TRF201

谷田部アリーナで親子ラヂ@幾年ぶりの芝遊び

体力も回復し、横浜で体を動かし続けた週末。
DSCF5410


一方、息子の医療体制を整えるためにつくば市へ。
自分の希望が通り、もはや息子の治療は国家事業でつ マァガンバリマツ
DSCF5322
DSCF5323


で、閉店3時間前にたどり着いたのは、つくば市の谷田部アリーナ。
オン・オフが屋内にある日本最大の競技用RCコース。
来ている人も、半分以上は「お仕事でつか?」みたいな人が多かった。
DSCF5332
DSCF5333



TT-02B@スポチュン、TRF201@10.5T、TRF211XM@10.5Tの3台体制。
まさか今年初のオフ遊びがこの体制でココかと。人間万事塞翁が馬でつ。
DSCF5334


さあ、ヨコモの聖地に全タミヤで挑戦( ´∀`)ハイハイ
さすがヨコモの聖地、タミヤのオフマシンのパーツの販売は皆無。
店があるのに続サバイバル感(; ̄Д ̄)フウ・・
DSCF5347



「サーカスやるの?」って感じのレイアウト。さすが競技用に特化している。
息子だけでなく、自分もメッサ壊しそうでつ。
DSCF5335
DSCF5361
DSCF5362


で、1日遊ぶタイヤはシューマッカーらしいが、短時間で遊ぶには高額。
ホングウで実績のある、そして在庫を抱える羽目になったタミヤKタイヤで遊ぶ。
前Kタイヤが無かったので、同じく在庫抱える羽目となったタミヤリブ@ノーマルでスタート

WD40塗れば何とかと思っていたが、グリップ剤が使えない。結果、半端ないアンダー。
手持ちの硬めコンパウンドのタイヤに変更したら少し曲がるようになった。

ただ、根本的にアンダーは解決されないので、タミヤで遊ぶなら前もKタイヤが吉。
しっかり走りたいなら、店で売ってる軟らかいピンタイヤを手に入れるしかない。
DSCF5345
DSCF5363




一発目早々に離脱するTT-02B。スペア持って無いので終了。
からのTRF201。も一発目から続く。
短時間で考えられない光景が続き、自分が出走できない(; ̄Д ̄)ジカンナイノニ・・
DSCF5336
DSCF5339
DSCF5344
DSCF5341


タミヤリブ仕様の201も酷いアンダーだったので、TT-02Bのタイヤを前につけた。
DSCF5364


遊べるくらいには曲がるようになったらしく、2本目からはトラブル無く閉店まで走りきれた。
自分も大ジャンプで、「高額バスタブ折れたか・・・?」を何度も経験したが、
最後にダンパー外れるまで、無事走りきった。
DSCF5359
DSCF5365
DSCF5342



次回来るときは、オン・オフ共に遊びたいでつ( ´∀`)クルノカナァ・・

TRF201とB-MAX4直してサニイで泥遊び

たまに本気出す娘を発見出来た、生活発表会。本気は一瞬だったけど( ´∀`)オイ
運動場に出てみたら、鬼ごっこで転んでケガした息子が唸ってた(;´Д`)ハァ
DSCF4330


そんな昼下がりはサニイで泥遊び( ゚∀゚)イツモナ
この時期は日没が半端無く早いので、時間との闘い
DSCF4376


修理連発で辛かったが、手持ちパーツで復活したTRF201とB-MAX4。
DSCF4377


お古だがバスタブ交換。タイヤは他に比べれば多少エコなタミヤC。
4駆はタイヤの前後バランスさえズレなければ十分遊べる。
DSCF4380


見たことない壊れ方したTRF201も、結局交換したのは後ダンパーステイのみ。
長くやってるので、それくらいのスペアは持ってる(´∀`)サスガニナ
DSCF4378
DSCF4381


前バネをタミヤソフトからX-GEARピンクに変更。
跳ねは相変わらずだったが、軟らかくてグリップが逃げるので扱いやすかった。
DSCF4382


雨上がりで締まった路面は、いつも以上に凹凸が硬い。
路面管理を誰もしないサニイらしさ全開でつ。
DSCF4383
DSCF4386
DSCF4387


チキりたい息子の要求に応えてくれる方が多くて助かる.。゚+.(・∀・)゚+.゚
DSCF4388


娘の「ヨーイドン」で、たくさんレースっぽいチキもした。
B-MAX4はタミヤタイヤでも扱いやすく、息子はかなりの安定感で何度かトップ。
我が201も、凹凸に引っ掛かること多めだったがチキを楽しめた。
DSCF4390
DSCF4394


201も復活もあり、泥遊びがもっとテキトーな頃を思い出すことができ、楽しいチキだった(・∀・)

TRF201とDT-02が舞い戻る

さて、オフロードと言うヤツの良いところ。
モデルサイクルそれなりに長かったり、舞い戻ったりする。そんな話(・∀・)ダヨ
DSCF3948


まず最新の211。この先もこのマシンと共に歩んで行くことは間違い無い。
DSCF3969


ダンパーキャップの小Oリングは問題あり。
潰れてオイルダダ漏れは、よくある光景。ゴム系ボンドで穴埋めてまつ。
DSCF3970


とりあえず再度手に入れたGフォース90Aを搭載させた息子のB-MAX2MR。
「定価の60%で買えますヨ。」の制度保証だが、短期間で壊れなければ良い制度だよね。
自分は、かなり短期間で燃えたけどネ・・・
DSCF3972



TRF201無印復活
まず211よりXRの方が確実に走るコースは、掛川だけだった。
静岡、サニイ、K藤の3カ所では、211の方が上。パワー系が抑えられたクラスは特に。

一方、201無印の方がXRより走るコースは・・・ 思いつかない(; ̄Д ̄)オイ
201XRと211の2枚看板で泥遊びを続けようと思っていた。

が、前回のレースを見て、「201無印カコイイ。」と、走りやシルエット見て思ってしまった。
ソレって大事な要素だなと思い、走りは後から考えるとして201無印復活でつ。
DSCF3977


アンプは211と同じGフォース。これだけアンプを統一させてしまうと後に引けない。
モーターはヨコモ8.5T。結構、本気仕様でつ。
DSCF3978


最終パックは、前リブ、後ボウタイでフルグリップ。
ジャンプはどんな体制からも軽々超えちゃう。良く走ってくれて幸先良い(・∀・)
DSCF3980



そして、こちらも復活はDT-02。もう数えきれないほどの復活劇だ。
見ているか?デザゲワークス( ´∀`)ヤンナイダロナ
DSCF3973


540@リポ仕様で、前リブ&後ホールショットの定番。
とにかくアンダーが激しかった。もともとそんなマシンだな。
DSCF3974


息子のB-MAX2@21.5Tとチキ。オイルを前後軟らかくしたので良く走ること。
一発勝負だと勝てないが、総合力で毎回勝利 (´▽`)ナニヤッテル?
DSCF3985


前後をX-GEARピンクバネに代えたら動きは良くなった。
もう少し曲がってくれるとココでは化けそうな予感。
DSCF3981


毎回、娘のよーいドン!でスタート。
マシンと言い、遊びかと言い、タイムスリップした感覚に・・・
DSCF3987


また来るときは2台で良いな(′∀`)ホントカ

立てなくなるまで親子で走り倒した@K藤サーキット

久々にやって来たのはK藤サーキット。
まだ出るか分からないが、次週の親子参戦を計画している。

地元のサニイやホングウで出たいところだが、息子が遊べるクラスが無いので、
地元、参加人数などに関係なく、親子参戦出来ることを最優先でレース選びをしている。
結果、レース参戦が減り、地元参戦も無くなってしまったが、スタンスは今後も変わらないと思う。
DSCF3774
DSCF3775


子ども用ではないだろうが、低めの操縦台が併設されていることが嬉しい(・∀・)イイネ♪
DSCF3782


タミチャレ用のTRF201、DB01と、540&21.5TクラスのDT-03、B-MAX2。
もう出番は無いだろうと思っていたB-MAX2が息子用に復活。
DSCF3776


B-MAX2
21.5T@リポ仕様。ギア比7位で、DT-03の540@リポ仕様より少し速い。
アンプは、その後を上げたGフォース90Aを自分用から移した。
DSCF3778
DSCF3779


TRF201
チャレ仕様なので、前後Cタイヤの10.5T@リフェ仕様。
以前のデータを元に、後バネを硬めに変更し、前後ダンパーを一段立ててスタート。
DSCF3780
DSCF3786


チャレ2WDは、インフィールド一発目の2連でリズムに乗れないと、次の2連が飛びきれない。
全てがココに尽きると思う。
DSCF3787


後ダンパー位置は、最終的には一番内側。バネもソフトに変更。
砂の浮いている状態でのCタイヤは、RR仕様でもグリップ確保が大変でつ。
DSCF3795


前ダンパーも内側2番目となった。
ロールさせないとグリップしないので、1番内側もありかと思う。
DSCF3797


レース攻略のカギは2連跳んで、からの2連。S字なので大変でつ。
DSCF3801


DT-03
540@リポ仕様。息子参戦クラスを盛り上げるため、自分も予定している。
前リブ、後ホールショットと、結構な本気仕様。
こっちは201と違って、前ダンパーを1番内側から1番外へ。
タイヤのグリップ力が全く違うからネ。
DSCF3790
DSCF3794


ミスの多い息子に総合で負けることは無いが、ミスしないと息子の方が速い。
その位、良く走る状態にB-MAX2はなっている。この出来なら4WDは必要ない。
DSCF3791


出番のあった211XM。
いつもサニイで遊んでいる仕様で、キレキレの走りだった。
が、記憶が正しいなら、チタンであるはずの前Iアームが折れたΣ( ̄ロ ̄|||)
記憶に間違いが無ければ、左は既に折れて違うブツを使っている。材質に問題ありまつね。
DSCF3808


で、逆接により煙吹いてお亡くなりのホビーウイングのアンプ@DT-03用。
安い割に使い勝手が良く、重宝していただけに痛い。
DSCF3814


DT-03のギアボックスが終了に近い。
DT-03て、中途半端にDT-02の改善点を見直しているから、位置付けも中途半端。
走りのワクワク感は、DT-02に及ばないし、走りの性能は、どの位置にもいない居心地の悪さが残る。
DSCF3816
DSCF3817


ダークインパクトなオヂさんとチキに明け暮れた息子。
朝より格段に上手く走れるようになった。
DSCF3813


で、サニイに立ち寄った。
DSCF3822


パワーを少し上げて走らせたB-MAX2から煙が( ̄ロ ̄|||)
からの
ラヂ歴そこそこありまつが、初めてマシンから炎上がりますた・・・
何らかの原因でコネクタに負荷が掛かりハンダが溶け、ショートしたようでつ。
今、アンプはタミヤかGフォースしか使っていないだけに、心配な出来事でつ。
DSCF3824


と言うか、レースどうしよ

MSよりタフな本気のTT-02B作ってみた

続・本気の夏休みはフェリーに乗って初エスパーニャ。
空いていそうな日を狙っただけあって、アトラクション待ちがほとんど無く大満足
DSCF3050


3日目( ´∀`)ハイ、3ニチメネ
何度も行ってるお伊勢さん。おかげ横丁と五十鈴川最強。
息子が発熱しつつ旅行を強行したので大変だったが楽しめた。
DSCF3104
DSCF3112
DSCF3121



4日目。
タミグラに向けてTT-02Bキットを手に入れた@息子用。
最近発売されたMSも気になったが、結構売れているみたいでボディが被りそうなこと、
付いているOPがポイントを(たぶんワザと)外していることからデュアルリッジにした。
DSCF3126-min


泥マシンは前後ギアデフ以外ないのでグリスの使い方だけ。
廉価AZグリス詰め放題と高価AWグリス少量を組むと僅かにAZの方が動きが重い。
前ギアデフをAZ仕様にした( ´∀`)ZヤラWヤラ・・・
DSCF3128-min


泥侵入を防ぐため、ギアボックス部にグリス少量はヲタの基本でつ。
DSCF3129-min


前だけだが、DF-02用のユニバ入れマスタ。こんな昔のOPが流用出来るのはタミヤの強み。
ちなみにMSは前後:鉄シャフト。ギア保護の関係から自分は後:軟骨のまま。
DSCF3131-min
DSCF3142-min


同時並行でボディ塗装もしてまつ。とても机の上がイパイでつ・・・
DSCF3133-min


ダンパーもキット付属のヤツを使った。バネはDB01標準。
シャフトは別物を流用し1穴ピストンに900番を入れている。Oリングも交換してる。
ダイアフラムを突き破らないように、バンプストップ用のスペーサとOリングも追加。
しっかり組み上げたが、樹脂ダンパーは久しぶりなので走らせてみないと色々分からない。
DSCF3134-min
DSCF3135-min


サスアームがかなり軟らかいので、ピロボール化するときは足長のヤツを前後に入れている。
今までココはトラブル無いから良いと思ふ(・∀・)オモフ♪
DSCF3136-min


休まず作り続けているが、なかなか進まないでつ。
ユーザー自分&息子の経験をもとに本気で考えながら作っているからネ。
DSCF3137-min


よく外れたIアームはネジ止め仕様。他が壊れると×なので適度なガタを。
Cハブはピロボール化するとモゲて割れるので、ネジ貫通させてまつ。
DSCF3138-min


後ハブもCハブと同じ理由で貫通させてまつ。イパイテストした結果なので良いと思ふ。
DSCF3139-min


耐久性において、TT-02系最大の泣き所はステア系。
樹脂スペアあるが勢いでアルミ化。3つ目なのでホント勢い以外の言葉が無い。ちなみMSは全樹脂。
MSやらRって改善の余地をイパイ残したタミヤらしいキットでつネ( ´∀`)ディスナ
DSCF3143-min


で、完成。ホビーである以上、ボディ塗装からキット製作まで自分でやることに少しだけこだわる。
反面、休み終わっちゃう勢いの夕方でつ。
DSCF3144-min


からのサニイ@17時スタートの部( ゚∀゚)ニチボツトショウブ!
持ち込んだのはメンテした201と組み立てほやほやのDリッジさん。
組み立て即走らせられる環境って素敵でつ。
DSCF3147-min


ギア比とバッテラ以外はタミグラ仕様。
今までの経験全てをつぎ込んだMSよりタフなDリッジがソコにはある(´∀`)ハイハイ
DSCF3148-min
DSCF3150-min
DSCF3149-min
DSCF3151-min


迎え撃つのは息子のB-MAX4。前回同様、本気で走っても良い勝負してまつ。
Dリッジは塗り方により残念なモノになりがちだが、割とカタチになったので気に入っている。
DSCF3152-min
DSCF3154-min


半世紀の年の差チキがソコにはある。もっと手を抜けって(′∀`)ジイヨ・・
DSCF3156-min
DSCF3157-min


最初スペーサ量が足らず車高が20ミリ以下で跳ねまくったが、
スペーサ追加し23ミリにしたらだいぶ改善された。前後スペーサ量は同じ。
DSCF3160-min
DSCF3161-min


スロットオフしながらジャンプ着地すると歯飛びすることと、
後オイルが硬くて戻りが遅く、後曲がりしないことが気になった。
オイルは対応可能だが、歯飛びの対応は難しいな。
DSCF3164-min
DSCF3165-min


突っ走ったが、ノントラブルで上々の走りが出来て良かった(・∀・)ジョウデキ♪
Thanks♪
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
月別記事
最新コメント
記事検索
タグ絞り込み