TRF419

掛川サーキットとショートカットをハシゴ1

全部シネマで見てるウォッチ。今回3作目もシネマへ。
大人が見るには退屈過ぎるが、チビ達はとても楽しかったらしい( ´∀`)マァヨイ
DSCF6512


そして今度は自分の遊びに付き合ってもらった。
DSCF6525

続きを読む

TT-02S,TA07,TRF419で走り倒した@ホングウ

レースシーズンも終わり、レギュを考えず走り倒すシーズン到来。
4年後デビューの末っ子も順調でつ。
DSCF6260


続きを読む

TA07、TT-02Sそして419まで走らせた@掛川

西へ東へ 今回は東の掛川サーキット。
息子はミニ四駆の整備、娘は・・オヤツMAX食べ来た。のかな?( ´∀`)オイ
DSCF6111

続きを読む

チャレレギュでTT-02SとTRF419を走らせた

さて、地元でのラヂはホングウ。
「出られたら良いな。」は、チャレ愛知( ´∀`)ムスコシダイデツ
DSCF5430


ホングウのレイアウトが変更された。
ちょこまかとクネクネ。明らかにチャレへの意識を感じる(´∀`)ダロ
アンダーなTT-02Sでは、ここ最近のホングウでは最も走らせにくいレイアウト
BlogPaint
BlogPaint


チャレタイヤで、最も差がつくポイントは右のS字。
入りでアンダー出すと、まっすぐ抜けられず遅れまつ。
GP-Aタイヤなら、スルスルに抜けられまつ。
DSCF5444


TT-02S
DAYZでBest出した仕様のまま。
経験上、DAYZで走る仕様にするとアンダーで悩まされる。の法則( ´∀`)タブン

結果、XV-01バネだと予想通りアンダーに悩まされる。
この後バネを硬める方向に走ったのだが、オイル硬めるのも手だったなとも今は思う。
DSCF5433


後:TT-02標準バネにした。
踏ん張ると、横に逃げるで、評価しにくい。
この後、オイルを軟らかくしても良くならなかった。
DSCF5434


前:黄バネ。何度、この組合せに戻るのだろう( ゚∀゚)アハハ
後バネをいつものに戻すと、前バネも同じくなるのは当たり前か。
DSCF5436


今回、一番の収穫はウイング。
BRZにライキリ様のウイング着けるとアンダー少し改善でつ。
DSCF5435


LAPのバラツキが半端無いが、19秒台中盤でまとめることが今後の目標。
DSCF5448



TRF419
TRF仕様@10.5T。タイヤGP-A。
いつものホングウチャレ仕様と違い、チャレ愛知仕様はウエイト150g以上必要。
ウエイト足りなかったでつ。
DSCF5432


GP-Aはインナーソフト、ミディアムがあったので比較したが、
既に熱い時期なので、ソフトだと熱ダレし過ぎて後半ツライ。
意外なことに、ライキリ様との相性が良かった。419には有りなんだ(′∀`)フシギデツ
DSCF5438


こっちもLAPのバラツキ半端無い。Best16秒台を目指す。つもり( ´∀`)オイ
DSCF5446



梅雨時期だが、次週も少々ホングウの予定ハレテクレ!

走り納めはサニイとホングウ@はしご

今年も終わりということで、走り納めをしてきた。
最終日につき、いろいろ試すことはせず、ひたすらプロポを握った。

自分が( ´∀`)オイ

サニイではTRF211XMの出番。
DSCF4602


カクタスのワークスとチキ。明らかにロッシ使っている時より速い。
さすが、カクタスのワークス(′∀`)イウハジユウ
DSCF4603


公園みたいなコースなので、基本自由でつ。
DSCF4604


で、暖かくなり始めると息子登場@B-MAX4
ほっといて勝手に走らせていると、「僕も走らせたい。」と言ってくる。
こうゆう欲を持つことは大事だと思ふ。
DSCF4615
DSCF4607
DSCF4612


きっちり壊して終わらせるところが、今年の息子を象徴している(;´Д`)
まぁでも、イパイ壊しても、多くの人からパーツ供給あったので助けられた1年だった。

「あっ、俺のことだ。」って思った人。あなたのコトです(´▽`)アリガトネ!
DSCF4617
DSCF4619
DSCF4621



で、午後はホングウ。スゴイと思いましたか?
自分はスゴイと思いましたヨ。

だって、2日続けて同じことやってまつから( ゚∀゚)スゴイデショ!
息子より、娘の方が「めっちゃ行く!」って言いまつ。親ながら理解できません。
DSCF4623


TRF419のアンプを載せ替え、ハイスピード仕様に変更。
RUSH24にマイティ塗って、充電終わったら走らせる。の、ルーティン。

13秒台前半まで出たので満足しているが、マシンとボディはボロボロ(; ̄Д ̄)
タイム出そうと頑張ろうとすると、他のカテゴリイに手が出せなくなる気がス。
DSCF4626


速いマシンイパイにつき、息子の出走は遠慮した。
自分はイパイ転んで、何度「逝った・・・」を予感したが、さすがの耐久性だった。
一方、なぜこれだけ逝かないのに、息子の・・・・ まぁ良いわ。
DSCF4624
DSCF4630


2日間に渡り、プロポを握り倒すことができ、充実した走り納めだった





今年は、本格的に親子ラヂを再開できたし、1年半ぶりに親子参戦もできた。
一方で、息子の病気はまだ安心出来るような状況に無いので、家族一丸で頑張っている。

そんな中、息子を通して多くの方に出会えたし、
地元の人たちも暖かく迎えてくれたおかげで、本当に楽しい時間を過ごすことができた。
予想を遥かに超えた楽しい1年でした。ラヂやってて良かったです。

で、息子は、正月から横浜入りし手術を受ける。
今回は難しい手術なので、年明け早々かなり心配だが、「強い息子」を信じている。

よって、親子ラヂ再開は未定だが、2016年も今年と同じくらい遊べたら最高だと思う。
そんな未来をまた期待したい

BlogPaint
Thanks♪
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
月別記事
最新コメント
記事検索
タグ絞り込み