうしよう( ゚∀゚)アハハ

TRF211XMで泥遊び@サニイで快走

タミグラレギュから解放させたTRF211XM。
毎回走らせてみないと、いや走らせても正解が分からないサニイでどこまで走るか?
DSCF3259
DSCF3260


アンプはGフォース90A仕様。他に載せての実績はある。
モリ氏がプログラムBOXをくれたので、ターボ(進角)上げ、バックも出来るようになった。
走らせ過ぎると止まることもあるが、まぁ合格点上げて良い( ´∀`)ヤスイシ
DSCF3263
DSCF3261


モーターはタミヤ10.5T。タミヤアンプは使いモノにならないがモーターは普通。
立ち上がりにトルク感が無いので、ターボ15degにしたものの、毎回フルスロットルす。
DSCF3262


ほどよく緑を残したサニイダートリンクは砂々で硬い路面。
凸凹路面だが、レイアウトは近年で一番爽快感あると思う。
DSCF3270
DSCF3271


車高調整やパワー系の調整に最初手間取ったものの、初日からTRF211XMは合格点な走り。
ホイールベースが長いから、ミッドであるもののRRの良いところ取り入れた感じ。

3Racingワークス@サニイ支部のモリ氏と久々にチキり倒した。
非常に質の高いチキが出来て、毎パック楽しかったこと(・∀・)
DSCF3269
DSCF3272
DSCF3274


初期が無かったのでダンパー位置は一段立てた。説明書通りの位置だ。
DSCF3264


リアは一番寝かし。これも説明書通り。珍しいけどシックリきた( ゚∀゚)タマニハナ
ステイ側は一番内側の一番下。きっと一番グリップ求める位置でつ。
DSCF3265


毎回、オッサン達で盛況。良いことだ( ´∀`)タブン
DSCF3275
DSCF3267
DSCF3276



そして翌朝はB-MAX4を使う息子と共に(*゚∀゚)スキダナ!
DSCF3277


配線はリポに直結出来るように変更。
DSCF3278


タイヤは前日一日使ったAKAインパクト。
もはやヤマは無い。コンパウンドだけでグリップさせる感じなので、砂上行くと逝きまつ(;´Д`)カナリ
DSCF3287


タミヤセンサレス18Tのリフェ仕様が息子の操るパワーバランスとしては最高。
これを受け止めるB-MAX4との相性が更に良い。
DSCF3284
DSCF3285


2駆を操るオッサン達を次々ロックオンして挑む姿は思わずワクワクしてしまう。
デュアルリッジで自分が勝てないのも分かる。良いことだ(´∀`)タブン
DSCF3288
DSCF3289
DSCF3290


昼になっての最終パックは、後タイヤにホールショットNEWを投入した本気走り。
DSCF3291



自分の記憶が正しいならば、たぶんサニイ史上最も速く走ることができたと思う。
ウイングが半端なく消耗していくが、こんなに楽しみなマシンは久し振りだ(・∀・)

MSよりタフな本気のTT-02B作ってみた

続・本気の夏休みはフェリーに乗って初エスパーニャ。
空いていそうな日を狙っただけあって、アトラクション待ちがほとんど無く大満足
DSCF3050


3日目( ´∀`)ハイ、3ニチメネ
何度も行ってるお伊勢さん。おかげ横丁と五十鈴川最強。
息子が発熱しつつ旅行を強行したので大変だったが楽しめた。
DSCF3104
DSCF3112
DSCF3121



4日目。
タミグラに向けてTT-02Bキットを手に入れた@息子用。
最近発売されたMSも気になったが、結構売れているみたいでボディが被りそうなこと、
付いているOPがポイントを(たぶんワザと)外していることからデュアルリッジにした。
DSCF3126-min


泥マシンは前後ギアデフ以外ないのでグリスの使い方だけ。
廉価AZグリス詰め放題と高価AWグリス少量を組むと僅かにAZの方が動きが重い。
前ギアデフをAZ仕様にした( ´∀`)ZヤラWヤラ・・・
DSCF3128-min


泥侵入を防ぐため、ギアボックス部にグリス少量はヲタの基本でつ。
DSCF3129-min


前だけだが、DF-02用のユニバ入れマスタ。こんな昔のOPが流用出来るのはタミヤの強み。
ちなみにMSは前後:鉄シャフト。ギア保護の関係から自分は後:軟骨のまま。
DSCF3131-min
DSCF3142-min


同時並行でボディ塗装もしてまつ。とても机の上がイパイでつ・・・
DSCF3133-min


ダンパーもキット付属のヤツを使った。バネはDB01標準。
シャフトは別物を流用し1穴ピストンに900番を入れている。Oリングも交換してる。
ダイアフラムを突き破らないように、バンプストップ用のスペーサとOリングも追加。
しっかり組み上げたが、樹脂ダンパーは久しぶりなので走らせてみないと色々分からない。
DSCF3134-min
DSCF3135-min


サスアームがかなり軟らかいので、ピロボール化するときは足長のヤツを前後に入れている。
今までココはトラブル無いから良いと思ふ(・∀・)オモフ♪
DSCF3136-min


休まず作り続けているが、なかなか進まないでつ。
ユーザー自分&息子の経験をもとに本気で考えながら作っているからネ。
DSCF3137-min


よく外れたIアームはネジ止め仕様。他が壊れると×なので適度なガタを。
Cハブはピロボール化するとモゲて割れるので、ネジ貫通させてまつ。
DSCF3138-min


後ハブもCハブと同じ理由で貫通させてまつ。イパイテストした結果なので良いと思ふ。
DSCF3139-min


耐久性において、TT-02系最大の泣き所はステア系。
樹脂スペアあるが勢いでアルミ化。3つ目なのでホント勢い以外の言葉が無い。ちなみMSは全樹脂。
MSやらRって改善の余地をイパイ残したタミヤらしいキットでつネ( ´∀`)ディスナ
DSCF3143-min


で、完成。ホビーである以上、ボディ塗装からキット製作まで自分でやることに少しだけこだわる。
反面、休み終わっちゃう勢いの夕方でつ。
DSCF3144-min


からのサニイ@17時スタートの部( ゚∀゚)ニチボツトショウブ!
持ち込んだのはメンテした201と組み立てほやほやのDリッジさん。
組み立て即走らせられる環境って素敵でつ。
DSCF3147-min


ギア比とバッテラ以外はタミグラ仕様。
今までの経験全てをつぎ込んだMSよりタフなDリッジがソコにはある(´∀`)ハイハイ
DSCF3148-min
DSCF3150-min
DSCF3149-min
DSCF3151-min


迎え撃つのは息子のB-MAX4。前回同様、本気で走っても良い勝負してまつ。
Dリッジは塗り方により残念なモノになりがちだが、割とカタチになったので気に入っている。
DSCF3152-min
DSCF3154-min


半世紀の年の差チキがソコにはある。もっと手を抜けって(′∀`)ジイヨ・・
DSCF3156-min
DSCF3157-min


最初スペーサ量が足らず車高が20ミリ以下で跳ねまくったが、
スペーサ追加し23ミリにしたらだいぶ改善された。前後スペーサ量は同じ。
DSCF3160-min
DSCF3161-min


スロットオフしながらジャンプ着地すると歯飛びすることと、
後オイルが硬くて戻りが遅く、後曲がりしないことが気になった。
オイルは対応可能だが、歯飛びの対応は難しいな。
DSCF3164-min
DSCF3165-min


突っ走ったが、ノントラブルで上々の走りが出来て良かった(・∀・)ジョウデキ♪

メンテする前にTT-02BやTRF201で泥遊び

暑い中、よくやるわと思いつつも泥遊び@サニイ午前の部。
DSCF2997


走らせるかどうかは別にして4台が出撃体制。
B-MAX4が息子。メンテ前の3台、TRF201、DT-03、TT-02Bを自分が走らせてみた。
DSCF2988-min


サニイは少し見ないうちに雑草だらけ。少しは手入れしようよ・・・
DSCF2999-min


B-MAX4@18Tリフェ仕様。
TT-02B@トルクチューンリポ仕様。ギア比はタミグラより少しハイギア。
前回、タミサでのトラブルを特に直さないまま出走したので調子が良くない。
特にステア系の反応のダルさが気になる。
DSCF3001-min


そして普通に走っていて外れたピロボール・・・
ステア系のガタも半端無い。ココは下手な対応するよりOP投入した方が安上がりだな。
DSCF3004-min


TT-02Bで本気で走ったが、息子の操るB-MAX4に追いつけない。
性能差がココまで出てしまうのかと。
DSCF3015-min


相性が良いのか、B-MAX4に変更したら相当速くなった息子。
初代だけど戦闘力は今のそれと大して変わらない気がする。
DSCF3009-min
DSCF3012-min


そしてタミグラに向けて動きを確認したTRF201。
掛川では211XMでは無く、201で参戦予定。
DSCF3025-min


さてメンテを始める。KUREが好きなもんで(′∀`)アイショウ?
DSCF3026-min


211XMは新アンプ&モータだが、201は共に旧式。オフは余り関係ないな。
DSCF3027-min


記憶にある限り、初めてリフレッシュする樹脂パーツも多め。
RRとMRの2台の2駆で遊ぼうとする意思の表れでもありまつ。
DSCF3028-min




本気のTT-02B作りも始まろうとしている最中、本気の夏休みも同時開催(・∀・)つ
DSCF3045
Thanks♪
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
月別記事
最新コメント
記事検索
タグ絞り込み