B-MAX4

TRF201とB-MAX4直してサニイで泥遊び

たまに本気出す娘を発見出来た、生活発表会。本気は一瞬だったけど( ´∀`)オイ
運動場に出てみたら、鬼ごっこで転んでケガした息子が唸ってた(;´Д`)ハァ
DSCF4330


そんな昼下がりはサニイで泥遊び( ゚∀゚)イツモナ
この時期は日没が半端無く早いので、時間との闘い
DSCF4376


修理連発で辛かったが、手持ちパーツで復活したTRF201とB-MAX4。
DSCF4377


お古だがバスタブ交換。タイヤは他に比べれば多少エコなタミヤC。
4駆はタイヤの前後バランスさえズレなければ十分遊べる。
DSCF4380


見たことない壊れ方したTRF201も、結局交換したのは後ダンパーステイのみ。
長くやってるので、それくらいのスペアは持ってる(´∀`)サスガニナ
DSCF4378
DSCF4381


前バネをタミヤソフトからX-GEARピンクに変更。
跳ねは相変わらずだったが、軟らかくてグリップが逃げるので扱いやすかった。
DSCF4382


雨上がりで締まった路面は、いつも以上に凹凸が硬い。
路面管理を誰もしないサニイらしさ全開でつ。
DSCF4383
DSCF4386
DSCF4387


チキりたい息子の要求に応えてくれる方が多くて助かる.。゚+.(・∀・)゚+.゚
DSCF4388


娘の「ヨーイドン」で、たくさんレースっぽいチキもした。
B-MAX4はタミヤタイヤでも扱いやすく、息子はかなりの安定感で何度かトップ。
我が201も、凹凸に引っ掛かること多めだったがチキを楽しめた。
DSCF4390
DSCF4394


201も復活もあり、泥遊びがもっとテキトーな頃を思い出すことができ、楽しいチキだった(・∀・)

TRF211XMが相変わらず好調だった@泥遊び

本気の夏休みのメイン到来。初上陸は南紀白浜@アドベンチャーランド。
今まで北海道から関東圏の動物系レジャー施設を経験してきたが、
「リスクは自分で負え。」みたいなところがある代わり一番楽しかった。
DSCF3295
DSCF3321
DSCF3334


目が痛い白さの白良浜@2日目
台風の影響で高潮ちっくな状況が、終わらない最強の波プールとなって楽しめた。
初和歌山だったが、夏向けの観光地だね。とても良かったス。
DSCF3372


からの鈴鹿@3日目( ´∀`)オイ
夏向け営業は21時までと大延長。本気の夏休みだから朝一から最後まで滞在。
帰宅は日付が変わる前だった。日焼けと疲れで気絶しそうだったが、最高に楽しめた。
DSCF3395
DSCF3418



で、翌日はサニイ@4日目(´∀`)タフデツネ
ついて来られる。いや、ついて来てくれるチビ達も大したものだ。
DSCF3456


2時間だったので、自分@TRF211XM。息子@B-MAX4と次期予定マシンDB01。
DSCF3440


B-MAX4
ほぼスペアが無い中、前回、謎の駆動系トラブル。
リア左の駆動が回しているとロックする部分があった。

で、1512と言うマニアックなサイズのベアリングのサポートを受けた。
ダメ元で交換したところ、見事復活(・∀・)
DSCF3292


タイヤもバッテラも後が無い状況だが、良いマシンなので引き延ばして使いたい。
DSCF3441


TRF211XM
前回からの変更は、メーカー不明のウイング新調したくらい。
ちなみにウイングもサポートでつ(・∀・)アリガトネ♪
DSCF3442
DSCF3443


前はリブ。桃ホイルが軟らかいのでアンダー方向になる。
このホイルの時はリアも軟らかくしないとバランスが悪くなり走らせにくい。
だから、タミヤの組合せでは硬めの白と黄ホイルにはしない。
DSCF3446


後はホールショット。インナーはプロラインの2ステージ。
桃ホイルはインナーがヘタりやすく、ヨコモ39M新品入れても残念な感じになる。
Tabataの2ステージと感触は変わらないし、使い込んでもヘタらない点も変わらない。
どっちでも良いから2ステージだな。

どこのウイングか知らないが、リアグリップはしっかりしてくれた。
DSCF3444


ラヂとは全く無関係の行動に徹する娘。ある意味筋は通ってまつ( ´∀`)ネ
DSCF3451


オッサン達で盛況な夏。と、平均年齢をダダ下げる息子。
DSCF3452


そしてピンがナメる桃ホイル。今まで良く経験してきたので驚かない。

このトラブル時は前に出なくなので、
ギアデフを疑い、
スリッパーを締めつけてから、
ココにたどり着く。

すぐに気づきそうなものの、意外と気づかない不思議なトラブルでつ(; ̄Д ̄)ホントカヨ・・・
DSCF3453


211は、ジャンプ時、姿勢を乱すことが多い。
前後だけでなく左右にも乱れ、その幅が大きい。ただ軽さゆえ、姿勢を戻しやすい。
ハラハラしながらも走り切ってくれるので、非常に楽しいマシンだ。
DSCF3458
DSCF3459


復活したB-MAX4もトラブル無く、良く走りきってくれた。
DSCF3462
DSCF3463


DB01
B-MAX4のスペアが無いので、次期マシンとして控えるはDB01。
10.5T@リフェのパワーソースはタミグラ仕様。

タイヤの組合せが悪く走らせにくい状態で渡したら、走らせにくそうな走りだった(´∀`)ヤッパリ?
ただ、この手のパワーまで試してみても・・・と言うところまできたことを評価したい。
DSCF3465



さて、DB01R3。どうしよう( ゚∀゚)アハハ

芝遊びデビウしてきた♪

待ち焦がれた芝遊びがやっと出来た。
B-MAXコンビとTRF201。
DSCF39041

TRF201はバギちゃれ仕様。
10.5T@Lifeと、ちゃれレギュとしてはハイパワーだが、芝ではパワー不足。
大ジャンプが越えられず、2個目の天辺に突き刺さる(´Д⊂)
今回は握り倒しをテーマにしていたので201は3本で終了。
DSCF39231
DSCF39141

で、B-MAX2。7.5T@Lipo仕様。
余りにも違うパワーソースだが何の問題も無いほどハイグリップ。
DSCF39051

前後タミヤKタイヤ仕様でスタート。
スリッパー効き過ぎかと思うくらいウイリーする。
緩め過ぎも滑るだけなので、リアウイングのリップを大胆に切った。
DSCF39061

グリップはするものの、温まると前が引っかかる。
ピンなどのパターンと言うよりも、エッヂで引っかかる感じだ。
前のキャンバーを−2度から0.5度のポジキャンに変更。
DSCF39071

続いて後のキャンバーも同様としたが、こちらは今イチ。
しかし凄い芝カスだ。
DSCF39131

ジャンプでは転ばないが、ハイサイトでやたら転ぶ。
助け合いの精神をモリ氏と1日貫いた。
DSCF39181

ジャンプは跳んだ直後にブレーキを掛けないと姿勢が前下がりにならない。
当初バックフリップかまして・・・ (´Д⊂)ミタコトナイヨ
DSCF39211


B-MAX4
7.5T@LIPO仕様。ブースト少々。
DSCF39121

こちらも最初は前後Kタイヤ。やたらとハイサイトする。
同じように前キャンバーを0度に。

そしてサイバーさんのタイヤを後につけてみると動きが確変。
転ぶ気配無く、少しアンダーなくらい。前に出る感じも良い。
自身もビックリするくらい快走した。軽いトランス状態だ(・∀・)

モリ氏のボウタイ様もグリップが良かったらしいので、パターンも影響あるのかと。
何にしろスタートしたばかりの芝遊びだ。テストすることはイッパイある。
DSCF39261


で、絶好調ではあるものの・・・
DSCF39271

後パーツばかり壊れまつ・・・


ジャンプが連続しないのでコースとしては簡単なレイアウトだ。
ベテランだけを対象にしていない狙いが良く分かる。

楽しみ方は泥遊びと全く異なるが、この選択肢もありだなと感じる。
と、言う訳で明日も息子と遊びに行くことにした( ´∀`)オイ

久々の泥遊びはB-MAX2中心で

15年ぶりに長島行った。幼児には制限のかかるアトラクションが多い
ただ小中学生ならNo.1だろうテーマパークになってた。

パン男のテーマパークにも入ったが、入場料と中身が釣り合ってない。
ただ1歳の娘にはメガヒット。分からんもんだ( ´∀`)ナンニモ
DSCF38471
DSCF38391


で、サニイ。そもそもこんな状態だから自分のことに気が回らない( ̄∇ ̄!)
DSCF38521
DSCF38731


朝一路面を見たら本日終了の予感(´Д⊂)マサカダゼ
が、表面だけが濡れていて路面状況は終日良かった。
DSCF38531


出番はB-MAX2&4のヨコモコンビ。
DSCF38561
DSCF38551

特に久々登場のB-MAX4は全然走れずサスアームを粉砕した。
ロアデッキ交換やらメンテをすることにした。
DSCF38761


サニイのオンコースではブツケきってサーボセイバーを粉砕したが、
泥コースでは意外な上手さを見せ、本人も1日中やる気イッパイだった。
DSCF38661

ストリートさんに前リブ、後グースバンプと言うお古ながら高級タイヤを。
今まで一番良い感じで走破性も高かった。そしてノントラブル(・∀・)イイネ!
DSCF38741
DSCF38591
DSCF38631


で、B-MAX2。
勢力図はB-MAX2@4台。あとはアソシ、シューマハ、デュラ、京商と言った感じ。
耐久性の高さ、パーツの安さ、扱い易さ。どれを取っても一番人気になるのも納得。
ビスのショボさはブッちぎりだが、ヨコモを見直す一台だ。
DSCF38571

1日タイヤ以外のセット変更をしないでチキに専念していたが、
S田氏のB-MAX2を操縦させてもらうと、ロール感が良く後曲がりが素直。

参考にして、すぐに対応出来るIアームの高さと長さを変更してみた。
スペーサを抜きキャンバーを付け、長くして面圧を上げる。
相反することしている気がするが要はバランスだ(´∀`*)タブン
DSCF38791
DSCF38801


リアの粘りが出て立ち上がりで握り易い。
一方、アンダーか?と思っているうちに、伸ばしたIアームが抜けて終了(;´Д`)オイ
とりあえず継続して良さそうなセット変更な気がする。

今週もみっちりプロポを握ったし、握らせた

灼熱の泥遊びはB-MAX2中心で

久々の泥遊びは身体に悪いお天道様直撃の下、
今回も息子同伴につき、体力・やる気など一日もつのか色んな心配が(;´Д`)

そんな中、持ち込んだのはB-MAX2とB-MAX4のヨコモコンビ。
DSCF29911

タイヤもなくなってきたので2set用意。ホールショットでインナー違い。
一つはワイゼン。性能◎のモールドだが破れやすいので2駆用にしている。
DSCF29941

一つはM浦君のオススメで貰ったトリニティのインナー。
密度が濃いスポンジなのでヘタレにくそうだ。
DSCF29931
モールドよりグリップ感が薄く、ヨコモスポンジより吸収性は落ちる。
まぁ中間的な特性だ(´∀`)チュウトハン・・


で、TRF201は泥にも復活予定(´∀`)ホントカ?
前シャーシの剛性上げてまつ。
DSCF29951


B-MAX4
LRP6.5T搭載だとファン無しアンプがオーバーヒートする。
いつもの7.5Tに変更しファン有りでやっと改善。
DSCF29971
前タイヤは提供モノのAKBモールド入り。
後タイヤはホールショットのトリニティ入り。
前タイヤが引っかかり気味だが、ホント良く走った。


灼熱下でも2駆はなかなか盛況。
ヨコモ3、ロッシ1、アソシ2、デュラ1の勢力図。
1台マスクメロンみたいなのが混じってるな。

B-MAX2はオイルを前20、後15とした結果、路面追従性が上がった
ただ終盤はオイル漏れか?跳ね過ぎたので途中で給オイルが必須だ。
DSCF29991
DSCF30021

親子共々一日過ごせて良かった。
こんな暑い時期は、手間の掛からない2駆だけでも良い気がするな(´▽`)
Thanks♪
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
月別記事
最新コメント
記事検索
タグ絞り込み