K藤サーキット

TRF201とDT-02が舞い戻る

さて、オフロードと言うヤツの良いところ。
モデルサイクルそれなりに長かったり、舞い戻ったりする。そんな話(・∀・)ダヨ
DSCF3948


まず最新の211。この先もこのマシンと共に歩んで行くことは間違い無い。
DSCF3969


ダンパーキャップの小Oリングは問題あり。
潰れてオイルダダ漏れは、よくある光景。ゴム系ボンドで穴埋めてまつ。
DSCF3970


とりあえず再度手に入れたGフォース90Aを搭載させた息子のB-MAX2MR。
「定価の60%で買えますヨ。」の制度保証だが、短期間で壊れなければ良い制度だよね。
自分は、かなり短期間で燃えたけどネ・・・
DSCF3972



TRF201無印復活
まず211よりXRの方が確実に走るコースは、掛川だけだった。
静岡、サニイ、K藤の3カ所では、211の方が上。パワー系が抑えられたクラスは特に。

一方、201無印の方がXRより走るコースは・・・ 思いつかない(; ̄Д ̄)オイ
201XRと211の2枚看板で泥遊びを続けようと思っていた。

が、前回のレースを見て、「201無印カコイイ。」と、走りやシルエット見て思ってしまった。
ソレって大事な要素だなと思い、走りは後から考えるとして201無印復活でつ。
DSCF3977


アンプは211と同じGフォース。これだけアンプを統一させてしまうと後に引けない。
モーターはヨコモ8.5T。結構、本気仕様でつ。
DSCF3978


最終パックは、前リブ、後ボウタイでフルグリップ。
ジャンプはどんな体制からも軽々超えちゃう。良く走ってくれて幸先良い(・∀・)
DSCF3980



そして、こちらも復活はDT-02。もう数えきれないほどの復活劇だ。
見ているか?デザゲワークス( ´∀`)ヤンナイダロナ
DSCF3973


540@リポ仕様で、前リブ&後ホールショットの定番。
とにかくアンダーが激しかった。もともとそんなマシンだな。
DSCF3974


息子のB-MAX2@21.5Tとチキ。オイルを前後軟らかくしたので良く走ること。
一発勝負だと勝てないが、総合力で毎回勝利 (´▽`)ナニヤッテル?
DSCF3985


前後をX-GEARピンクバネに代えたら動きは良くなった。
もう少し曲がってくれるとココでは化けそうな予感。
DSCF3981


毎回、娘のよーいドン!でスタート。
マシンと言い、遊びかと言い、タイムスリップした感覚に・・・
DSCF3987


また来るときは2台で良いな(′∀`)ホントカ

TT-02をラリー仕様にしてみた

ハイハイ、新城ラリーでつ。
DSCF4014


すぐに行方知らずになるチビ達により、ほとんどラリーは見ていない( ´∀`)ヤハリ
DSCF4034


その前日には、少しだけK藤に立ち寄った。
DSCF3945


タミチャレが当分無いので、またりとマシンを揃えた。
何せ、DT-02、TT-02ラリーが紛れ込んでいる。
DSCF3947


TT-02ラリー仕様はインプレッサ。
確か、その昔、ホングウにまだ緑があった時にラリー仕様にして以来だ。
確か、練習、予選で全てリタイアしたにもかかわらず決勝Vのミラクルを決めて以来だ( ゚∀゚)ホントカヨ
DSCF3950


インナーカヴァーはネオスコ様。冗談みたいなシルエットだね。
DSCF3951


はい、とりあえず540@リポ仕様のラリーさんでつ。
DSCF3952


今回は、初めて素TT-02足で組んでみた。
ダンパーエンドにショートを選んでみたが、とにかく足回りが硬い。特に前。
TT-02Bの前後バンパーを無理くり装着している。
DSCF3953
DSCF3954


少ししか試せてなかったので結論出しにくいが、足回り硬すぎてストレートで巻くことも数回。
DSCF3955
DSCF3964


息子と交互に走らせたが、走りはとても似ていた。
限界近いマシンは、誰がやっても同じか。でも、雰囲気出ていて楽しめた。
DSCF3962
DSCF3967


「さすがにコレでレースは無理だよ・・・」は、息子の弁。その通りだと思ふ。
これでまともにレースは出られないが、激しく遊ぶことはできそうだ。
DSCF3968


いつかだけど(´∀`)オイ

タミチャレ2015参戦日記@K藤サーキット10月

ダート路面でのタミチャレ初参戦。K藤サーキット初参戦。
親子でのローカルレース初参戦。初がイパイでつ( ´∀`)ネ
タミヤの冠はやっぱ偉大。とてもローカルなのに人イパイ。
DSCF3870
DSCF3868


紆余曲折を経て、参戦するマシン群。
TRF211XM、DB01、TT-02B、B-MAX2(´∀`)イパイネ
TT-02BとB-MAX2は親子対決となり得る、同時開催の540or21.5Tクラス。
DSCF3862


チャレの2台。
2WDは、重量でジャンプの飛距離が出ない201XRから急遽変更した211XM。
DSCF3863


寒くて練習する気が起きてくれない息子は、練習では低めのお立ち台。
DSCF3866



まずは、誤算シリーズ。

その1
直前まで、TT-02にXV-01の足回りをつけたラリー仕様で540クラスに出る予定だった。
完成もさせ、何度も組み直した。

が、ストロークが取れなかったり、脆かったりで断念。
次回は素TT-02をラリー仕様にするか検討中だが、ストローク確保がなぁ・・・
DSCF3847
DSCF3860


で、レース当日はTT-02Bに戻してきた。相当時間掛けたので実に不本意(;´Д`)
DSCF3887


その2
レース前に折れたダンパーシャフト@B-MAX2
ちなみに半田付けしていたモーターコードも外れ、相当の時間を費やした。練習したい・・・
DSCF3871


その3
新しいマイポン使えなかった。まぁコレは仕方ないか。以上でつ。
DSCF3872



暖かくなり始め、やっと車から出てきた息子(。・ω・)ノ゙モウレースハジマルヨ
DSCF3873


電源とコンプレッサーがレース時は使えた。コレは嬉しい誤算。
DSCF3879


ラリーは見た感じフルグリップで楽しそう。うん、次回までに何とかしよう( ´∀`)ナニヲ?
DSCF3893
DSCF3896



2WD
練習量で差がつくコースだと思うし、知らない人ばかりで状況が分からないが、
練習走行を見ていると、想像していたよりレベルが高くて驚いた。
25名もいるので、相当頑張らないとAメ入りは難しそうでつ。
DSCF3874


211は、曲がるしジャンプの飛距離もあるが、失速して前に出ない印象。
前に出そうとすると後ろがついてこない。

Cタイヤのグリップ力を考えると、この点とずっとお付き合いな感じ。
タイヤ指定なので、ホイルの硬さと鮮度で差をつけることもセッティングの1つ。

R1
軟い前後ピンクホイル。オイルはサニイより前後5番落としの前35番、後30番。
DSCF3889


ホイルによりアンダー気味だが、211だから何とか曲げられる感じ。
後グリップに注意を払いつつ、跳べるジャンプは全て跳んだ。
練習でも出来たことない走りができて6位と大健闘(・∀・)
DSCF3890
DSCF3891


R2
決勝でチキするためにはアンダー気味では競り負けると思いタイヤを変更。
ホイルが六角の堅いヤツしかなかったが、後のみ新品投入。
結果、動きは良くなり、ジャンプの飛距離も伸び、曲がりも良い。
DSCF3892


ヒート中、トップが何人も入れ替わる熱い展開だった。
久々に本気で走ってるなと思い始めた最終LAP、コース中央の落とし穴にハマる(; ̄Д ̄)イタイゼ・・
これが響いてBポールとなった。

跳ぶべきジャンプを攻め、精一杯走ることが出来たので、結果はともかく充実していた。

一方、爆音モーターか新アンプ03Sか分からないが、パワー感が急に落ちることが気になった。
ジャンプの飛距離が落ちるので分かるのだが、一瞬、シャフトが外れたかと思うくらいだった。
DSCF3933



決勝
砂が浮いてきたのか路面状況が変わり過ぎ。見たことないくらい我が211がタコ踊り。
状況は皆一緒なので、何とか2番手ゴール。良く粘ったと思うし、次に繋がる走りが予選を通して出来た。
DSCF3915
DSCF3931




4WD
練習走行での感触では、楽に走れるかと思っていたが、
レース路面は、予想以上にグリップに苦しんだ。
DSCF3880


ギリでAメ入りしたが、決勝はフラフラで他の選手にイパイ迷惑掛けた。
前ギアデフ、後Bデフだったが、前後Bデフで次回は出ようと思ふ。
バネもキット付属の銀バネだったが、オイル35番を含め、軟くしていこうと思ふ。

路面が堅いので底づきを嫌ったが、常連さんの意見を聞くとオイルもバネも軟い。
Cタイヤのグリップ力、砂が浮くことを加味すると、全体的にそっちの方向かもしれない。
DSCF3885



540or21.5Tクラス
少ないかと思い自分もエントリイしたが、とっさんグループもいて20名と賑やか(・∀・)イイネ♪
540でもリポでハイギアだったりする中のチキなので、真剣に走ってもミスイパイ。

息子と一緒の参戦となった。息子はB-MAX2MR@21.5Tのリポ仕様。
後タイヤの程度が悪いので、ジャイロでカバーといきたいところだった。
DSCF3911
BlogPaint


サニイでは気付かなかったが、Gフォースのジャイロは効き方がスムーズでない。
曲げたいところでアンダー出して、意味分からないところで巻くので扱いずらかった。
余計なことに、自分で1回、息子で1回、誤作動で直進し、特設の計測器に突っ込んだ。
DSCF3921


我がDリッジ。前後ホールショットがベストだと思うが、急遽変更したのでタミヤCでつ。
ラリー仕様を前提にしていたのでギア比6と高め。
DSCF3913


で、予選出走時に、理由も分からずモゲた前ナックル(; ̄Д ̄)デタデタ・・
急遽、予選R1は息子のマシンで出走。実に不本意だった。
DSCF3898


縛りはモーターだけなので、何でもありが良いところ。
ハイエンドから、ジムニーさんまでいまつ。と、言うかジムニーに負けるなヨ、息子(´∀`)タノムデ
DSCF3939
DSCF3940


いつもは低いお立ち台なのに、レース時だけは高いお立ち台で勝負を掛ける息子。
こちらからは何も指示していないが、本人なりに勝負どころと判断しているようだ。
DSCF3907
BlogPaint
BlogPaint


最年少参加で、走っている時も、そうでない時も自由奔放だった息子。
扱いにくいマシンを提供してしまったが、レースはトラブルも無く完走してくれて良かった。
DSCF3919
DSCF3883


確か3番手スタートだった気がするDリッジ。
結構な勢いでミスを連発し、最終LAPにR1で見た光景。
出ましたヨ、「右」が壊れたら次は「左」の法則('A`|||)モウムリポ
BlogPaint
DSCF3942




景品もオフローダーは使わないのか、ボディもイッパイ出ていたりして充実。
息子は狙い通りのHSVを手に入れることが出来てご満悦。
DSCF3943



少し勇気のいる親子参戦だったが、色んな人と親子共々遊んでもらえてスゴく楽しめた。
遊び場がまた増えたことは嬉しい。また時期を見て参戦したいと思ふ(・∀・)オモフ♪

立てなくなるまで親子で走り倒した@K藤サーキット

久々にやって来たのはK藤サーキット。
まだ出るか分からないが、次週の親子参戦を計画している。

地元のサニイやホングウで出たいところだが、息子が遊べるクラスが無いので、
地元、参加人数などに関係なく、親子参戦出来ることを最優先でレース選びをしている。
結果、レース参戦が減り、地元参戦も無くなってしまったが、スタンスは今後も変わらないと思う。
DSCF3774
DSCF3775


子ども用ではないだろうが、低めの操縦台が併設されていることが嬉しい(・∀・)イイネ♪
DSCF3782


タミチャレ用のTRF201、DB01と、540&21.5TクラスのDT-03、B-MAX2。
もう出番は無いだろうと思っていたB-MAX2が息子用に復活。
DSCF3776


B-MAX2
21.5T@リポ仕様。ギア比7位で、DT-03の540@リポ仕様より少し速い。
アンプは、その後を上げたGフォース90Aを自分用から移した。
DSCF3778
DSCF3779


TRF201
チャレ仕様なので、前後Cタイヤの10.5T@リフェ仕様。
以前のデータを元に、後バネを硬めに変更し、前後ダンパーを一段立ててスタート。
DSCF3780
DSCF3786


チャレ2WDは、インフィールド一発目の2連でリズムに乗れないと、次の2連が飛びきれない。
全てがココに尽きると思う。
DSCF3787


後ダンパー位置は、最終的には一番内側。バネもソフトに変更。
砂の浮いている状態でのCタイヤは、RR仕様でもグリップ確保が大変でつ。
DSCF3795


前ダンパーも内側2番目となった。
ロールさせないとグリップしないので、1番内側もありかと思う。
DSCF3797


レース攻略のカギは2連跳んで、からの2連。S字なので大変でつ。
DSCF3801


DT-03
540@リポ仕様。息子参戦クラスを盛り上げるため、自分も予定している。
前リブ、後ホールショットと、結構な本気仕様。
こっちは201と違って、前ダンパーを1番内側から1番外へ。
タイヤのグリップ力が全く違うからネ。
DSCF3790
DSCF3794


ミスの多い息子に総合で負けることは無いが、ミスしないと息子の方が速い。
その位、良く走る状態にB-MAX2はなっている。この出来なら4WDは必要ない。
DSCF3791


出番のあった211XM。
いつもサニイで遊んでいる仕様で、キレキレの走りだった。
が、記憶が正しいなら、チタンであるはずの前Iアームが折れたΣ( ̄ロ ̄|||)
記憶に間違いが無ければ、左は既に折れて違うブツを使っている。材質に問題ありまつね。
DSCF3808


で、逆接により煙吹いてお亡くなりのホビーウイングのアンプ@DT-03用。
安い割に使い勝手が良く、重宝していただけに痛い。
DSCF3814


DT-03のギアボックスが終了に近い。
DT-03て、中途半端にDT-02の改善点を見直しているから、位置付けも中途半端。
走りのワクワク感は、DT-02に及ばないし、走りの性能は、どの位置にもいない居心地の悪さが残る。
DSCF3816
DSCF3817


ダークインパクトなオヂさんとチキに明け暮れた息子。
朝より格段に上手く走れるようになった。
DSCF3813


で、サニイに立ち寄った。
DSCF3822


パワーを少し上げて走らせたB-MAX2から煙が( ̄ロ ̄|||)
からの
ラヂ歴そこそこありまつが、初めてマシンから炎上がりますた・・・
何らかの原因でコネクタに負荷が掛かりハンダが溶け、ショートしたようでつ。
今、アンプはタミヤかGフォースしか使っていないだけに、心配な出来事でつ。
DSCF3824


と言うか、レースどうしよ

K藤サーキット@4台体制でひたすら遊んだ

久々に訪れたのはK藤サーキットwith息子。
1時間ちょっと掛かるプチ遠征だが、気合の一番乗り( ´∀`)ノッテルナ
DSCF20931


握りすぎるとアンダー出してコースアウトするストレート健在。
DSCF20961


突っ込むと、その日が終わるだけでは済まないプール発見(; ̄Д ̄)ムスコガシンパイ゙・・
DSCF21001


ジャンプ台の一部には計算された芝があってリズム感がある。
DSCF21061


今まで2〜3回は遊びに来ていると思うが、今回のレイアウトが一番面白い。
チャレ仕様だと、スピード感&ギリのジャンプが連続するので刺激イパイ。
DSCF21011


さて、今回活躍してもらうマシン達。
自分のTRF201もうちょっとでXR仕様&もうちょっとでチャレ仕様@10.5Tリフェ。
DB01は11.5Tとパワーを落としているが、アンプの電圧カットオフがリポ仕様のまま変更出来ず、
予定のリフェで遊べなかったのでリポ仕様。
息子はサイバーさん@18T、DT-03@540仕様。この2台あれば1台は壊れず生き残る算段。
DSCF20911
DSCF20921


生き残る候補のサイバーさんが、一本目の走行でサスアームぽきり(;´Д`)オイ
修理する気無かったので、スペア持ってこなかった。
早々にDT-03だけとなり焦ったが、無事走り切ってくれた。
自分が走らせても巻き気味だったが、良く走れていたと思う。
DSCF21151
DSCF21071


途中からタミグラで知り合った兄貴合流で、更にテンション上がったらしいでつ(´∀`)ヨカヨカ
マーシャル必須だったので、自分は走らせているかマーシャルかで、終わる頃にはクタクタ。
DSCF21301
DSCF21261


常連さん(管理人?)はDT-03でハンパ無い飛距離連発。スゴイなぁ・・
DSCF21211


翌日レースがあるからか、結構な賑わいだった。
オフロードって遊ぶところ限られているからネ。
DSCF21291


DB01は久々にドゥルガのボディを使った。
普段とセットは変更せず、タイヤは前後タミヤC。

4駆は最初からグリップ感があって爽快感が続いた。
テールスライドさせながらカウンター当ててコーナー抜けるなんて芸当も出来る。
それやると気持ち良いが、タイムは落ちるらしいでつ( ´∀`)キブンネ
DSCF21181
DSCF21201


そんな快調な走行中、2本目でピロボールが疲労骨折。
スペアがあったので良かったものの、危うく出走不能になるところだった。
DSCF21091



で、TRF201に積んだ新アンプ03Sと新10.5Tモーター。
1本目途中から止まった(; ̄Д ̄)ウソダロ・・

モーターが繋がれていないエラーが出ているので、
ケーブルのどれかが悪いのはすぐに分かったが特定に時間が掛かった。
DSCF21081


まずはアンプを疑った。サーボが動くし問題があるようには思えない・・・
DSCF21101


現地の人に電源や半田借りてモータコネクタつけて旧10.5Tを繋げてみた。
結果、普通に動く。モーター確定。ちなみに現地にも全く同じ症状の人がいた。
モーターのセンサ付近の基盤造りがいい加減だから起きるトラブルらしい。特に初期ロット・・(;´Д`)ハイ
DSCF21171


少し前の15.5Tの時も旧アンプに繋げてトラブル連発なんてことあったと思う。
アンプとモーターの相性ぢあ無くて、モーター造りが至極いい加減ぢあないのかと。
当たり前だが、即カスタマ行き。ホント余計な手間だ。
DSCF21311


久々に使ったタミヤ2300リフェ。生存確認出来なかった。
コレも返品モノなんだが・・
DSCF21271


そんな想定外のトラブルに見舞われ序盤は大変な状況だったが201の走りは徐々に上昇。
チャレ仕様での走らせ方を常連さんに聞いて、意識しながら練習していたら結果がついてきた。
当初跳べない山もイッパイ跳べるようになったし、安定感も跳ね上がった

タイヤは前後Cタイヤ。4駆も含めて他の選択肢は無いと思う。
後ダンパー位置を一番内に変更し、スリッパーを少し緩めたら走らせやすくなった。
DSCF21321


久しぶりにオフロードを夢中になって走らせた。
スライドコントロールとジャンプの姿勢・距離を考えながら走らせると即結果が反映される喜びがあった。

チャレ開催により相当な盛り上がりを見せているようだし、息子も出られるクラスがあるしで、
時間見つけてまた行きたいと思う(・∀・)イクヨ♪
Thanks♪
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
月別記事
最新コメント
記事検索
タグ絞り込み