DT-03

タミチャレ2016参戦日記@K藤サーキット10月

今年3発目の参戦は1年ぶりの泥レース。場所は同じくタミチャレ@K藤サーキット。
前回同様、初戦が最終戦( ´∀`)オイ

ローカルながら、泥遊び出来るチャレとして根強い人気を誇る。
DSCF6020
DSCF6019

続きを読む

チャレ仕様のTRF211XMと201で泥遊び@K藤サーキット

さて、約1年ぶりとなるK藤サーキットに上陸。
今年はもっと来ているはずだったが、まぁ来れただけでも良い(′∀`)ダナ
DSCF6350

続きを読む

立てなくなるまで親子で走り倒した@K藤サーキット

久々にやって来たのはK藤サーキット。
まだ出るか分からないが、次週の親子参戦を計画している。

地元のサニイやホングウで出たいところだが、息子が遊べるクラスが無いので、
地元、参加人数などに関係なく、親子参戦出来ることを最優先でレース選びをしている。
結果、レース参戦が減り、地元参戦も無くなってしまったが、スタンスは今後も変わらないと思う。
DSCF3774
DSCF3775


子ども用ではないだろうが、低めの操縦台が併設されていることが嬉しい(・∀・)イイネ♪
DSCF3782


タミチャレ用のTRF201、DB01と、540&21.5TクラスのDT-03、B-MAX2。
もう出番は無いだろうと思っていたB-MAX2が息子用に復活。
DSCF3776


B-MAX2
21.5T@リポ仕様。ギア比7位で、DT-03の540@リポ仕様より少し速い。
アンプは、その後を上げたGフォース90Aを自分用から移した。
DSCF3778
DSCF3779


TRF201
チャレ仕様なので、前後Cタイヤの10.5T@リフェ仕様。
以前のデータを元に、後バネを硬めに変更し、前後ダンパーを一段立ててスタート。
DSCF3780
DSCF3786


チャレ2WDは、インフィールド一発目の2連でリズムに乗れないと、次の2連が飛びきれない。
全てがココに尽きると思う。
DSCF3787


後ダンパー位置は、最終的には一番内側。バネもソフトに変更。
砂の浮いている状態でのCタイヤは、RR仕様でもグリップ確保が大変でつ。
DSCF3795


前ダンパーも内側2番目となった。
ロールさせないとグリップしないので、1番内側もありかと思う。
DSCF3797


レース攻略のカギは2連跳んで、からの2連。S字なので大変でつ。
DSCF3801


DT-03
540@リポ仕様。息子参戦クラスを盛り上げるため、自分も予定している。
前リブ、後ホールショットと、結構な本気仕様。
こっちは201と違って、前ダンパーを1番内側から1番外へ。
タイヤのグリップ力が全く違うからネ。
DSCF3790
DSCF3794


ミスの多い息子に総合で負けることは無いが、ミスしないと息子の方が速い。
その位、良く走る状態にB-MAX2はなっている。この出来なら4WDは必要ない。
DSCF3791


出番のあった211XM。
いつもサニイで遊んでいる仕様で、キレキレの走りだった。
が、記憶が正しいなら、チタンであるはずの前Iアームが折れたΣ( ̄ロ ̄|||)
記憶に間違いが無ければ、左は既に折れて違うブツを使っている。材質に問題ありまつね。
DSCF3808


で、逆接により煙吹いてお亡くなりのホビーウイングのアンプ@DT-03用。
安い割に使い勝手が良く、重宝していただけに痛い。
DSCF3814


DT-03のギアボックスが終了に近い。
DT-03て、中途半端にDT-02の改善点を見直しているから、位置付けも中途半端。
走りのワクワク感は、DT-02に及ばないし、走りの性能は、どの位置にもいない居心地の悪さが残る。
DSCF3816
DSCF3817


ダークインパクトなオヂさんとチキに明け暮れた息子。
朝より格段に上手く走れるようになった。
DSCF3813


で、サニイに立ち寄った。
DSCF3822


パワーを少し上げて走らせたB-MAX2から煙が( ̄ロ ̄|||)
からの
ラヂ歴そこそこありまつが、初めてマシンから炎上がりますた・・・
何らかの原因でコネクタに負荷が掛かりハンダが溶け、ショートしたようでつ。
今、アンプはタミヤかGフォースしか使っていないだけに、心配な出来事でつ。
DSCF3824


と言うか、レースどうしよ

今度は初のタミグラ静岡と言うことで

保育園は家から見えるところにあるので、
運動会も出番の時だけ見に行きまつ( ´∀`)オイ
DSCF3695


去年は娘と二人の運動会で寂しかったが、今年は無駄に賑やかで楽しめた。
イベントって「人」だなって、つくづく思う。
DSCF3680


で、次のイベントは静岡(′∀`)ハイハイ
チャレンジャー認定されているらしく、TT-02Sで申し込んだクラスが受付されず、
自分がシングルエントリイ、息子がWエントリイと逆転してしまった(; ̄Д ̄)ヤメヨウカトオモイマシタ・・
DSCF3730


で、参戦に向け息子のTT-02Sをチェック。
予定通り、バスタブのサス部分割れてまつ・・・
DSCF3657


ギアカバー外したら、剥がれながら割れたり・・・
DSCF3659


いつの間にか割れていたカバーあったり・・・
リフレッシュ敢行するしかないス(;´Д`)メンド・・
DSCF3660


この1年で何度目のバスタブ交換だろう。
ただ、頻繁に交換しているから、息子の02Sの方が総じて状態が良い。
DSCF3661


バッテラ滑り止め対策も慣れたモノ。
DSCF3664


OPのバッテラ抑えを使うと、息子の場合、よくバッテラがはみ出た。
気持ち、対策として防波堤を設置。
DSCF3662


どれだけ効果あるか知らないが、コレでダメなら他を考える。
DSCF3663


M浦君にパーツもらったので、ロングサスに変更してみた。
DSCF3665


Cハブだけはスペーサ調整が手間なので、TB04用に変更。
タミサはハイグリップなので、キャスターは4度でなく6度で十分。
DSCF3666
DSCF3668


ラヂ始めた頃から使っているネジ止めが終わった。
10年以上かつ結構使っていたし、タミヤのネジロックより性能も良い。コスパ最強。
DSCF3667


コレも手に入れてから、かなり使っている。
メンテ時にベアリングに手をかけるようになったので良い傾向かと。
DSCF3658


さて、GP-Aを履いたロングサスの走りは如何に。
前後メッシュが見えるまで使ってるなんてエコでしょ( ´∀`)ソウ?
DSCF3727


バギーグラス用にDリッジさんも再登場。
どれだけ息子が前回のレースでダメージ与えたかが心配でつ。
DSCF3726
DSCF3732


同じく、バギークラス用にネオマイティ登場。
そう、親子参戦どころか親子対決があり得まつ。
問題は、ギア比のハンディが半端無いので、自分がどっちのマシンを使うか・・・
DSCF3733
DSCF3734


で、第二ホームコースで軽くテスト。自分がDリッジ。
Kタイヤだとグリップ薄くて曲がらないので四駆有利だが、Cタイヤだとどうかな?
問題はCタイヤを準備するか否か・・・でつ (´▽`)ネ
DSCF3736
DSCF3738
DSCF3739


で、ぶつけても無いのに割れた前ナックル。TT-02Bはコレが弱すぎるからダメなんだよな。
ちなみに数分後、ぶつけても無いのに反対側ナックルも割れた。
きっと前回レースのダメージだよ・・・( ̄ロ ̄|||)ウーン
DSCF3740


不本意なまったり参戦だが、しっかり息子が完走出来るようサポートしたいと思ふ(・∀・)オモフ♪

連休は泥遊び全開 DT-03&DB01編

手術から一週間で退院し、はや泥遊びに合流した息子。
傷も大きく痛いだろうし、体調も正直十分ぢあ無くて心配だったけれど、
本人の「一緒にいく。」という意思を尊重しつつ、感謝の気持ちでイッパイだった泥遊び。

期待に応え、目いっぱい遊ばせてもらった。しかも連日( ´∀`)オイ
DSCF3578
DSCF3584


今回のラインナップ。
TRF211XM、DT-03@自分用。DB01、B-MAX4@息子用。
DSCF3593


DT-03
息子と本気のチキが出来るよう、パワー系をかち上げた。
タミヤ01アンプ+タミヤ10.5T、リポ仕様。正直、これ以上は上げられない。
DSCF3594


バネは前後X-GEARピンクで軟らかい方向。
オイルを前40番、後35番で最初走らせたが、前がギャップで跳ねまくり。
前オイルを30番に変更したところ、跳ねが収まり良い感じで走れた。
DSCF3605


他のマシンと比べることは酷だったが良く走ってくれた。
良い感じで走る息子のDB01と良いチキができたので続けたい(・∀・)タノシ♪
DSCF3597
DSCF3604


DB01
息子が一番速く走ることの出来るパワーバランスを模索中。
DSCF3573


タイヤは前回のタミヤGPで自分が使ったCタイヤ。
ホイルは泥上では意味無いほど硬いヤツのピン仕様。
どうせ六角ハブ化するから、もう使わなくなるだろうとの判断でつ。
DSCF3574


前回14.5Tで暴れまくったため、16T@リポ仕様に変更。
ギア比は7後半と高め。もう少しトップスピード欲しいのでギア比上げるのも手だな。
DSCF3575


B-MAX4に比べ安定感が無いが、自分も使うから息子の主力マシンにしていきたい。
DSCF3580
DSCF3583


だいぶ駆動系が傷んできたのでチェック。
始めた当初、毎回プーリーとベルト交換していたことを思い出す。
DSCF3588


DB01のTipsをタイタニクス氏が教えてくれたので確認してみた。
ジャンプ着地や色んな衝撃で、モーターマウントが前に動くことがあるらしい。

過去の経験を思い出す。
確かに後ろベルトが張って、前ベルトが緩んでいた経験は数えきれない。
DSCF3592


だからバスタブ裏のモーターマウントのビスを緩め、歪みを減らしてから締め直すと
元通りのベルトの張りに戻るらしい。理屈が合っているから納得。
DSCF3591


機会があったら試してみまつ。
Thanks♪
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
月別記事
最新コメント
記事検索
タグ絞り込み